日曜日 晴れ 摂氏34度

暑いです。湿気が無いのが救いです。午後から光化学スモッグ発生。外出は気分が悪くなりそうでした。

夕方から中野セントラルパークへ夕涼み。夏と違って、日が落ちると気温がぐっと下がるのが救いです。それでも、中野セントラルパークのベンチは人だらけ。

20140601-184144-67304395.jpg

20140601-184143-67303516.jpg

夜の中野通りは人がゾロゾロ。暑いと徘徊組が増えて、薬師公園は迷惑な花火野郎の集会のようでした。

土曜日 夏日 吉祥寺. 摂氏30度

暑いです。
吉祥寺
ハーモニカ横丁

20140531-154642-56802234.jpg
丸井の一階に、Original Pancake Houseの支店が出来ました。オレゴン州ポートランドを本店として、全米に展開するパンケーキの名店。シカゴやエバンストン、カークランドの店舗は雰囲気があって美味しいです。名物アップルパンケーキは、1,700円?これはアメリカでは待ち時間に無料でツマムので、注文しないですけど。
http://www.pancake-house.jp

20140531-154755-56875015.jpg

20140531-154754-56874144.jpg
井の頭公園 暑いのでボート🚤がいっぱい。芋洗状況。

20140531-154830-56910095.jpg

20140531-154830-56910942.jpg

20140531-154829-56909231.jpg

20140531-154831-56911915.jpg
井の頭公園

20140531-154912-56952028.jpg

20140531-154911-56951125.jpg

20140531-154910-56950274.jpg

20140531-154909-56949458.jpg
井の頭

20140531-154948-56988947.jpg

20140531-154947-56987949.jpg

20140531-154947-56987025.jpg

20140531-154949-56989896.jpg

スターバックスで最も高いドリンク、それは5,500円で55エスプレッソショット入りのフラプチーノ

This 55-espresso-shot Frappuccino is the most expensive Starbucks drink ever

55エスプレッソショット、モカ、キャラメル ヘーゼルナッツ、そしてプロテインパウダー入り。この128オンス カップのフラプチーノ。
しめてお値段、5,500円也。

これを注文するのはテキサス州住民かスターバックスゴールド会員のこのアンドリュー氏だけだろうと記事は言っています。スターバックスゴールド会員は12ドリンクを買うと13杯目は無料という特典があるそうで、このアンドリュー氏はこの13杯目無料特典を使って、タダで注文したとか。

しかし
128オンスを飲み切るには5日間かかったそうです。それでも、1日あたり11ショット飲んだ計算になりますが。

It’s easy to spend at least $5 on your morning cup of Joe and pastry at Starbucks. But to spend over $50, you’d have to buy drinks for more than a few of your colleagues. Unless you’re Texas resident and Starbucks gold member Andrew Chifari.

He created a single drink called the Sexagintuple Vanilla Bean Mocha Frappuccino and it costs a whopping $54.75, Consumerist reported. Just to put things in perspective, a large (venti) mocha Frappuccino costs around $4.25. You can check out a photo of Chifari’s drink on his Twitter feed.

So how do you rack up a check that expensive on one drink? You add 55 espresso shots. Then you add a drizzle of mocha, caramel, hazelnut and some protein powder. And you get the drink in a 128-once cup.

But Chifari didn’t have to pay for the monster drink. As a gold member, if you buy 12 drinks, your 13th is free. That free drink can apply to any available drink, and Chifari is lucky his barista was on board.

Chifari told Consumerist he was aiming to beat the previous record for the most expensive Starbucks drink that included 48 shots and cost $47.30.

“Aaaaaand done,” Chifari tweeted Wednesday. “Took 5 days, but I drank it all.” (That still averages out to 11 shots of espresso each day.)

20140530-180215-64935609.jpg

20140530-180215-64935694.jpg

スティーブバルマー LA Clippers買収 2000億円

Former Microsoft chief executive Steve Ballmer appears to have won a frenetic bidding war for ownership of the Los Angeles Clippers, with a $2-billion offer that would set a record price for an NBA team.

