またもや、スターアライアンスのエアバス機が重大事故

ルフトハンザ ジャーマンエア、エアカナダ、アシアナ航空、そしてトルコ航空

この数ヶ月での重大事故。全てスターアライアンスのエアバス機


ターキッシュ・エアのA320、右エンジンとギア不具合でハードランディング

ターキッシュ・エアラインズのミラノ発イスタンブール着TK1878便が2015年4月25日、アタテュルク国際空港着陸時に、主翼や右エンジンに大きな損傷が発生しました。これは機体記号(レジ)「TC-JPE」のA320で、1度目は滑走路05に着陸を試みましたが、着陸復行の操作を行い、3800フィートに上昇しました。その際に、右エンジンから火を吹き、主翼の一部が破損する事態となりました。

このため、機長はエンジン停止で緊急事態を宣言し、ランディングギアでも不具合の表示が出たため、その報告が行われました。再度の着陸は滑走路35で、右側のギアが何らかの理由により破損し、着陸時には2番エンジン、主翼が滑走路に接地し、火を吹く状態で着陸しました。滑走後に180度横になり停止し、同時に消防車が「TC-JPE」に駆け寄り、消火活動が行われました。

ターキッシュ・エアラインズによるとこの便には97名の乗客が搭乗しており、客室乗務員が搭乗客を避難させ、けが人などは発生しませんでした。このうち57名はイスタンブールが目的地、その他40名は最終目的地に向けて乗継ぎを行ったとしています。

この着陸により、アタテュルク国際空港の滑走路35は一時閉鎖されましたが、すでに再開されています。これによりターキッシュ・エアラインズの運航便では、100便超に欠航や運航遅れなどの影響が発生しました。

なお、「TC-JPE」は格納庫に曳航され、航空当局による事故調査などが行われます。
ターキッシュ・エアラインズはこの調査に全面的に協力していくとしています。

広告

スターアライアンスの危険な航空会社たち

スターアライアンスのアシアナ航空のエアバス機A320が広島空港の誘導灯を破壊してしまった為に、約8ヶ月に渡って視界の悪い日は広島空港は全面的に発着不可能となりそうです。本日も全便欠航でした。

アシアナ航空は初歩的な操縦ミスでサンフランシスコでも同様の事故を起こしており、この時は数百人の死傷者を出したばかりです。

スターアライアンスのルフトハンザのジャーマンウイングスのエアバス機の墜落事故。全員死亡。

同じくスターアライアンスのタイ航空の安全性に問題ありとの警告。ICAOによる警告です。

スターアライアンスのエアカナダのA320の着陸失敗、死傷事故。

ユナイテッドも古い機材を騙し騙し使っている状況。全日空も危ういですね。

過去ほんの数ヶ月の事故が全てスターアライアンスの航空会社。怖いですね。

サービスが最悪な航空会社ランキング アメリカ編

今年もサービスが最悪な航空会社のランキングが発表されましたね。

最悪な順番で、顧客数1万人につき苦情の件数が多い順に

1. Frontier

この会社の酷さは有名ですね。人間を貨物として運んでいるだけ

2. United

最悪度で2位 常連のユナイテッド。つい最近、ビジネスクラスに乗りましたが、食べられないほど日本発の和食は不味い。座席も777で2-4-2のエコノミーかと思うような狭く古い座席。

機材も20年以上古い

3. American

4. Envoy

5. Jet Blue

6. Virgin America

7. Express Jet

8. Hawaiian

9. Sky West

10. Delta

11. Southwest

12. Alaska

死にたくなかったら、乗ってはいけない航空会社と機材メーカー

韓国の航空会社  大韓航空 アシアナ航空など

中国の航空会社   中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、海南航空など

インドネシアの航空会社  ガルーダインドネシア

東南アジアの航空会社  フイリピン タイ ネパール ミャンマー など

エアバス機   この数ヶ月の死傷事故は、A320を中心としたエアバス機  エアアジア、ジャーマンウイング/ルフトハンザ、アシアナ航空、エアカナダなど


専門家「人為的ミスが争点」 度重なる事故、アシアナ航空側の安全姿勢に疑問


 広島空港のソウル発アシアナ航空162便エアバスA320型機による事故で、なぜ同機は着陸に失敗したのか。国土交通省などによると、事故機は、滑走路の大きく手前から異常な低空姿勢を取っていたという。急な霧の発生による視界不良が指摘され、専門家は「人為的なミスが大きな争点になる」とする。ただ、アシアナ航空(韓国)は度重なる事故を起こしており、安全に対する意識にも問題があるとみている。

