American Boeing 747SP 1:200 N601AA

Inflight 200

MD-11導入前は太平洋線の主力機材でした。Boeing 747-100/-200が航続距離が足りず、米国東海岸や中西部に直行便を飛ばせなかった頃の名残で、ユナイテッドやPanAm、TWAが導入しましたが、747-300/-400では十分飛行可能になると消えていきました。

https://tokyostreetcar.wordpress.com



どうですか このシルエット

United Boeing 747SP 1:200 Battleship

Inflight 200
N145UA

この機材は一時、UA802/803便として成田ニューアーク線に投入されましたが、UA800/801便 (744)の成田ケネディー線の補完的な位置ずけで冬期を中心に収支減便をよくされました。パンナム機材です。

ユナイテッド航空の1990年代のバトルシップ塗装機です。この塗装が一番いいですね。

https://tokyostreetcar.wordpress.com

IMG_0142.JPG

IMG_0143.JPG

IMG_0145.JPG

IMG_0144.JPG

IMG_0147.JPG

IMG_0146.JPG

United B747 SP 1:200

Inflight 200, IF747SP3313
N142UA

https://tokyostreetcar.wordpress.com

ユナイテッド航空のSoul and Barのユナイテッドロゴが大きいバージョンです。全世界でわずか95機生産の稀少モデルが2機到着。日本では未発売で入手不可能です。
かつて1990年初頭のユナイテッドが802便803便として成田ニューアーク線を飛ばしていたのを思い出します。パンアメリカンの機材と路線買収でしたね。800便801便の成田JFK路線とともに花のニューヨーク2便体制時代でしたが、冬場は毎日毎日このSPの802便は、雪だ雨だと理屈をこねて収支減便でした。今は、ユナイテッド航空自社運航の東京ニューヨーク線は存在しません。

20130612-193048.jpg

20130612-193059.jpg

20130612-193108.jpg

20130612-193117.jpg

20130612-193126.jpg