前マイクロソフト社長のスティーブバルマー氏はLA Clipperを2,000億円で購入。入札は他の2者が1,600億円、1,200億円だったといいますから、随分と高値で購入ですね。人種差別発言で追放された前オーナーはクリッパーズを1981年にわずか125億円で買ったそうですので笑が止まらないでしょう。
フランチャイズはLAのままで、シアトル移転は無いようです。

Shelly Sterling: Trust agrees to sell Clippers to Steve Ballmer

20140530-184353-67433225.jpg

The sale of the Clippers continued on its bizarre journey late Thursday night when representatives of co-owner Shelly Sterling sent out a media release that the Sterling family trust has agreed to sell the team to former Microsoft Chief Executive Steve Ballmer for $2 billion.

Shelly Sterling asserted that she is acting as the sole trustee, with no mention of Donald Sterling, who bought the team three decades ago.

Column

Related story: Stunned by Clippers deal’s dollars, wondering how it makes sense
Bill Plaschke
Donald Sterling’s lawyers have asserted that he needs a final sign-off before the team can be sold. However, according to two media reports, Shelly Sterling has said her husband was not capable of making the decision to sell the team. The Times has not verified that report.

“I am delighted that we are selling the team to Steve, who will be a terrific owner,” Shelly Sterling said in a statement. “We have worked for 33 years to build the Clippers into a premiere NBA franchise. I am confident that Steve will take the team to new level of success.

On Thursday, The Times reported that Ballmer won the bidding process and the negotiated sale will now move to the NBA for approval. There is currently a Tuesday meeting scheduled for NBA owners in New York to determine if the Sterlings should be forced to sell the franchise.

“I will be honored to have my name submitted to the NBA Board of Governors for approval as the next owner of the Los Angeles Clippers,” Ballmer said in the statement.

“I love basketball. And I intend to do everything in my power to ensure that the Clippers continue to win — and win big — in Los Angeles. L.A. is one of the world’s great cities — a city that embraces inclusiveness, in exactly the same way that the NBA and I embrace inclusiveness. I am confident that the Clippers will in the coming years become an even bigger part of the community.”

The trust statement said that Greenberg Glusker served as counsel to Shelly Sterling and BofA Merrill Lynch acted as financial advisor.

Ballmer bid higher than competitors that included Los Angeles-based investors Tony Ressler and Bruce Karsh and a group that included David Geffen and executives from the Guggenheim Group, the Chicago-based owner of the Los Angeles Dodgers.

The Geffen group offered $1.6 billion and the Ressler-Karsh group offered $1.2 billion. Those offers were rejected, according to several people involved in the negotiations who asked not to be named because of the sensitivity of the bidding.

The sale price would be almost four times the previous NBA franchise high: the $550 million paid earlier this month for the Milwaukee Bucks. It would be the second-highest price ever paid for a sports team in North America. The Dodgers sold in 2012 for $2.1 billion.

Donald Sterling agreed last week to allow his wife to conduct a sale of the team. The process was rushed to beat a Tuesday deadline, when NBA owners are scheduled to meet to decide whether to strip the Sterlings of their ownership after Donald Sterling insulted African Americans in an audio recording that was leaked by the celebrity website TMZ.

Days after the recording was released, NBA Commissioner Adam Silver hit Donald Sterling with a $2.5-million fine, a lifetime ban from the league and called on the other owners to force him to sell the team he bought in 1981 for $12.5 million.

金曜日 東京は引き続き夏日 西新宿 吉祥寺 kirarina

西新宿で朝食

20140530-092817-34097515.jpg
余りに暑くて途中のドトールでアイスコーヒーで一服

20140530-110656-40016795.jpg

吉祥寺はkirarinaが出来て、北口もよりオシャレになりました。新宿は負けてますね。
吉祥寺の松坂牛メンチカツ サトウ

20140530-153043-55843663.jpg

20140530-153931-56371474.jpg

20140530-153932-56372318.jpg
吉祥寺に新しくできた駅ビル
『Kirarina』

20140530-162302-58982782.jpg
Nana’s Green Tea @ Kirarina
丼ものランチもオシャレ

20140530-162303-58983685.jpg
Green Teaベースのパフェですね。黒ゴマが旨そうだなぁ

20140530-162304-58984890.jpg

20140530-162337-59017024.jpg

20140530-162337-59017890.jpg

20140530-162335-59015930.jpg

20140530-162338-59018846.jpg
Kirarina Starbucks

20140530-163043-59443437.jpg

20140530-163044-59444303.jpg
北口にできた惣菜カフェ

20140530-164112-60072023.jpg
うーん 旨そう @ 北口

20140530-164202-60122448.jpg

スタバ震撼? 「コーヒー界のアップル」日本へ

今度、サンフランシスコかシカゴで試してみようっと

——————————————————–

 そのコーヒー店にはいくつかの呼び名がある。「サードウェーブ(第3の波)コーヒー」「コーヒー界のアップル」「フェラーリ並みのコーヒー」……。アメリカ西海岸発祥のブルーボトルコーヒーのことだ。

