9/12 (火) シアトル⇒イエローストン

晴れ
 
朝7時20分のデルタ航空便で出発。
 
シアトル⇒ソルトレイクシティー⇒ジャクソン・ホール
シアトルを飛び立つと、マウントレーニエの上空を飛行。美しいこの山。上から見ても下からみてもどこからみても美しい山です。ソルトレイクシティーはその名のとおり塩を吹いた湖がそこら中にあります。上空からその様子がよくわかります。ここは昔、社会科でモルモン教の本拠地と習って名前は知っていましたが、こうして来るのは初めてです。ソルトレイクシティーから別の飛行機に乗り換えて40分、Jackson holeに到着しました。Jackson Holeはグランド・テトン国立公園内にある空港で広大な草原地帯に空港がポツンとあります。左右は高い山に囲まれています。空港でハンバーガーを買って、Hertsでレンタカー。今回はバンタイプのモスグリーンのスバルの車でした。
 
ジャクソン・ホール⇒グランド・テトン国立公園⇒オールドフェイスフル(イエローンストーン)
早速車を飛ばしてグランド・テトン国立公園内へ。アメリカならでは雄大な景色がハイウエイの左右に広がります。空港北部のビジターセンターに立ち寄り、情報収集ののち、いくつか湖と山が写真に収められるポイントに止まりながら移動。一箇所の湖からはポンポン船がでており、これに乗って湖の対岸に行き、そこからトレイルを歩いて滝を見にいったりしました。グランド・テトン・ロッジなどにも立ち寄りながら観光していると夕方に。慌てて車を北上してイエローストーンへ向かいます。イエローストン国立公園ゲートを越えて、グラントビレッジを超えるころには日の光もだいぶ傾いてきました。そのとき、突然エルクが目の前にでてきました。急ブレーキではなく余裕がありましたが、至近距離でエルクを見られました。今日の宿泊地、オールドフェイスフル(スノーロッジ)につく直前にはバイソン(バッファロー)と道路を並走する場面もありました。
今日から3泊するオールドフェイスフルスノーロッジ、近代的で新しいホテルです。設備も整っていて快適です。
 

9/11(月) REI と エリオット湾セイリング

晴れ
 
10日ぶりのシアトルです。まさに快晴。美しい一日です。
明日から今度はイエローストーン国立公園へ旅行に行きます。昼間はREIへ行き、ハイキング関連グッヅの購入。ゴアテックスのジャケットも購入しました。
夕方は家の前のPIERからでているヨットでエリオット湾のセイリングに行きました。ヨットに乗るのは生まれて初めてですが、いやーこれが気持ちいい。Arogosy Cruiseなどのボートとは全くことなる経験です。風でかなり船体が傾くので、最初は怖いのですが、慣れるとそれが快感に変わるから不思議です。
 
シアトルは明日以降も心地より快晴の日が続くそうです。なんだかイエローストーンに行くのが残念に感じるます。

9/10(日) グランドケイマン⇒シアトル

晴れ
 
今日はシアトルへ帰る日。早朝に起床して、ホテル前のビーチでスノーケル。朝のリーフにはやはり魚が沢山います。
堪能しました。ホテルのレストランでbuffetを食べて、荷作りをしてチェックアウト。9:30にTropicana Toursのバスが迎えにきて空港へ。空港に早く到着してしまい、数少ないお店で、ラムケーキなどを購入して時間を潰しました。(1300のフライトでした。)
アトランタ経由のデルタ航空便でシアトルへ。アトランタまでは1時間半ですが、アトランターシアトルが4時間40分。大陸横断便は疲れますね。(帰りはデルタでしたのでエコノミーでした。)シアトル到着は22時。デルタは荷物がでてくるのに50分位かかる悪名高い航空会社ですので、さんざ待たされて、家についたのは23時過ぎでした。
 

9/9(土) スパニッシュベイ、スミスコーブ、エデンロック

晴れ
 
朝から来るまでスパニッシュベイへ。スパニッシュベイホテル前の小さな豪邸のようなベーカリでパンとフルーツジュースを買って、珊瑚の白い砂浜で食べました。
スパニッシュベイホテルのダイブショップのイギリス人のオバサンに『ここでスノーケルしてもいいですか?』聞くと、いいわよという返事。ここはスパニッシュベイ ホテルのビーチですのでちょっと遠慮でした。スノーケルの準備をしているとダイビングを宿泊客に教えているアジア系のショップの女性の方が海から戻ってきました。その方日本人でして、とても親切に、色々シュノーケルポイントを教えてくださり本当に助かりました。
スパニッシュベイのこのポイント。素晴らしいスノーケルポイントの一つでした。美しい魚を沢山、リーフで見られ他に、なんと大きな伊勢エビ(ロブスター)を見る事ができました。結局、3回もここでシュノーケルをしまして(1回はクラゲの大群の中を沖まででました。水深4-5mでしたが濃いブルーの海と魚を楽しめました。)、日本人のインストラクターの方にお礼を言ってHellへ。地獄という名前のこの村。ここからhellという消印の郵便をシアトルへ出して(この郵便届きませんでした。)ました。
次はSmith Coveという南のポイントでスノーケル。ここは岩の間の小さな砂浜から入り、さんご礁沿いを泳いで魚を眺めて楽しむというものでした。ここは土曜日ということもあり、地元の家族連れで賑わっており、セブンマイルやスパニッシュベイとはちょっと違う客層でした。一旦、ホテル戻って休憩。
夕方にはエデンロックへ。ここでもスノーケル。岩場の階段から入り、また水深が結構あります。(5m~)夕暮れで光の量が少ないので、魚がいるにはいるのですが、十分な色は楽しめませんでした。
 
