金曜日 高カロリーランチボックスと大金持ち向けゴルフ場

晴れ
 
金曜日はやはり嬉しいです。適当に仕事をこなしてさっさと帰ることに。
とりあえず、会社について、昼は会社近くのスポーツクラブでゆっくりと1700メートルほど泳ぎました。
午後は軽いミーティングが一本。以上です。
会社の別の会議のランチボックスのベジラップが余ったというのでもって帰り夕食代りにしました。
このベジラップ、ベジタリアン向けのモノですが、ランチボックスに二個入っています。一見、健康的にローカロリーっぽいですよね。
一個、290キロカロリー也。ですので2つで580キロカロリー、それにこのランチボックス、チップスがはいっています。(140キロ)
ご丁寧にチョコチップスのクッキー、それにフルーツ(メロン、パイナップル、ブドウ)、そして水のボトルです。こんなもんを昼から食べたら完全アウチですね。フルーツは少量の詰め合わせなのでいいのですが、チョコチップスは恐らく200キロカロリー以上ですしょう。全部食べたら、1000キロカロリーコースですね。糖尿病まっしぐら。会社はよくもこんなものを社員に食べさせますよね。これでもベジじゃない肉バージョンを食べた人もいるわけですから、それは恐ろしいです。
 
夜は用事があってシアトルの北、ショーラインにある大きなゴルフ場のプライベートハウスまで車で行きました。ゴルフ場に入ってからが敷地が広大で、道路沿いに個人の大きな邸宅がゆったり建っています。昔、分譲されたのですしょうが、これは大金持ちのクラブ的なゴルフ場ですね。ハワイ島などによく、こういったプライベートなゴルフ場つき分譲宅地があり、敷地だけで一区画1億円以上で販売されていますが、シアトルにこういうのがあるとは知りませんでした。ダウンタウンからゴルフ場の門までが、20分。門から邸宅まで10分。
広告

色々あります。

曇り時々大雨
 
ここにきて、シアトルは東京のような雨が降ります。シアトルの雨は小雨で傘をささなくても大丈夫というのが多いのですが、今週はザーっときます。それでもある一定の時間帯だけですけど。今週もなんだかんだで結構忙しく仕事をしています。月曜日は会社の近くのスポーツクラブで昼休みに1500メートル泳いできました。しかし、昨日、今日はそんな時間もなく、あまり意味のない会議に付き合わされていました。会社を出るのも(私にとっては極めて遅い19時過ぎ。)勘弁してほしいです。明日もくだらない会議が午後あってそれに付き合うのも憂鬱です。
 
意味のある会議とない会議、日本でもよくありましたが、ここでもあります。残念ながら。
 
株価が少し上向いてきました。オバマ政権発足以来、どうも失望売りが続いていましたので、ここで一回は株が上がってほしいです。

ブランチ

曇りのち小雨
 
ぱっとしない天気の日曜日です。今朝は、ブランチを食べに家の周りをウロウロしました。
最初はつい先日オープンしたOlive 8に行ってみました。ここは高層コンドで低層階はHyattで高層階はコンドです。
一階のHyattのレストランのメニューをのぞいてみましたが、価格競争力に問題があり、結局辞めました。なんといっても日曜のこの時間にお客が2組しかいないという寒々しい雰囲気もちょとでした。
Pike PlaceのCafe Campagneでキッシュとコーヒーのブランチになりました。ここは何度か行ったことがありハズレはないです。キッシュも期待通りの美味しさ。
 
夕方はワシントン大学のプールで泳ぎ、帰りはWhole Foodsで買い物。シャンプー、シャワージェル、それにストロベリー、ブルーベリー、今週のトーストを買いました。私が買うトーストのパンはちょっと割高なのですが、小麦を使わず、またイースト菌なども一切使わない、穀物パン(グレインブレッド)でファイバー等が豊富です。なかなかこれ美味いです。
夕食はヒラメの卵付きの煮つけでした。卵付きはやはり、美味かったです。

ノースウエスト航空の乱気流事故

 
 
 
晴れ
今日もいい天気でした。昼前にノードストローム前のスターバックスでコーヒーを飲んで、車でグリーンレイクへ。
気持ちのいい日差しの中、一周しました。その後は宇和島屋へ行き、買い物をしてビデオを借りてきました。
プロフェッショナル仕事の流儀、それに相棒の劇場版を借りましたが、前者は間違って古いのを借りてしまい、夕方取替えに行ってきました。「相棒」は日本で高視聴率の長寿番組らしいのですが、私が見始めたのはアメリカに来てからです。でも、確かにいいドラマだと思います。水谷豊がいい味出しています。
 
