Delta A330-300 1:200

Gemini 200
G2DAL305
N801NW

レジ番号からもノースウエスト航空の機材です。ノースウエスト航空は2000年初頭までアジア西海岸線は747-200を飛ばしていましたがreplacementとしてA330-200/300を導入しました。大幅値引きで一世代前の機材を導入する会社ですので。A330は1990年にデリバリーされたまのですので、ノースウエストが導入した時は既に10年以上たった旧世代になっていました。

成田シアトル線、成田ロサンゼルス線などに夏場を除いて使用しています。夏場は、キャパが足りないので、それぞれ777-200, 747-400を入れてます。

https://tokyostreetcar.wordpress.com

IMG_0349.JPG

IMG_0350.JPG

IMG_0348.JPG

IMG_0351.JPG

IMG_0352.JPG

IMG_0353.JPG

IMG_0354.JPG

デルタ航空 次の大型機材はA350とA330 neo

またもや安物買いの銭失いの愚かな航空会社が発生。

IMG_0009.JPG

デルタ航空、A350とA330neoを25機ずつ発注 747など後継

 デルタ航空(DAL/DL)は現地時間11月20日、エアバスA350-900型機とA330-900neoを25機ずつ発注したと発表した。ボーイング747-400型機や767-300ER型機の後継機として発注、A350は2017年、A330neoは2019年に受領する予定。

 A350のエンジンはロールス・ロイス社製新型エンジンのトレント7000を搭載。おもに米国とアジアとの太平洋路線に導入する。747-400と比較し、座席あたりの運航コストは20%程度向上する見込み。

 A330neoのエンジンはロールス・ロイス社製トレントXWBを搭載。大西洋路線や米国西海岸とアジアとの太平洋路線の一部に導入する。767-300ERと比較し、座席あたりの運航コストは20%程度向上する見込み。

 A350 XWBシリーズはこれまでに世界の顧客から750機の確定受注を獲得しているが、アジア太平洋地域からの受注は244機で、約3分の1を占める。また、ローンチカスタマーであるカタール航空(QTR/QR)には、年内に初号機の引き渡しを予定している。日本航空(JAL/JL、9201)はエアバスとシリーズ最大56機の契約を締結、運航開始は2019年を予定している。11月19日にはデモ飛行ツアーの一環として羽田に到着。日本初飛来となった。

 A330neoシリーズはA350 XWBと同様のウィングレットを装備し、燃費を向上させる。主翼幅の増加や新型パイロンなど、空力性能を強化するとともに、客室装備も改良する。座席あたりの燃費を14%削減し、航続距離も最大400海里(740.8キロ)延びる見込み。メーカー標準座席数は、A330-800neoが246-252席、A330-900neoが300-310席で、初号機の引き渡しは2017年10月-12月期(第4四半期)を予定している。

IMG_0010.JPG