 2002年に元クラリネット奏者のジェームス・フリーマンが設立し、名だたるベンチャー・キャピタリスト(VC)や投資家から計4570万ドルの資金を集めている。コーヒー作りに時間をかけ、おいしさを追求する一方、2000ドル以上の高額なエスプレッソマシンをバリスタの90分の無料トレーニング付きで販売するなど、何かと話題を提供中だ。4月には、コーヒー体験をオンラインで提供するトニックスやハンサム・コーヒー・ロースターズを買収した。

 フリーマンは、有名な楽団から声がかからないとクラリネット演奏をあきらめ、貯金を使ってサンフランシスコの東に位置するオークランドのアパートでコーヒーの焙煎を始めた。そして、バークレーのファーマーズ・マーケットでコーヒーを売り出した。その後、友人が持つサンフランシスコにあるガレージを借りて、常設のコーヒーのキオスクを始めた。

 2010年にはニューヨークに進出を果たし、現在は東海岸に7店、西海岸に6店と、計13店を展開している。スタンフォード大学のそばにあるパロアルト駅の前にも開設間近で、ロサンゼルスでも店舗を新設中だ。IT関連の事業でもないのに、グーグル・ベンチャーズ、インデックス・ベンチャーズ、インスタグラム、ツイッターの設立者や、元グーグルのエグゼクティブたちが、この新しいコーヒー会社に相次いで投資している。彼らを魅了する理由は何だろうか。

■ 個性的で地域に合った店舗展開

 ブルーボトルコーヒーは、大手コーヒーチェーン店と違い、各店舗が画一化されていない。所在する地域に溶け込むべく、それぞれの店に特徴がある。

 たとえば、オークランド本社に併設するカフェは海側の倉庫街にあり、簡素で気取りがない。日曜と火曜の週2回、14時から始まるコーヒーの試飲会は予約が不要で、誰でも参加できる 。世界各地のコーヒー豆に対する顧客の反応を製品開発につなげる役割を担っている。チャイナタウンが近いため、中国系の客やブラジルからの観光客も訪れていた。

 同じオークランドの高級住宅地オークランド・ヒルズのふもとにあるブロードウェイ店は、かつてはトラックのショールームで、20年以上借り手がなかった場所だ。店内の天井は高く、ゆったりしている。いつも生花が生けてある丸い木のテーブルに、地元の常連客がくつろぐ。住民たちの持つエスプレッソマシンを修理する場所も、カフェ内にある。150ドルを払えば バリスタにコーヒーの本格的な入れ方を学べる。まるで、アップルストア内で行われているマックブックの講習会のようだ。

 オフィスやマンションの多いサンフランシスコ・南サウスマーケットにあるブルーボトルコーヒー店では、オフィスワーカーや住民のためにエッグベネディクトやスープ、サラダなど、食べ物のメニューを充実させている。平日は11時まで朝食、ランチは12時から14時30分まで、週末は14時までブランチを提供する。

 サンフランシスコ・ミッション地区の広大なセラミック工場内にある店舗は、オープンスペースが多く、セラミックの売店があったり、セラミックの製造過程が見られたりする。人通りの多いエンバカデロ沿いの船着場でもあるフェリータワービル内の店舗は、アーケードの真ん中と北側の2カ所にコーヒーバーを常設。時には、ビルの外にコーヒーのカートも出す。周りにはトレンディなレストランや、オーガニックの野菜やチーズ、オリーブオイルを販売する店がある。アーティステックで流行のトレンドになっている都会の各所に、個性豊かな店舗を展開している。

