多忙な2週間

予報通り、今日は朝からドンより曇っており、時々小雨です。ついに到来です、シアトルの雨な日々。
 
来週後半から再来週は仕事が多忙を極めます。やや憂鬱です….
広告

最後の晴れ間…..?

シアトルは曇りから始まり、また徐々に晴れ間が広がってきました。天気予報によれば明日からシャワーな毎日が始まるとのこと。ひょっとして小雨の毎日のついに突入なのでしょうか?

仕事、仕事

朝から曇り時々晴れ
面白いことに会社のある場所とシアトル市内では天気が多少異なるようです。シアトル市内は概ね晴れ時々曇りですが、会社のあるところは曇り時々晴れでしかも朝方は小雨でした。
 
来週、会社の役員様達に四半期の業績報告をしなくてはいけないので少しずつ多忙になってきています。しかも、グループメンバーの一人が異動することになり、彼の仕事も一時的に引き継がなくてはなりません。悲惨…..

ブルーマンデー

シアトルは天気が今日もいいですが、残念なことに朝から仕事。
 
シアトルの雨と不動産相場
床屋の香港人のオバサンが話していましたがシアトルは以前はもっと雨の量が多かったそうです。雨が多いので人が好んで住まなかったとか。「以前は9月は雨がよく降ったのよ。」と言ます。確かに、この9月は雨が余り降っていない。アラスカから帰ってきた2-3日は曇り時々雨でしたが、それ以降は曇りのち晴れや晴れ。オバサン曰く「雨が降らなくなって、人口が増えて、コンドやレントの値段が上がったのよ。」コンドは確かに高い。ダウンタウン・シアトルで家族向きだと50万ドル~70万ドル(5,000万円~7,000面円)。上層階だと100万ドル~300万ドル(1億円~3億円)も平気で販売されている。東京とそれ程変わらないレベルです。
 
アメリカの医療保険
7月に耳のちょっとした治療の為にVirginia Masonという病院へ行きました。そうしましたら今頃、病院から保険会社から60日しても支払いがされないので、保険会社に催促をかけてくれという手紙が来ました。(遅れるようだったら、患者に直接請求するとも書かれていました。)患者に催促しろというのも何ですが。早速、保険会社に電話をしてみると請求書を受けとていないとのこと。病院にまた電話して担当者に請求書をfaxするように頼みました。
私が入っている医療保険は会社が全額負担してくれている保険で、100%カバーのものです。でもこの調子なので困ります。でもアメリカではこういう下らない事務処理に煩わされることはよくあることなので、「はいはい」とやらないとなりません。
 
以前、シカゴでも電話会社と1ドル15セントの電話料金のチェックを受け取った受け取らないで結構時間を取られました。たった、1ドル15セントの電話代の為に使った時間は結構なものです。特にチェックは支払いを郵便で行い、その郵便を受け取った会社が手作業で請求書と突合せ作業をすし、そのチェックを自分の銀行に取り立てを依頼します。銀行は顧客の銀行に請求をし、顧客の銀行は使用済みチェックを回収して…という人海作業なのでミスが発生しがちです。でも、この非効率が雇用を生んでいるという側面もあったりします。
 
私がシカゴに住んでいた頃に比べて、最近はDebitカードの普及率が格段にあがりました。ですのでチェックを切ることも少なくなりました。DebitやDirect Depositの為に職を失った人も居る筈です。
 
 

