Marijuana vending machine to debut in Seattle

ワシントン州はマリファナが合法化されておりまして有人店舗の小売店は何件かオープンしていました。保健所の許可が必要で当初は開店が遅れるなどがありましたが、ついに無人の自動販売機まで。どうかと思いますけどね。

マリファナの自動販売機がシアトルに登場

シアトル市内にある 『Seattle Caregivers』 に、来月3日マリファナの自動販売機が登場することになった。

マリファナ自動販売機 “ZaZZZ” を提供する American Green 社は、この販売機について「年齢確認機能と気温管理機能を備えた初めてのマリファナ販売機」と説明している。年齢確認は ID スキャナを使って行われ、マリファナの花や食用マリファナといった関連製品を購入できるという。

2015/01/img_00381.jpg

SEATTLE – Just like chips and soda, Seattle-area residents are now able to buy marijuana from a vending machine.

American Green, the company behind the ZaZZZ marijuana machine, says it’s the “first age-verifying, climate-controlled, self-service dispensary.”

The machine will make its debut on Tuesday, February 3, at Seattle Caregivers.

Marijuana flower, edibles, and other related merchandise will be dispensed from the machine after a customer verifies their age and identity via ID scanner, according to the company.

Seattle Caregivers is located on 1207 S. Jackson Street, B105, in Seattle, Washington.

スカイマーク A330 運航停止 エアバス機はダメだ エアバスに追い込まれて全て破綻

民事再生法の適用を申請したスカイマーク(SKY/BC、9204)は1月29日、都内の本社で会見を開いた。会見冒頭、井手隆司会長と有森正和社長は経営破綻について謝罪した。

 冒頭の謝罪後、有森社長は「運航には支障ない。これまで同様の利用をお願いしたい」と訴えた。29日時点で28路線を運航しているが、2月1日から3月28日まで札幌-仙台線など12路線で減便。現在の1日152便を、水曜日は126便、水曜以外は128便に減便する。

 那覇-宮古線と那覇-石垣線は、3月29日から運休。宮古と石垣は撤退する意向を示した。

 また、ロードファクター(座席利用率、L/F)の低迷が続くエアバスA330-300型機(271席)6機については、井手会長は「2月1日から運休する」と述べた。2月からはボーイング737-800型機(177席)27機に機材統一し、運航コストを抑えることで再建を図

 一方、井手会長と有森社長はリストラについては否定。雇用を維持するとして、A330のパイロットは、737へ資格移行する。A330は客室乗務員がキャンペーン用のミニスカート制服を着用したことで話題を呼び、2014年6月から羽田−福岡線と札幌線に就航している。

 井手会長は、「羽田の発着枠は36枠持っている。これを維持しないと既存航空会社の寡占になる」として、大手2社とは一定の距離を置く再建を進める考えを示した。

羽田空港 with Premier 1K

ANAラウンジ

ユナイテッド航空に言って、Premier 1Kに期間限定でしてもらいました。

各種うどんは注文ベースでその場で作ってくれます。
食い過ぎ注意。

2015/01/img_1912.jpg

2015/01/img_1914.jpg

2015/01/img_1913.jpg

2015/01/img_1915.jpg

全日空の767-300 エコノミークラス

2015/01/img_1917.jpg

2015/01/img_1916.jpg

驚きなのは通路に人がまだ数十人行列しているのにドアをクローズ 電子機器の電源を切れと放送する

機内食 日系はデルタよりいいねぇ

IMG_1918

IMG_1920

IMG_1922

<スカイマーク>民事再生法適用を申請する方針固める

昨年の秋に、このブログで予想した通りの結果になりました。

次は、1ヶ月程度で
ジェット燃料や部品、その他のサプライヤーが、売掛金の回収を開始
資金繰りができずに現金枯渇
運航全面停止
倒産

となるでしょう。
国は今回は救済しないでしょうね。
————————————————-

<スカイマーク>民事再生法適用を申請する方針固める

 国内航空3位のスカイマークが民事再生法の適用を申請する方針を固めたことが28日、分かった。

 スカイマークは欧州の航空機メーカー、エアバスの旅客機A380の購入契約を巡って巨額の違約金を求められていた上、搭乗率の低迷で収益が悪化。全日本空輸や日本航空との共同運航で乗り切ろうとしたが、資金繰りに行き詰まり、自力再建を断念したと見られる。同日夜にも決定する。

 経営不振が続く国内航空3位のスカイマークは28日、自力での経営再建を断念し、東京地裁に民事再生法の適用を申請する方針を固めた。同日夜、臨時取締役会を開き、申請を決議する。負債総額は欧州エアバスから求められている最大7億ドル(約820億円)の損害賠償などを加えると1000億円超になる見通し。当面の運航や燃油費などの支払いは通常通り継続する方針だ。

 国内航空会社の破綻は、2010年1月に会社更生法の適用を申請した日本航空以来。スカイマークは、格安航空会社(LCC)との競争などで搭乗率が低迷した上、円安で燃料費が膨らみ、収益が悪化した。さらに、超大型機A380の発注見送りを巡ってエアバスから多額の違約金支払いを求められたことを受け、14年9月中間決算で57億円の最終損失を計上していた。

 資金繰りが悪化したスカイマークは、全日本空輸に出資受け入れを含む支援要請を検討したが、条件面で折り合わず難航。国内外の投資ファンド4社とも、発行済み株式の25%を上限とする第三者割当増資について協議を続けたものの、搭乗率低下に歯止めがかからないことからファンド側が難色を示し、自力再建を断念することになった。

 スカイマークは、国土交通省が1990年代以降に進めた規制緩和で全日空や日本航空に対抗する「第三極」として設立され、98年に羽田-福岡線を就航。02年に破綻したエア・ドゥなどの新規参入航空が次々と全日空の傘下入りする中、経営の独立を維持してきた。現在は収益性が高く「ドル箱」と呼ばれる羽田空港発着枠を36枠保有している。

 一方、スカイマークは搭乗率改善に向け、全日空や日本航空と羽田発着枠を共同運航することで大筋合意している。「運航が続くのなら、支障はない」(全日空関係者)として、共同運航は実施される見通し。【永井大介】

土曜日 何もしない ユナイテッド航空の無知な予約係

土曜日は久しぶりに何もしないで一日中家で
ユナイテッド航空のシアトル行きのフライトの手配をひたすらしていました。ユナイテッド航空の予約は、デルタ航空を上回る酷い担当者ばかりですね。

ユナイテッドは、運賃を調べる能力が著しく劣った年をとっただけの予約係ばかりですね。それに作業が遅い。特に男の予約係は間違った情報ばかりで話にならないので、最低限のことを依頼して自分でオンラインで作業しました。

全日空の共同運行便なので、座席確認の為に全日空にも電話しましたが、全日空は対応はましですが、間違いだらけにの新入社員みたいのばっかりです。デルタ航空がましであることがわかりましたが。

もっとも私が普段話をしているのはダイヤモンドメダリオン専用の予約係なので比較してはいけないかも、ですね。

夜は実家に行って中野駅のイトーヨーカドー行ったくらい