夜はハイアットのBambooという日本食レストランへ。ここは島一番のJapaneseというだけあり、値段はやや高めですが、とても美味しい握りずしを食べられました。(コースメニューはないので、単品のみです。)満足でした。

9/8(金)ラムポイント、リーフホテル 島一周

晴れ
 
今日はホテルのAvisで車を借りました。ホンダのシビック。シアトルでマリブを運転しているのですが、シビックとても小さく感じました。問題はアメリカでしか運転したことがないので、ここで左側通行ができるかどうか???
朝からドライブスタート。海岸沿いをひたすら南下し次は東へ。美しい海を堪能しながらのドライブです。北東のリーフホテルでちょっと休憩。このホテル。素朴な村が時々あるだけの何もない海岸にポツリとあるホテルですが、ホテル前のビーチには魚山ほどいます。帰りに戻ってくることにして、目的地のラムポイントへ。
ラムポイント、ハリケーンが2年前にこの島を直撃でするまではセブンマイルのハイアットホテルからフェリーがラムポイントまで出ていました。現在は無期運休中。ここで、ハンバーガーのランチをレストランで食べ、ちょろちょろっとシュノーケルを楽しみました。
レストランは砂浜のビーチにあるのですが、いかにもカリブの海沿いのレストランという雰囲気で素朴な雰囲気がとてもよかったです。ここはスノーケルというよりもレストランまえのハンモックでゆっくり時間の流れを楽しむのには最高の場所ですね。青い海を眺めて、時々、レストランからレモネードを注文して読書。そんあ贅沢をしたいものです。
ケイマンはラム酒でも有名で、名物のお土産やラムケーキ。薄いオレンジ色の箱を見ると誰も、『ああ、食べたことある』という代物です。
車で来た道をもどり、北東のリーフホテルへ。シュノーケル。ここには魚大群がいます。透き通った白い色の小さな魚の大群です。その他にも沢山の種類の魚の大群にお目にかかれます。すばらしいシュノーケルポイントの一つです。一応、ホテルゲスト用のビーチですので、遠慮がちに利用すべし!ですけどね。
帰り道に、島の中央に位置するbotanical gardenへ。ここには島の熱帯の植物が沢山ある庭園ですが、一方、イグアナも沢山います。朝夕の涼しいときにちょっと訪れるといいところですね。
 
夜はyoshiでヒバチメニューのステーキでしたが、ここは寿司以外は余りお奨めできません。(余り美味しくないです。)
 

9/7(木) イーストエンド

晴れ
 
今日は市バスでまずダウンタウンに向かい、散歩。つぎにイーストエンド行きのバスに乗り換えて島の東部に向かいました。まずは南に向かい、空港を通り島の南部を通る頃には海の色は本当に美しいミルキーブルーに変わります。セブンマイルとは違い、素朴な地元の人の住む街並みにも変わります。海の美しさを堪能しながらバスに揺られていると1時間ほどでイーストエンドへ。素朴すぎるけど何かぬくもりを感じる南の島の村です。ここでバスは引き返してジョージタウン(ダウンタウン)へ。いい観光旅行です。
 
続いて、ダウンタウンのレストランでハンバーガーランチを食べて、またバスでタートルファームへ向かい。タートルここで亀を眺めました。亀を持たせてくれるサービスもあります。
 
夜はYoshiで握りと味噌スープのテイクアウトをホテルで食べました。

9/6(水)ダウンタウンとタートルベイ

晴れ
この時期のケイマンは晴れたり曇ったり、スコールになったりと1日でも天候が目まぐるしく変わります。
今日はダウンタンに市バスで行ってみました。ダウンタウンはジョージタウンと言われ本当に小さな町です。大型クルーズ船が到着する港を中心にダイアモンドやブランド品の免税店が軒をならべますが、それ以外はスーパーや簡単なお土産やがあるだけ。ここケイマンは消費税がない島で有名です。また特殊な税制を引いているため、金融機関がペーパーカンパニーを節税のためにこの地に沢山作っています。
 
続いて、チーズバーガービーチによりちょとビーチを眺めてから、島の北部に位置するタートルベイへ逆戻り。ここでまたスノーケリング。ここは石の階段を下りて海へ入るもので砂浜はありません。ごつごつしたさんご礁を泳ぐ魚を眺めてまわります。魚の量はセメタリーに比べると少ないですが、岸沿いのさんご礁のダイナミックな地形を味わうにはいいポイントです。
 
夜はWarfというホテルのコンシェルジェに紹介されたシーフードレストランへ。高額でしたが美味しかったです。セブンマイルビーチの海沿いにあるレストランで海を眺めながら夕食です。ターポンという大きな魚の餌付けをしているので目の前の海にはターポンが沢山います。レストランのお客にも餌付けをさせてくれます。