 事故機は、滑走路のはるか手前、約320メートルの位置にある無線アンテナに接触した。アンテナの高さは約6・4メートル。国交省によると、この距離では、通常はアンテナより30メートル程度の高度を取っているという。

 国交省によると、着陸の5分前に管制官が着陸許可を出した際は、問題はなかったが、徐々に、視界が悪くなっていたという。国交省は、1600メートル先まで見通せるのが着陸許可の最低基準だとする。 

 ただ、最終的な着陸の判断は、操縦士に任されるとされており、航空評論家の青木謙知さんは「詳しい調査を待たなければならないが、気象が悪ければ、着陸をやり直す選択肢もあったはずだ」と疑問を呈する。

 事故機は、アンテナに接触した後、滑走路を大きく外れ旋回。180度回転する形で停止したが、少し先は斜面で、大惨事につながる恐れにあった。広島空港事務所によると、滑走路には深さ約2センチ、幅約2センチの傷が約1キロにわたって残っていたという。青木さんは「大きく損傷はしたが、火災が発生しなかったことが被害を抑えられた要因だ」とみている。

 アシアナ航空は、平成21年、関西国際空港で着陸に際し、機体後部を滑走路に接触させる事故を起こしている。23年には、韓国の済州島沖で貨物機が墜落し乗員2人が死亡。25年には、米サンフランシスコ国際空港で着陸時に護岸に接触させるなどした炎上事故も起こした。この際は、米運輸安全委員会(NTSB)は機長らの操縦ミスなどが原因とする調査結果を示している。

 ただ、このNTSBの決定には韓国側が抗議。青木氏は「抗議は事故で反省点を見出し次につなげようとする意識に欠ける行為にみえる。このような姿勢も事故多発の背景にあるようにも思える」と話している。

明暗分けた1-3月の受注実績 Boeing vs. Airbus

 ボーイングは現地時間4月3日(日本時間4日)、2015年1-3月期(第1四半期)の民間機の引き渡しが前年同期比23機(14.3%)増の184機、受注は159機(57.8%)減の116機だったと発表した。

 機種別で見ると、引き渡しは737が121機(前年同期は115機)、747が4機(4機)、767が5機(0機)、777が24機(24機)、787が30機(18機)だった。このうち、日本の航空会社への引き渡しは、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が3月に737-800と777-300ERを1機ずつの2機、日本航空(JAL/JL、9201)が787-8を2機の計4機だった。

 787のうち、長胴型の787-9はユナイテッド航空(UAL/UA)へ3機、ヴァージン アトランティック航空(VIR/VS)へ2機、スクート(SCO/TZ)へ2機、オランダの航空機リース会社、エアキャップへ2機、エティハド航空(ETD/EY)へ1機の計10機が引き渡された。

 受注は737が71機(前年同期は269機)、747が3機(1機)、767が0機(0機)、777が7機(4機)、787が35機(1機)だった。日本の航空会社では、ANAホールディングスが1月に737-800を5機、3月に787-10を3機正式発注した。787のうち30機は、匿名顧客による787-9の発注だった。

—————————————–

エアバスの鳴り物入りのA350 A380 は一機も売れず A350はこの程度

エアバスの2015年3月の引き渡しは52機(前年同月58機)、受注は84機(40機)となった。A380はエミレーツ航空(UAE/EK)とルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)に1機ずつ引き渡した。

 引き渡しの内訳は、A320シリーズが42機(前年同月45機)、A330シリーズが7機(9機)、A350シリーズが1機(0機)、A380が2機(4機)だった。A350はカタール航空(QTR/QR)に引き渡した。


—————————

 エアバスの2015年1-3月期(第1四半期)の引き渡しは前年同期比7機(4.96%)減の134機、受注は57機(36.08%)減の101機だった。競合のボーイングは、引き渡しが184機、受注が116機だった

A380はエミレーツ航空など3社に計4機引き渡した=13年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 機種別で見ると、引き渡しはA320シリーズが109機(前年同期111機)、A330シリーズが20機(24機)、A350シリーズが1機(0機)、A380が4機(6機)だった。