今日は、マニラ発成田行きのノースウエスト航空機(B744)が銚子沖で旋回中に乱気流に巻き込まれてけが人が多数出たのにも関わらず、対応が極めて不誠実であったというニュースが新聞各紙にでていました。マスコミ報道だけを信じるとすれば、企業の隠蔽体質を感じます。特に、清掃をさっさとすませて捜査権の及ばない国外に飛行機を出そうとしたのであれば、かなり酷い話ではないかと思います。シアトル-東京間はNWとUAの2社の独占で、かつてはNWはふるいジャンボ機を飛ばしておりUAは最新の777を飛ばしていました。ですので、快適な777のUAに行っていたのですが、数年前にNWはA330というエアバスの新機材に更新しました。それ以来、NWに毎年、Gold会員で乗っています。余り、こういうのが目に付くようですよ、UAに乗り換えるかもしれないです。ただ、シアトルを拠点としているとマイレージのパートナー航空会社がUAは乏しく、デメリットがかなり大きいのも事実です。NWが加盟しているSKY Teamはアラスカ航空を始めシアトル拠点のフライトを広くカバーしています。
 

機長、管制に緊急伝えず…ノースウエスト機乱気流事故

千葉県外房沖上空で20日正午前、マニラ発成田行きノースウエスト航空2便(ボーイング747―400型機、乗客408人・乗員14人)が乱気流に遭遇し、乗客らが負傷した事故で、同機の機長らは乱気流で負傷者が出たことを知りながら、緊急事態として管制官に伝えていなかったことがわかった。 運輸安全委員会は航空事故調査官3人を成田空港に派遣。機長らの対応に問題がなかったか詳しく調べる。 成田市消防本部などによると、この事故で、フィリピン人や米国人の乗客ら43人が天井に頭をぶつけるなどして負傷。フィリピン人男性(68)が頸椎(けいつい)を骨折、同国人女性(60)は頸椎を損傷した。同航空によると、同機には日本人乗客が43人いたが、同市消防本部では日本人の負傷者は確認されていない。 国土交通省などによると、同空港では事故の直前、風向きが変わったとして着陸の進入方向を急きょ変更。このため同空港の管制官は午前11時53分、同機に上空での待機を指示。これを受けて同機は、空港の南約70キロ・メートル、高度約4600メートルの洋上を旋回しながら、着陸許可を待っていた。 同機が乱気流に遭ったのは、同59分に待機指示が解除されるまでの間とみられる。乗客らによると、シートベルトの着用サインの点灯直後に機体が大きく揺れたといい、けが人の多くは着用が間に合わずに座席から投げ出されたとみられる。 機長は乱気流遭遇後に緊急事態を伝えていなかったため、管制官は同機を緊急着陸させるなどの措置を講じなかった。また、同市消防本部によると、同航空側からは「頭を打って痛がっている乗客が1人いる」とだけ通報があり、救急車を1台出動させただけだった。隊員が機内を確認して初めて、けが人が多数いることを知ったという。 同航空によると、事故機の機長は着陸後、乱気流に遭遇したと同航空に報告していた。機長が管制官に乱気流で負傷者が出たことを伝えなかったことについて、同航空は「機長はけが人を数人程度と認識し、会社スタッフが車いすで運べば済むと考えたため」と説明している。 国交省成田空港事務所は「機長から緊急事態を伝えられていれば、救急車などの受け入れ態勢も後手にならずに済んだ」としている。 成田航空地方気象台によると、周辺は寒冷前線の通過で積乱雲が連なり、乱気流が発生しやすかった。当時、成田空港の管制官は、事故機を含む5機を周辺の上空で待機させていたが、ほかの4機からは乱気流の情報はなかったという。 日本航空はこの日午前10時頃、日本周辺では荒天のため機体の揺れが大きくなると予想し、日本を発着する全航空機に早めにシートベルトサインを点灯させるよう指示していた。 米国人の20歳代男性は「機長が成田の天気や高度のアナウンスをしていた時、突然、機体が大きく縦に揺れ、座っていた人や通路を歩いていた人が天井に頭をぶつけた」と証言。揺れは15秒ほど続き、機内は騒然となったという。 男性は「あちこちで悲鳴が上がり、血を流している人や、『ドクターはいないか』と助けを求める声が聞こえた」と興奮した口調だった。 別の米国人の男性(62)は「着陸態勢に入って間もなく、機体が一気に降下し、前に座っていた女性2人が浮き上がり、1人が天井に頭をぶつけた」と話した。 (2009年2月21日03時09分  読売新聞)

乱気流事故機、調査前に清掃 NW社の対応に疑問の声
マニラ発成田行きのノースウエスト(NW)航空機が20日、千葉県銚子沖で乱気流に巻き込まれ、乗員・乗客43人がけがをした事故で、NW機が着陸した後、業者が機内を清掃していたことが分かった。現場保存の観点から、NW社の対応を疑問視する声があがっている。 NW社によると、清掃は着陸から約2時間後の午後2時38分~午後3時24分に行われた。この影響で、航空事故調査官が調査に入った際には事故直後の様子は分からなくなっていた可能性がある。 国土交通省航空局によると、NW社の一部現場作業員は当初、事故機をそのまま出発させようとしていたという。同局幹部は「外国の航空会社には日本での厳しい調査や捜査を嫌い、すぐに機体や乗員を出国させることがある。出国されたら十分な調査ができないため、米国当局にも事情を説明して引き留めた」と話している。 ある元航空事故調査官は「航空会社には、再発防止のための事故調査に協力する責任がある。現場保存に努めるのは当然で、被害状況を不明確にする行為はあってはならない」と話している。 一方、NW社は「まだ事故と認定されていなかったので、(業者に)清掃中止は求めなかった」という。 (2009年2月22日3時1分 朝日新聞)

