スカイマーク最大債権者、デルタに連携要請ANAに対抗

民事再生手続き中のスカイマークの最大債権者で独自の再生計画案を策定中の米リース会社、イントレピッド・アビエーションが米デルタ航空など複数の航空会社に連携を要請した。日本での事業拡大に意欲を持つ航空会社をスポンサーに迎え、ANAホールディングスの支援による再生案に対抗する。スカイマーク再建の行方に不透明感が増してきた。
スカイマークは拡大路線が裏目に出て業績が悪化し、1月28日に民事再生法の適用を申請した。5月29日に投資ファンドのインテグラル(東京・千代田)やANAなどの出資を柱とする再生案に合意し、東京地裁に提出した。7~8月に予定されている債権者集会で成立を目指している。
同案に反対しているイントレピッドは5月29日に対抗案を東京地裁に提出したが、スポンサー企業がまだ決まっていない。債権者集会までに選ぶ方針で、デルタなど日本に拠点を持つ複数の航空会社と交渉を始めた。
イントレピッドは当初、ANAによるスカイマーク支援に賛成していた。ANAがスカイマーク向けのリース機材を引き取る意向を示し、4月8日付で合意文書も交わした。ところがANAのスポンサー入りが発表された後に機材引き取り交渉を打ち切られ、ANAへの不信感を強めた。
ANAは合意文書について「法的拘束力はない」と主張する。イントレピッドはANAの行為がスカイマークの再生をリスクにさらすものだとして対立している。
イントレピッドは日本経済新聞の取材に対し、スカイマークのスポンサー候補として複数の航空会社との交渉を認めた。イントレピッド幹部は「新しいパートナーの選出で我々の提案はさらに強固になる」と話した。

広告

エアバスがヤクザ顔負けの嫌がらせ  スカイマーク再生案に新たな混乱、最大債権者が対抗案提出

エアバス傘下のアメリカのリース会社、イントレピッド・アビエーションがエアバスと組んで、全日空に不良債権のA330とA380を押し付けようとしています。

一旦、スカイマークを会社清算してエアバスとイントレピッド・アビエーションをぶった切った方が良さそうです。この腐りきった2社とは縁切りする意味で、全日空はA320を全機キャンセル、JALもA350を全機キャンセル。
—————————-

[東京 1日 ロイター] – 民事再生手続き中のスカイマークの最大債権者である米航空リース会社イントレピッド・アビエーション<INTR.N>が独自の再生計画案を東京地方裁判所に提出したことが分かった。イントレピッドが東京地裁に提出した資料をロイターが独自入手した。現行案でのスポンサーであるANAホールディングス(HD)<9202.T>に反対し、ANA以外の航空会社を選定中という。

イントレピッド案に対し、スカイマークは1日、スポンサーとなる航空会社が決まっていない同案は実現可能性が示されておらず、「遂行される見込みはまったく不明」と反論。100万円を超える部分の弁済率は3%と現行案の5%よりも低い上、弁済原資の記載もなく、内容が劣るとして現行案が債権者の多数の同意を得られるとの見方を示した。

ANAHDの片野坂真哉社長も同日開いた定例会見で、現行案が「最善のものであると確信している」と述べ、ANAが「最善のスポンサー」と強調した。

イントレピッド案でも、現行案でスカイマークの筆頭株主となる投資ファンドのインテグラルが資金支援者として盛り込まれているが、インテグラルはすでにANA、日本政策投資銀行と三井住友銀行が出資する投資ファンドとの間でスポンサー契約書を結んでしまっている。

スカイマークは5月29日にANAの支援による再生計画案を東京地裁に提出したが、イントレピッドや欧州航空機製造大手のエアバス<AIR.PA>といった一部の大口債権者が同案の提出の延期を求めていた。イントレピッドも同じ日に独自案を提出した。

関係筋によると、両社が現行案に待ったをかけた背景には、スカイマークの破綻でこうむった損失をANAとの商談で穴埋めするつもりだったが、その交渉が不調に終わったことがある。

再生計画案を実行に移すためには、債権者集会で債権総額の2分の1以上の同意と、債権額に応じた議決権の過半数の同意を同時に得る必要がある。届出ベースの債権総額(約3089億円)のうち、イントレピッドは約1150億円強と最大。エアバスは約880億円強の債権があり、両社合わせて2000億円超と債権総額の2分の1を上回る。

ただ、届出債権額は債権者が主張する債権額であり、「2社ともに未確定の部分がかなり多い」(申立人代理人の中原健夫弁護士)という。今後、債権が確定した部分は100%の議決権を与えられるが、債権の有無を争ったまま債権者集会を迎える場合は東京地裁で議決権を決定するため、必ずしも債権者が主張する金額ベースの議決権が与えられるとは限らない。

ブラック企業 エアバス

アマゾンはブラック企業として悪名高いですが、エアバスのブラックぶりも相当ですね。

———————————–

エアバスのブレジエCEO「ただの債権者ではない」 スカイマーク問題で

民事再生手続き中のスカイマーク(SKY/BC)の大口債権者である、エアバスのファブリス・ブレジエCEO(最高経営責任者)は現地時間5月28日(日本時間同29日)、SKYが29日に東京地方裁判所へ提出予定の再生計画案について、「ただの債権者ではない」とけん制した。