 A380はエミレーツ航空(UAE/EK)へ2機、ブリティッシュ・エアウェイズ(BAW/BA)とルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)に1機ずつ引き渡した。A350 XWBは、カタール航空(QTR/QR)へ1機引き渡した。

 受注はA320シリーズが67機(前年同期98機)、A330シリーズが34機(28機)、A350シリーズが0機(12機)、A380が0機(20機)だった。

15年1-3月期 納入と受注(括弧内は前年同期の実績)

納入
A320 109(111)
A330  20(24)
A350   1(0)
A380   4(6)
合計 134(141)

 

受注
A320  67(98)
A330  34(28)
A350   0(12)
A380   0(20)
合計 101(158)


デルタ航空 羽田シアトル線の存続 認可される

デルタ航空が羽田シアトル線を90日に一度しか飛ばさないなど、姑息な手段で羽田空港の発着枠を維持してきました。

アメリカンとハワイアンがこれに抗議して、LA線とKona線を申請してUS運輸省が審査していましたが、デルタのシアトル線を存続で決着しました。


しかし、一週間に2回運航しないことがあれば即、発着枠の没収です。


The US Department of Transportation (DOT) said it will allow Delta Air Lines to retain rights to a Seattle-Tokyo Haneda slot pair, but warned it will reallocate the slot pair to American Airlines if Delta fails to operate the route daily year-round.

In a tentative ruling, DOT decided to keep the disputed slot pair with Delta instead of moving it to American or Hawaiian Airlines, which had both asked for the slot pair, arguing that Delta was squandering it by not operating it regularly over the winter. Delta is now required to operate the route daily and will automatically forfeit the route authority if it twice fails to operate the route in any seven-day period. “Any failure by Delta (absent DOT authorization) to perform Seattle-Haneda service on two days of any seven-day period would mean the immediate loss of Delta’s authority,” DOT said in a statement.

Haneda, which is popular with business passengers because of its close-in access to Tokyo, started accepting international flights in 2010. US airlines are allowed to operate four daily round-trip flights to/from Haneda. Delta operates Los Angeles-Haneda service, United Airlines operates San Francisco-Haneda service and Hawaiian Airlines operates Honolulu-Haneda flights. Delta also operates Seattle-Haneda service, but, according to DOT, the carrier operated the service “for approximately only one week every 90 days between October 2014 and late March 2015.”

In the tentative ruling, DOT stated, “On too many days this past winter season, Delta provided no Seattle-Haneda service whatsoever. Delta’s virtual abandonment of the route … severely undercut the public interest basis” for awarding Delta the authority in 2013.

American wanted to use the route to operate Los Angeles-Haneda Boeing 777-200 flights while Hawaiian wanted the authority to operate Kona-Haneda Airbus A330-200 flights. DOT said Delta has made a “recommitment to year-round daily service” on the Seattle-Haneda route, leading the department to determine “it was in the public interest to permit Delta to retain the Seattle-Haneda route.” But DOT added, “Any failure by Delta (absent DOT authorization) to operate any Seattle-Haneda flight, year-round, in either direction, would constitute a violation of its authority.”

DOT said it has selected American’s Los Angeles-Haneda service proposal “as a backup should Delta fail to meet its requirements in serving the Seattle market.” Delta said in a statement that it had resumed Seattle-Haneda service earlier this month “after a temporary seasonal suspension” and going forward will “operate year-round, nonstop flights” on the route.

DOT said it believes Delta can “be relied upon to provide the service it now promises” despite “past conduct.”

Hawaiian president and CEO Mark Dunkerley said in a statement that DOT’s decision was “tremendously disappointing,” adding, “Sadly, by dismissing Hawaiian’s proposed Kona route … DOT has once more failed to appreciate the geography of the 50th state.” Hawaiian said DOT had decided the Kona route would merely be “additive” to the existing Honolulu-Haneda route.

“Kona and Honolulu are separate markets, separate communities and indeed are located on separate islands,” Dunkerley said, adding that DOT’s decision also revealed “a long-held institutional bias” in favor of business travelers and against leisure/tourism-oriented travelers.

Objections to DOT’s tentative decision are due by April 6.