金曜日 Fly Out KE001 NRTHNL

猛暑日

朝7時前に出社。予算のレビューをビデオカンファレンスでした。午後は早めに切り上げ、新宿伊勢丹で買い物。パッキングして空港です。

偶然1800新宿発成田空港行きに乗りました。実はこれ成田空港行き最終便。驚き。

20130830-175906.jpg

20130830-194421.jpg

20130830-203453.jpg
世の中は夏休みの終わり。バスは乗客4人。デルタ航空のラウンジもガラガラ。

20130830-203948.jpg

20130830-203956.jpg
大韓航空 Korean Air 001 NRTHNL

20130830-205817.jpg

20130830-205806.jpg
機内食はビビンバ

20130908-160653.jpg

20130908-160701.jpg
ホノルルには930についたのですが、コナ行きのハワイアン航空は1300発。1345にコナ国際空港に到着。ダラレンタカーで日産アルティマをひろって空港内の😳FedexでI-131を送付。ホテルへ。今回もFairmont Orchidです。夜はカイルアコナの海岸線のレストラン。

広告

水曜日 火星移住希望16万5千人、日本からも9人 海外NPO

会社です。夜は用事があって西新宿のオークタワー。 香港人とイギリス人とお目にかかりました。初対面の人と話をするのはつかれますw。

火星への移住者募集中だそうです。片道切符、どんな人が応募するんでしょうか?誰かに追われている人なんでしょうか?
————————————————–

火星移住希望16万5千人、日本からも9人 海外NPO

火星移住を目指す民間プロジェクトへの応募者が16万5千人に達した。主催するオランダのNPO「マーズ・ワン財団」によると、応募は140カ国に上り、28日現在、日本からも9人が登録している。31日が締め切りだ。

 ウェブサイトには自己紹介のビデオメッセージが公開され、日本からの応募者は「歴史の一部になることを夢見ている」「宇宙で生活して仕事をすることを夢見続けてきた」などと語っている。

 18歳以上ならだれでもオンラインで応募できる。国に応じて5~73ドル(約490~7100円)の応募費がかかり、日本からは29ドル。財団では、求められる要素として、「自分自身を省みる能力」に加え、「柔軟性」「適応力」「好奇心」などを挙げる。

20130828-214450.jpg

 応募を締め切った後、世界300の地域ごとに50~100人の候補者を選ぶ。2015年までに28~40人に絞り込み、約7年間の訓練に入る。構想では、23年に最初の4人を火星に送り、地球には戻らない。
 訓練や飛行の様子をテレビ番組として放映しながら資金を集める計画で、オランダの起業家が発案、技術者らが支援に当たる。財団では約60億ドルかかると試算している。ただ、米航空宇宙局(NASA)が掲げる火星到達の目標時期よりも早く、技術的にも実現を疑問視する声はある。

日曜日 東京は雨 I-131の書類作成 Au KDDIの顧客を馬鹿にした対応続く

書類📄📃📑移民局に出す奴、まだこれからです。
I-131の書類書きです。1度目のre-entry permit発行からこの9月で2年が経ちました。2年間の延長申請です。

朝はロイスダールで朝食。

20130825-112632.jpg
午前中はサンプラザで2,00″m Swim
夕方は床屋で散髪
吉祥寺一風堂

20130825-182739.jpg

KDDIの粗悪なLTE。Au KDDIのインチキ商売が相変わらず続きます。エアプレーンモードにしてつなぎ直すと、LTEもどきに繋がります。LTEの電波表示は名目ばかりで、Facebookを表示させるのに1分以上常にかかります。酷い粗悪な電波ですね。恐らく地域に一台分の電波しかなくてそれを50人や100人の人が共有させられているのでしょう。東京電力福島原発事故への対応より酷いです。再三ですが、データ通信料を返してもらいたいです。