エアバスが28日に仏トゥールーズの本社で開いた報道関係者向けイベントで、Aviation Wireの質問に応じた。エアバスは2014年7月、SKYが発注していた6機の超大型機A380の契約をすべて解除。7億ドル(約825億円)の違約金を求めている。

一方、SKYは債権者への弁済率を5%前後にするとみられ、ほぼすべての債権を棒引きする内容で調整している。再生計画の対象になる債権は、総額3000億円超となる見込み。

ブレジエCEOは、「今ははっきりしたことは言えないが、ただの債権者ではないと考えている。再生計画案の内容を精査して結論を下したい」と語った。

SKYが発注したA380については、同社が経営破綻した1月末の時点で、6機のうち初号機の飛行試験が数回行われており、2号機も途中まで製造が進んでいた。「(2機は)SKYの仕様で製造されており、機内レイアウトを変更する必要がある」と述べた。

初号機と2号機について、ブレジエCEOは「これらの機体の顧客を見つけることになるだろう」と話し、現時点で新たな買い手が見つかっていないことを明らかにした。

SKYはA380のほか、中大型機のA330-300をリース契約により、10機の導入を予定していた。このうち、7機を航空機リース会社のイントレピッド・アビエーションが、米国の金融サービス会社CITグループが3機をリースする予定だった。経営破綻の時点でSKYが受領していたのは5機で、大口債権者であるイントレピッドは4機をリースしていた。

エアバスのトゥールーズ工場には、完成し引き渡し目前だったとみられるA330が1機と、機体側面に「SKYMARK」とロゴを入れる作業を残した機体の2機が、現在も駐機されている。

SKYの再生を支援するANAホールディングス(9202)は、イントレピッドが求めていたA330の導入を否定しており、イントレピッド側はANAが関与する現在の再生計画案に難色を示している。

人事面では、投資ファンドのインテグラルの佐山展生代表が、代表権を持つ会長就任に強い意欲を示している。同じく代表権を持つ社長には、三井住友銀行と折半で投資ファンドを設立する日本政策投資銀行の役員を起用する方向で調整が進んでいる。政投銀と三井住友銀行は、重要議案に対する拒否権を持つ見通し。

SKYへの出資比率は、インテグラルが50.1%、政投銀と三井住友銀行によるファンドが33.4%、ANAHDが16.5%となる見通し。ANAHDは公正取引委員会と協議し、出資比率を抑え、役員やOBを社長として送り込むことも見送った。

再生計画案では、SKYと全日本空輸(ANA/NH)によるコードシェア実施も盛り込まれるが、具体的な路線などはまとまっておらず、今後協議していく。

エアバス A330-300またもや重大インシデント あわや墜落

2つのエンジンが同時に止まって急降下。

Singapore Airlines A333 loses power in both engines over Hong KongDetails Published on Wednesday, 27 May 2015 14:30

Singapore Airlines A333 loses power in both engines over Hong KongA Singapore Airlines aircraft bound for Shanghai dropped 13,000 feet after losing power to both engines just outside of Hong Kong last Saturday, it has emerged.

The airline said it is probing the incident aboard flight SQ836, carrying 194 passengers and crew, with aircraft maker Airbus and its engine maker Rolls-Royce.
A spokesman stressed post-flight checks of the A330 plane in Shanghai revealed “no anomalies”.
The drama unfolded around three-and-a-half hours after the flight took off from Singapore when, over a period of 30 minutes, the plane experienced a rapid descent from around 39,000 feet as the first, then second engine failed. Pilots managed to skilfully regain full control of the plane at 26,000 feet as both Rolls Royce engines regained power.

The flight continued to Shanghai and touched down uneventfully at 10:56pm.

ANA主導案、エアバス難色=スカイマーク再生計画、見直しも     エアバスは悪徳商法会社

エアバスは、スカイマークに押し売りを失敗したA380そしてA330を全日空に押し付けようとしましたが、断られて手のひら返し。エアバスの商売は、高齢者への壺売りなどの悪徳商法を彷彿させます。こんな航空機メーカーとは付き合ってはいけないでしょう。一世代前のガラクタ機材をハイリスクな航空会社やLCCに押し付けて、何とか体面を保っているメーカーです。最新のA350も技術的には大したことがない機材で、価格で日本航空を騙して押し込みましたが、今年に入って一機も売れない状況。売れているのは古い小型機のA320だけというお寒い状況です。そのA320もエアアジア、ジャーマンウイング、エアカナダ、アシアナの広島での事故と、この数ヶ月だけでも墜落事故のオンパレードですね。
———————–

 民事再生手続き中のスカイマークをめぐり、大口債権者の欧州航空機大手エアバスが、ANAホールディングスが主導する再生計画案に難色を示していることが、27日分かった。別の大口債権者である米リース会社のイントレピッド・アビエーションは反対を表明しており、再生計画案の見直しを迫られる可能性もある。