Winery & San Juan Island

9/24(土曜)曇りのち晴れ
午後から晴れてきたので、まずUniversity Districのガススタンドでガスを満タンににした車でGreen Lakeへ。そこで湖一周の散歩。晴れた日のポカポカ陽気のGreen Lakeは湖がピカピカ光っていて綺麗です。紅葉もだいぶ色つき始めました。途中、ランチはGreen Lake商店街のレストランでグリーンサラダ(トマト、カシューナッツ、レタス沢山などなど)とチキンスープかけライス。レモネードを屋外の日当たりのいいテーブルで食べました。
次に車でLake City Wayを北上しWoodenvilleを通ってColumbia WineryとSt. Michelle Winery、それにWillow Lodgeというホテルに立ち寄りました。Wineryではワインの試飲もできます。また、Wine関連の凝ったデザインのグラスやボトル入れやら各種ワイン、チーズなどなど山ほど関連商品が売っています。Wineryの前にはちょっとしたブドウ畑も広がっておりSt. Michelleの方は芝生の真ん中にちょっとヨーロッパ調の古い田舎の一軒屋風なので芝生でパンやチーズとともに宴会を始めている人もいました。ワイングラスの綺麗なデザインのものを購入。
Wineryを後にして、Redmond方面へ車を走らせ帰りはSR520に入り時速60Mでひたすら西へ、途中Mont Lakeで降りてUnivesity Villageへ。花屋で花を沢山買い、QFCで食料の買い物。家に着いたのは夜8時過ぎ。NIJOで餃子と寿司コンボの夕食。
 
9/25(日曜)快晴
朝7時過ぎにPier69へ向かいます。今日は朝からVictoria Clipperという高速船でSan Juan Islandへ。ここでオルカを見る予定です。船は来週末で今シーズンは終了なのですが(夏季のみの運航)、結構混んでいました。7:45に出航してひたすら北上します。船内で5ドルで朝食セットを購入(ベーグル、ヨーグルト、クッキー、ジュース)それにComplimentaryのコーヒーです。エベレット付近を通過、(途中寝てしまったのですが)美しい内海の航路をくぐり抜けて3時間半でFriday Harborに11:15に到着。すぐさま船は再出発でオルカウォッチングツアーへ出かけます。ちょうどSan JuanとOlympic半島の間のいくつかのポイントに停泊しましたが、体調4-6m位のオルカが結構沢山います。オルカはシャチですがこちらではWhale Wtachingということになっています。ざっと船が立ち寄ったポイントだけでも20頭位はいたでしょうか。船はオルカの居る場所に停泊しますが、オルカに余り近づくと連邦法に抵触するということでやや距離を置いたところにいます。それでもオルカの通行路に近い場所にとまるのでかなり近距離まで近づいたのを見ることが出来ました。(10m) また、このあたりは野生のイルカも結構跳ねているのを見られました。
午後2時にFriday Harborに戻り、街を一時間半ほど散策。街自体は田舎町で港からの一本道に商店がざっと20店くらいありますが、主にお土産屋と不動産屋、スーパー、ドラッグストア、レストラン、コーヒーショップ位です。4時に再び乗船して一路シアトルへ戻ります。帰りは皆、お疲れモードで途中、無人島にアザラシが沢山休憩しているのを見たくらいが記憶にあります。シアトル到着は7:30。

社員総会

今日は朝から会社の社員総会が社外の会場でありました。朝から3時位まで、偉い人のスピーチをずっと聞いているだけですが、イベントみたいなもので気楽です。朝8時からダウンタウンのSpecialty’s Café & Bakeryというパン屋さんに集合して、そこでグループメンバーと一緒に朝食をとり一緒に会場に向かいました。
会場内は屋根つきの野外会場の為、外は晴天で暖かいのに寒い~。
3時には上がったのでそのまま床屋に行き、Pike Placeのフレンチベーカリーでパンを買って帰宅しました。何だか疲れてしまいそのまま暫く昼寝。気づいたら夜9時位。Koji Osaka屋で刺身弁当を食べて終わりです。

煮つまり気味

今日もシアトルは秋空の晴れ時々曇り。朝はマウント・レニアもレイクワシントンから見られました。
仕事は会社の業績予測の数字を世界各地の事業所から集めているのですが、システムに問題があるなどの理由で集まってくる数字の20%位が変な数字です。これの調査とfix(システム部門へのfeedback)で悶々としています。
 
といっても明日は金曜日。明日は社外で大人数の会議なので、それをこなしたら適当に消えようかな(帰宅しようかな)なんて思っています。すぐ傍に床屋もあるのでそこに立ち寄って、頭をさっぱりさせて。
 
昨晩はジェネラルマネージャーと一対一の会議、今朝はフランス人上司と会議でした。こういう一対一の会議は日本人は人事査定か説教などの特別な理由がないとしないのですが、ここでは結構頻繁に行われます。