■ ソムリエと話すようにバリスタと語る

 実際に店舗を訪れた客に感想を聞いてみた。

 「スターバックスの濃い味と違って、コーヒー豆を焙煎し過ぎていない。だから、苦くなく、甘味のあるマイルドな味」と常連のダイアン。ヨット乗りのダニエルは「焙煎してから10日経ったコーヒーを出すコーヒーチェーン店が多いと聞いたけど、ブルーボトルは目の前で豆を挽いて出してくれる。店員も感じがいい」と答えてくれた。

 「朝はカプチーノ、昼はアイスコーヒーのニューオリンズ・スタイル・コールド・ブルゥ。もうほかでは飲めない」と語るのはマイク。マニアックな常連のジムは「ドリップコーヒーが好き。1カップずつ丁寧に入れてくれるのがうれしい。雰囲気が最高」と言う。ミルクで作った絵のある大きなカップで出てくるモカの1杯が、税込みで5ドル以上と高いのだが、アーティスト、エンジニア、銀行員、旅人らが列を作り、コーヒーが出てくるのを待つ間に会話する 。成功の秘密は、アメリカでは欠落していることの多い、徹底したカスタマーサービスとこだわりの味だ。

 ブルーボトルのコーヒー豆は、CEOのフリーマン自らが買い付けている。小さな生産者から仕入れたフレッシュなオーガニックの豆を、軽く焙煎する。味は大手コーヒー店のダークで油っぽい味とは対照的で、柔らかく甘みがある。スターバックスと違って、無料WiFiサービスはない。

 目指しているのは、コーヒーのレストラン。パソコンを打ちながらコーヒーを飲むのではなく、コーヒーを出すバリスタとコーヒー談義をする。つまり、コーヒー主体で、客がソムリエとワインの話をするように過ごすことを狙う。店を構える場所も都会のトレンディで面白い所を選び、最高においしいコーヒーを出す。

 フリーマンは「おいしいものに敬意を払っている。われわれはエクセレンス(卓越)を追い求めている」 と、5月6~7日に オークランドで開催されたスタートアップ会議(ヴェーター・スプラッシュ・コンフェレンス)で述べている。また、同店でコーヒーを煎じて出すバリスタは、バリスタ陪審員の前での試験に合格した者に限られている。

■ 「第3の波」は東京江東区にも到達

 真空パックの開発によって世界中で幅広くコーヒーが飲まれるようになったのが、コーヒーの第1の波。深煎りで苦みを楽しみ、味を重視しながらマニュアル化したのが第2の波。スターバックス、タリーズ、ピートコーヒーなどがこれに該当する。そして、最高のコーヒーを顧客に提供するというこだわりの味が第3の波だ。ブルーボトルコーヒーシカゴのインテリジェンシアコーヒー、ノースカロライナのカウンターカルチャーコーヒーなどが当てはまる。

 一般的なコーヒーの販売は伸び悩んでいるが、マイクロ・ブリュー・コーヒーの売り上げは約10 %伸びている 。ブルーボトルに投資したVCは「大都市で産地を厳選したフレッシュなコーヒーが流行っており、これから必ず大きく伸びる」と語る。今までブルーボトルの店舗がなかった南カリフォルニアでは、西ロサンゼルス郡のカルバーシティの元日産ショールームに店舗を開設する予定だ。

 ブルーボトルは店舗展開だけでなく、コーヒー豆、物品販売、小売り事業も進めている。同店内ではエチオピア、エルサルバドル、ブラジル、スマトラのコーヒー豆が売られ、ネットでも販売中だ。人気のニューオリンズ・スタイル・コールド・ブルゥは315ミリリットルのカートンで、値段は約4ドル。ホールフーズマーケットなどで今年初旬から売り出されている。

 フリーマンの視線は米国内だけにとどまらない。実は、彼が19才の時に東京を訪れている。おカネがないのでコーヒーをよく飲んだというフリーマンは、アメリカでは見かけないサイフォン式やドリップ式のコーヒーに出合い、大きな影響を受けた。日本進出はフリーマンの長年の夢だったのだ。

 2014年にはブルーボトルコーヒー・ジャパンを設立し、江東区の清澄白河に土地を買った。米メディアは、同社が東京での事業に500万ドルを投じると報じている。第3の波の本場の味を日本でも味わえる日が近づいている。