9/5 (火) Cemetary Beach

晴れ
 
ホテル前のEats Cafeで昨日、朝食を取っていたときに、お店の人の一人が日本に英語の先生として住んでいたことのある方で、その方にグランドケイマンの代表的なスノーケリングポイントを教えていただきました。その1つが今日いく、Cemetary Beach。日本語に訳すと『墓場ビーチ』です。ホテル前から市バスにのり、バスの運転手に行き先を告げると、5-10分で到着。ここセブンマイルビーチは昼間はバスが頻繁(5-15分間隔)に走っていますので助かります。
まさにお墓の前で降ろされました。お墓の右手の『beach』と書かれた通路を入っていくと、そこには珊瑚の白い砂のビーチと真っ青なミルキーブルーの海が広がります。早速、木陰に荷物を広げてスノーケルの装備をして海へ。5分ほど沖へ泳ぐと、珊瑚が見えてきて綺麗な魚たちがそこかしこにいます。まずはエンジェルフィッシュがお出迎え。まさに別世界です。透明度が非常に高いので水深2-3mでも全く問題なし。結局、この場所で4回もスノーケルを繰りました。ランチはビーチから一旦表どおりに戻り、北に3-5分ほど歩いたところにスーパーがありますので、そこで惣菜やら飲み物を調達してきてビーチでゆっくり海を眺めながら食べました。
 
夜はホテル南のショッピングセンターでインド レストランでシーフードカレーなどなど。
 
広告

9/4(月)スティングレーシティー2

曇りときどき晴れ
 
朝からホテルの中のツアー会社(レッドセイル)のスティングレーシティーへのツアーに参加しました。
今日向かうのは昨日行ったポイントの西でもう少し水深のあるところです。(2ポイント)
新しい豪華なボートで出発、一箇所目はスティングレーシティー。水深3Mくらいのところに5-6匹のスティングレーがいます。
こうして上からスティングレーがすいすい泳ぐシーンを見られるのも面白いです。人の影をみると上昇してきて寄ってきます。
2箇所めのポイントは島の北部のリーフ(大きなさんご礁)。ドポーンと海に入ってリーフをぬって泳ぎます。エンジェルフィッシュや青、赤、黄色、緑いろんな色の美しい魚が沢山見られました。
ツアーも終わり船で帰り道、ランチを食べました。潮風を浴びながらのチキン、トマトパスタ、サラダ、パン、デザートいいです。
 
夜はWestin前のYoshという日本料理屋でコースメニューを頼みました。日本人のシェフの方がおり、朝食が美味しいならびのEats Cafeと同じ系列です。天ぷら、スシ、などなど一通りのものが出てきて満足のいくないようでした。一点、言えば米がちょっと…でした。タイ米なんですよね。これは…

9/3 (日) スティングレイ シティー

晴れ
朝はホテル前のEATS CAFEというカフェで朝食。サニーサイドアップ、ベーコン、ホールグレインのトースト2枚、グレープフルーツジュース、コーヒーでCI$7.5位。
 
ここケイマンはイギリス領でして、ケイマンダラー(CI$)という通貨を使用しています。1 CI$ = 1.25 US$又は1 US$ = 0.8 CI$です。島は車で半日もあれば1周できる小さなサンゴ礁でできた島です。カリブの数ある島の中でもこの島は海の美しさと熱帯魚の多さで一番のダイビングまたはスノーケリングスポットとして世界的に有名な場所です。また、スティングレイシティーというスポットでは、スティングレイ(体長1m位のエイ)が水深1mくらいのサンゴの砂地に沢山住み着いており、エイと戯れて遊ぶことが出来るという世界的にも珍しい体験ができる場所でも有名です。
 
今日は午後からスティングレーシティー(サンドバー)へのスノーケリングツアーが取れました。CI$39-。ホテル前のツアーショップからバスに乗り込み、ハーバーへ。ハーバーから小型ボートに乗り、まずは最初のスポット、島の北部に位置するサンゴ礁へ。美しい、赤や黄色、それに鮮やかな青の魚が沢山います。これだけでも来た甲斐ありと思いました。2つ目のスポットへ移動。ここではサメが見られます。恐る恐る海へジャポン。おとなしいサメで、シュノーケルツアー会社のダイバーの人がが餌をやるのを至近距離で泳ぎながら見るというものでした。なかなか迫力。サメを至近距離に見ながら泳ぐのも貴重な体験です。
3つ目のポイントへ移動。ここがスティングレーシティー・サンドポイントと言われる場所です。水深は1.2-1.8mほど。この島はどこも透明度が驚くほどいいので、どこへ行ってもクリアーです。船から下りると体長70cm幅70cmほどのスティングレーがいるわいるわ。人なれしているのでどんど寄ってきます。こんな経験ができるのはここだけですん。エイをガイドの人が持ち上げて触らせてくれました。エイを持つ経験なんてできるとは。
楽しいスノーケリングツアーも終わりホテルへ戻りました。このツアー撮影クルーが一人付いてきていて、後でツアーの様子をdvdで販売してくれます。(US$60-)。高いようなきがしますが、購入しました。でも購入して大正解。海中カメラを一応、今回持っていったのでが、やはりプロの取るDVDは素晴らしいです。海中の様子がとても綺麗に美しく取れていました。また自分が泳いでいる映像もなかなか見れないものです。
夕方は、ホテルから徒歩10-15分ほど南にあるいたショッピングセンターのチャイニーズで夕食。

グランド・ケイマン

9/2(土)
シアトル⇒ヒューストン経由⇒グランドケイマン
朝6時のフライトに乗る為に、起床は明け方午前2時半前。慌てて水着やらバケーショングッヅを詰め込んで、3時50分アパート前のタクシーに飛び乗り、SeaTac空港へ。Continental航空がファーストクラスに無料アップグレードしてくれましたので、大きめのシートでゆったりのフライトです。ここから7時間19分のフライトです。ヒューストンまでのフライトは朝食付き、オムレツをチョイスしていただき、グランドケイマンまでのフライトではフルランチ付。
 
CO223 F SEAHOU 02SEP 0620 1232
CO592 F IAHGCM 02SEP 0105 0412
 
ヒューストン空港は初めて来ましたが、結構大きい、いわゆる大都市の空港です。シアトルからくるといかにシアトルが小さな町であるかを感じます。ここはコンチネンタル航空のハブ(基幹)空港で、飛行機はどこもかしこもコンチネンタル。接続時間が30分ですので空港内のゲートを慌てて移動してグランドケイマン行きに搭乗しました。
 
グランドケイマンはアメリカで言えばイースタンタイムに相当するのですが、サマータイムを採用していないためにシアトルとの時差は+2時間です。飛行機が到着したのは夕方4時過ぎ。予約していたTropicana Toursのバンにのり宿泊ホテルのWestinへ。7マイルビーチ沿いのこのホテルでこれから9/10(日)までスノーケリング三昧の日々です。朝、3時起きがたたって、ホテルにつくなり爆睡でした。