土曜日は箱根

朝ご飯

20131130-141253.jpg

20131130-141302.jpg
朝6時と10時半に温泉にはいり、チェックアウト。大涌谷の白濁温泉でした。
新宿南口の東急ハンズと紀伊國屋で買い物。
吉祥寺で買い物。
夜は新宿高島屋のレストラン街で、鰻重の松。

火曜日 疲れました

朝は雑草のゴミ出し
サラリーマンによくありますが、アホ上司に付き合って、朝は8時から夜は21時過ぎまで。呆れて、怒りも起こらないから不思議です。サラリーマン道を極めつつありますかねぇ。

20131126-215908.jpg

20131126-215921.jpg

日曜日 秋晴れ 東京 Thanksgiving

朝ご飯は中野通りのロイスダール

20131124-112543.jpg

アメリカは今週はThanksgiving Week
Facebookで旅行の知らせが次々です。

20131124-115144.jpg

20131124-115151.jpg

午後は家の周りの雑草刈り
散髪。夕方は武蔵関のオザキフラワーパークに行って花を買ってきました。いまどきは青や紫、オレンジのポインセチアもあるんですね。

サンプラザで2550メートルスイム

土曜日 秋晴れ お疲れ休み 胡散臭い屁理屈おやじの猪瀬直樹

箱根でも行こうかと思いましたが、家で日向ぼっこで一日。我が家は日当たり良好です。

SkyDriveでスマホの写真を全部サーバーにアップ

サンプラザで1650メートルスイム

20131123-214116.jpg

都知事の猪瀬直樹はついに化けの皮が剥がれてきました。都民の金を私物化した石原慎太郎と所詮同じ穴の狢です。
私は都知事選でこいつにだけは入れてはならないと思いました。残念ながら対抗馬がいなかったので、この猪瀬とかいうペテン師が当選しましたが

ドバイ航空ショー エアバスとボーイングの旅客機受注合戦の結果

中東のオイルマネー。中東の航空会社の異様な羽振りの良さは驚きです。

ボーイングは777Xなど342機受注

 ボーイングは現地時間11月20日、第13回ドバイ航空ショーで計342機、カタログ価格で総額1015億ドル(10兆1500億円)の受注を獲得した。受注機数には発注コミットメントも含まれる。また、777型機の後継となる777Xがローンチや、中東でのパートナーシップ強化が発表された。

 777Xは確定発注と発注コミットメントを合わせて259機受注。エミレーツ航空(UAE)が150機(777-9X 115機、777-8X 35機)、カタール航空(QTR)が50機(777-9X 50機)、エティハド航空(ETD)が25機(777-9X 17機、777-8X 8機)で、このほかにルフトハンザ ドイツ航空(DLH)から34機をすでに受注している。カタログ価格で総額950億ドル(約9兆5200億円)超にのぼり、ローンチ時点の発注としては民間機史上最高となった。座席数は777-9Xが400席超、777-8Xが350席。

20131122-225804.jpg
 777XはGEアビエーション社製GE9Xエンジンや複合材を使用した高効率新型主翼など、数多くの最新技術を採用。新型主翼は現行の777の主翼よりも長く、折りたたみ式ウィングチップと合わせ、運航中に効率性を高めて燃料消費量を大幅に抑制し、地上では搭乗ゲートへの適応柔軟性を有するのが特長だという。これらの新技術により、従来より燃料消費量が12%改善するとしている。

 また、アラブ首長国連邦のアブダビの工業団地に、部品の製造施設を国営企業と2016年に設立予定。同国政府系ファンド、ムバダラをティア1(一次請け)サプライヤーとして、25億ドル相当の複合材や機械加工された金属の供給を受ける。これらの原材料は777Xや787向けのものも含まれる。両社はプリプレグやカーボンの製造分野で協力する。

 787-10はETDが30機発注。この契約で、787の受注機数は1000機に達した。また、ドバイを拠点とするLCC(低コスト航空会社)のフライドバイ(FDB)から、最大100機の737 MAX 8と11機の737-800の発注コミットメントを獲得。中東では過去最大の単通路機の発注となった。

エアバスは160機の受注

 エアバスは現地時間11月20日、第13回ドバイ航空ショーで計160機、カタログ価格で総額440億ドル(約4兆4000億円)の受注を獲得したと発表した。このうち確定受注が142機で404億ドル、覚書(MoU)による受注が18機で36億ドルとなった。

20131122-230019.jpg

 確定受注142機の内訳は、A380が50機、A350-1000が10機、A350-900が40機、A321neoが26機、A320neoが10機、A330-200Fが6機で、A380とA350 XWBの受注が好調だった。

 受注額ではエミレーツ航空(UAE)による発注が最大。同社はA380を追加で50機発注した。また、受注機数ではエティハド航空(ETD)が最大数を発注し、計87機(A350-1000が10機、A350-900が40機、A321が26機、A320neoが10機、A330-200Fが1機)を発注した。

 貨物機のA330-200Fは、カタール航空(QTR)から5機(オプション8機)とETDから1機の計14機、カタログ価格で総額30億ドルを受注。アルジェリア航空(DAH)からA330-200旅客機を3機、6億4800万ドルの受注を獲得した。

 トリポリを拠点とするリビアン・ウイングス(LWA)は、今回の航空ショーで運航開始を発表。機材増強のためA350-900を3機、A320neoを4機発注する覚書を交わした。

 エアバスでは、航空輸送量の増加により、航空会社はより大きなサイズの航空機を選定したり、発注済みの機体をより大きいサイズへ変更するなど、航空機の平均サイズは大型化する傾向にあるとしている。