いい気候でも、景気は真冬ですね。

晴れ
 
まだまだ、肌寒いですが2月も中盤、シアトルも晴れの日が随分と多くだんだんいい気候になってきました。
どうも花粉が少し飛んでいるようで、花粉症にはやや厳しい季節です。
 
今は土曜日の朝、窓の外はスペースニードル、クイーンアンの丘、それに雪をかぶったオリンピック山脈が青空の下に見えます。
 
アメリカの株価は昨日、11月の大底をさらに2日連続で割り込み、まだまだ闇の中になってしまい景気の先行きも不透明です。前回アメリカのシカゴ近郊に住んでいた頃は、アメリカはITバブルそしてアメリカ金融工学のグローバリゼーションの初期で景気は上り調子。誰もがインターネット、IT産業そしてドットコム新興企業の成功そして、金融工学によるアメリカの金融機関が世界を席巻するのを疑いもしない時期でした。今はいわゆるSecuritizationの行き過ぎの崩壊やそれに伴う各種信用不安という副作用で、バブルがはじけ一気に景気が冷え込んでいます。
 
日本では日経新聞などをみると、アメリカの強欲主義や金融工学が悪者で、それによって日本はとんでもない被害を受けていて..あの国はそもそも詐欺国家だ..という議論がまことしやかに(自称)評論家がテレビや新聞で述べていますが、私はこうした評論家先生の言われていることには同意できません。バブルであったことには同意できますが、どちらかといえばこうです。アメリカの金融は日本を含む他の先進国の5年先を行っていました。(行っています。)基本的にはアメリカに資金は無尽蔵にあるわけではありませんので、アメリカという国は世界の資金を借り受けて自国の技術を駆使しました。他の先進国は、そもそもアメリカ金融技術に全く追いついていないわけですから、「何だか良くわからないけど、アメリカぼろ儲けsているみたじゃない?ちょっと金投資してオコボレ授かろうか?」ということだったと思います。ですので、中身はよくわからないけど投資して損害を受けた人は、詐欺師呼ばわりしているわけです。アメリカに金融商品は基本的にハイリスク・ハイリターンを目指しています。(これは金融のいろは、の概念ですけど。)ハイリターンの文字ばかりに目がいって、ハイリスクのところを疑わなくなった人がバブルを作って言ったと言えます。中身が良くわからなくて投資した人も、バブル組成の同じ仲間です。

引き続き会社

晴れ
 
家の近くに会社の施設があり、そこから会社行きのシャトルバンが走っています。今日はバスではなく、試しにこの会社のシャトルバンに乗って通勤してみました。途中、一切停留所がないので、快適ですが本数が30分一本なので発着所の前のスターバックスでコーヒーを飲みながら待ちました。
まあ、時間さえ合えば快適ですね。会社までの所要時間、約30分。
 
昼間は仕事で昼休みは会社近くのスポーツクラブで40分泳ぎました。気分は爽快です。
 
結局、中国との電話会議が夕方にあったので、会社を出たのは19時前。ちょっと働きすぎかな、なんて?

ゆっくりー

霧のち快晴
 
朝方は霧でどんよりしていましたが、午後は一気に快晴。
朝方、シアトル日本領事館に書類の申請に行ってきました。
戸籍の英訳証明だけなのですが、パスポートを見せろだの在留資格(グリーンカード)を見せろだのグチャグチャ言ってきます。
「アメリカの運転免許証では駄目ですか?」と言いましたが、駄目なようです。たまたまグリーンカードのコピーをもっていたので、在留資格はクリアーしましたが、パスポートのコピーはFAXしなくてはなりません。
 
基本的には、領事館にやってくる日本人を疑いの目で見ているようです。どういうことかと言えば、「アメリカ国籍を保持していて、重国籍ではないか?」という疑いです。ですので、在留資格をうるさく見ていて、今回は書類の英訳証明だけなので、コピーでいいのですが、これがパスポートの更新申請だったりした場合には、在留資格の現物を見せろというのでしょう。ほとんどの方はパスポートを見せると、その中にアメリカの非移民ビザがあるので、それを密かに見て在留資格を確認しているようですが、ビザが失効していたりすると、グリーンカードを見せろというのでしょう。グリーンカードを見せられないと、その瞬間に犯罪者扱いだと想像します。つまり、重国籍扱い国籍法違反者扱いということです。
 
領事館を後にし、会社へ。会議を二本付き合って、ワシントン大学のプールへ。午後はシアトルオフィスで働いて帰宅しました。昼間、外出すると雲ひとつない快晴で、素晴らしい天候の一日でした。会社さえなければ…..