「あなた会社つぶしてもいいの?」 たかの友梨従業員が社長の「圧迫発言」を暴露

ブラック企業といえば、アマゾン ジャパン、すき家、ワタミ、KDDI、たかの友利、秋田書店、西友、阪急阪神ホテルズ
ユニクロ

「労働基準法にぴったりそぐったら絶対成り立たない」「あなた7年居た会社つぶしてもいいの?」――大手エステティックサロン「たかの友梨ビューティークリニック」の高野友梨社長が、職場の環境改善を求めた女性従業員に対して、こんな風に発言したと、女性従業員の加入する労働組合「エステ・ユニオン」が暴露した。

エステ・ユニオンは、高野社長が従業員を問い詰める様子を録音した「音声データ」を報道関係者に公開。その生々しい声の一部はネットのニュースサイトで聴けるようになっており、大きな波紋を広げている。

同組合が作成した資料によると、女性従業員は「たかの友梨」仙台店の店員で、月平均80時間の残業があり、休憩・休みが取れない、残業代が時間通りに出ない、ノルマが達成できないと商品を自腹購入させられる、といった状況だった。

そのため、女性従業員は、職場環境の改善を求めて、組合を通じた団体交渉や、労働基準監督署への申告を行っていたのだという。その結果、たかの友梨ビューティクリニックは、仙台労基署から、「有給休暇を取った従業員の固定残業手当を減らした」などとして、是正勧告をうけた。

●「つぶれるよ、うち。それで困らない?」

こうした動きに対し、高野社長は8月21日、女性従業員が勤務する仙台店に出向き、従業員たちを近くの飲食店の個室に集めた。高野社長はその集まりで、女性従業員を名指しして組合活動などについて質問をした。

その後、女性従業員が、店の職場環境について言及すると、高野社長は「つぶれるよ、うち。それで困らない? この状況でこんだけ働けているのに、そういう風にみんなに暴き出したりなんかして、やっぱりあなた7年居た会社つぶしてもいいの」と、詰め寄ったのだという。

同組合は、「長時間にわたり会社をつぶすつもりなのかと詰問され、女性は精神的ショックを受けている」「(高野社長の行為は)公益通報者に対する違法な圧迫行為だ」と主張し、厚労省への通報と、宮城県労働委員会へ不法労働行為救済の申し立てを行ったという。また、高野社長本人に対しては、謝罪と労働環境の改善を求めている。

代々木公園の蚊原因か 新たにデング熱の感染確認、同じ学校の男女

渋谷、原宿方面は、テング熱

 東京都と埼玉県は28日、海外渡航歴のない都内在住の男性と埼玉県在住の女性がデング熱にかかったとそれぞれ発表した。2人は20代で、既に感染が確認された埼玉の10代女性と同じ学校の生徒。いずれも東京・代々木公園で蚊に刺されたとみられる。国内感染は3人となった。

 都や県によると、3人はほかの生徒と一緒に8月初旬から週に3回ほど、学園祭に向けて代々木公園でダンスの練習をしていた。都は公園でデングウイルスを保有している蚊に刺されて感染した可能性が高いとみて、28日夕に駆除を実施する。