 エアバスは、大型旅客機「A380」の購入中止に伴う違約金としてスカイマークに約840億円を請求している。関係者によると、エアバスは「現在の計画では賛成できない」として、29日に予定している東京地裁への再生計画案提出を延期するよう求めている。エアバスは、ANAがスカイマークの代わりにA380を活用することを期待しており、これをANAが拒否したことが賛成を渋る理由とみられる。

 スカイマークに中型機「A330」をリースしていたイントレピッドの債権額は1000億円を超え、エアバスの分と合計すると債権総額3000億円強の半分を超える。民事再生法は、再生計画案の承認には債権総額の2分の1以上の賛成などが必要と定めている。 

またもや、スターアライアンスのエアバス機が重大事故

ルフトハンザ ジャーマンエア、エアカナダ、アシアナ航空、そしてトルコ航空

この数ヶ月での重大事故。全てスターアライアンスのエアバス機


ターキッシュ・エアのA320、右エンジンとギア不具合でハードランディング

ターキッシュ・エアラインズのミラノ発イスタンブール着TK1878便が2015年4月25日、アタテュルク国際空港着陸時に、主翼や右エンジンに大きな損傷が発生しました。これは機体記号(レジ)「TC-JPE」のA320で、1度目は滑走路05に着陸を試みましたが、着陸復行の操作を行い、3800フィートに上昇しました。その際に、右エンジンから火を吹き、主翼の一部が破損する事態となりました。

このため、機長はエンジン停止で緊急事態を宣言し、ランディングギアでも不具合の表示が出たため、その報告が行われました。再度の着陸は滑走路35で、右側のギアが何らかの理由により破損し、着陸時には2番エンジン、主翼が滑走路に接地し、火を吹く状態で着陸しました。滑走後に180度横になり停止し、同時に消防車が「TC-JPE」に駆け寄り、消火活動が行われました。

ターキッシュ・エアラインズによるとこの便には97名の乗客が搭乗しており、客室乗務員が搭乗客を避難させ、けが人などは発生しませんでした。このうち57名はイスタンブールが目的地、その他40名は最終目的地に向けて乗継ぎを行ったとしています。

この着陸により、アタテュルク国際空港の滑走路35は一時閉鎖されましたが、すでに再開されています。これによりターキッシュ・エアラインズの運航便では、100便超に欠航や運航遅れなどの影響が発生しました。

なお、「TC-JPE」は格納庫に曳航され、航空当局による事故調査などが行われます。
ターキッシュ・エアラインズはこの調査に全面的に協力していくとしています。

A320 またもや墜落死傷事故 ジャーマンウイング ルフトハンザ

エアバスのA320がまたもや死傷事故を起こしました。前回は、記憶に新しいAir AsiaのA320でした。今回はルフトハンザのジャーマンウイング。どちらも、乗員乗客、全員死亡という痛ましい結果に終わりました。

A320は競合機材のBoeing 737に比べて価格を大幅に下げてLCCを中心に広く普及している短距離小型ジェット機です。しかしながら、廉価な分、素材もチープで経年劣化に伴う耐久性など安全性に疑問が多い機材で、一旦、重大な事故を起こすと死亡する可能性が高いと言われています。

通常の運航中の航空機の重大死傷事故でエアアジア A320事故の前に新しいものはエールフランスのA330がブラジル沖で墜落した事故で、これもエアバス機で、全員死亡。この事故原因も機材の欠陥と言われいます。

—————————————————

信頼の翼、欧州衝撃 ルフトハンザ「暗黒の日」


 【ロンドン=内藤泰朗】ルフトハンザドイツ航空系の格安航空会社「ジャーマンウイングス」のエアバスA320が24日、フランス南東部に墜落したことは、世界で最も厳しい航空安全基準を導入している欧州に衝撃を与えている。欧州の航空会社では、2009年にエールフランス機が大西洋に墜落して以来の大惨事となった。

 ドイツのメルケル首相は24日、記者会見し、ドイツ機の墜落に衝撃を受け「深い悲しみにくれている」と表明、墜落原因を徹底的に解明すると強調した。

 一方、ジャーマンウイングス代表は同日、「フランスアルプスで航空機が行方不明になった」と述べるとともに、墜落機の操縦士は経験豊富で、墜落前日の23日に機体の検査をルフトハンザの技師が行っていたことを明らかにした。ルフトハンザは24日、「ルフトハンザにとって暗黒の日となった」とコメントした。

 報道によると、ジャーマンウイングスは、ルフトハンザグループが運営する格安航空会社。近年、親会社をしのぐ勢いで成長していた。「欧州で最も信頼できる航空会社のひとつ」(英BBC放送)とされているだけに、航空関係者の間には動揺が広がった。

 同機は、飛行中に何らかのトラブルが発生して急降下したとされる。専門家らは「重大な技術的問題が発生したとしか考えられない」などと話している。

 スペインのバルセロナとドイツのデュッセルドルフを結ぶ同機の路線は、ドイツ人を中心にビジネス客にも人気で、多くの人に利用されていた。