中国政府は相変わらずインチキ情報操作

上海で観光船が転覆事故を起こしましたが、中国政府は都合の悪い事実を隠蔽するまで、現場を外国メディアや遺族に公開しませんでした。都合の悪い事実を全て工作し隠蔽した後、公開。

全てが嘘で固めた悲しい国、中国。

その一方で、他人の領土の南沙諸島で軍事基地を埋め立てて、反発を浴びていますが、これも訳の分からない理屈をこねて続行。まるで、汚物のような国、中国と汚物のような中国政府。

小汚い国、中国。悲しいね。

こんな国の観光客は日本に来てほしくないから、ビザを発給する必要は全くなし。

【天安門車炎上事件】 ウイグル族学者の車に追突 公安関係者が脅迫

天安門事件をウイグル族のテロとして、でっちあげ報道をする中国政府。ウイグル族弾圧の口実の為の中国政府による自作自演のようです。どこまでも嘘で嘘を固める中国政府。インチキにも程があります。彼らの発表は100%虚偽です。

天安門前の車両突入事件後、海外メディアの取材に応じていた北京在住のウイグル族学者、イリハム・トフティ氏の運転する車に中国の公安関係者が2日、車で故意に追突し、海外メディアの取材を受けないよう脅迫した。イリハム氏が3日、明らかにした。

 イリハム氏の車には妻のほか、3歳と7歳の子供も乗っていたが、けがはなかったという。イリハム氏は海外メディアの取材に、突入事件を「テロ」と断定する中国当局に懐疑的な見解を示していた。

 イリハム氏の車は2日夕、自宅から出て間もなく追突された。公安関係者は追突後、イリハム氏が海外メディアの取材を受けたことを非難した上で「殺してやる」などと脅迫し、立ち去った。脅迫したのは、公安当局の「国保(国内安全保衛大隊)」と呼ばれる組織の関係者とみられる。

火曜日 曇り東京 読売ジャイアンツ負けた、嬉しいなぁ 中国政府のウイグル族弾圧と情報操作

今日はゆっくり会社で過ごし、チャリーンです。

20131029-114026.jpg
サンプラザで2000メートルスイム

夜は新宿伊勢丹に立ち寄り、魚沼産コシヒカリの新米、半額惣菜の寿司、フカヒレ焼売、シーフードサラダなどを買い込みました。長崎福砂屋

20131029-210726.jpg

楽天と読売の日本シリーズ第三戦、読売負けた。5-1嬉しい。

昨日の天安門での事件を受けて、中国政府が情報の操作とウイグル族への弾圧を始めました。人権無視、インド、フィリッピンの両隣侵攻、このゴミクズ国家の中国。

醜態民族 : 上海中心部の川に大量の豚死骸、5916匹

相変わらずの醜態民族ぶりです。心が腐っているのでしょう。

【上海=関泰晴】中国・上海市中心部を流れる黄浦江に大量の豚の死骸が流れ着いている。
上海市当局は12日、これまでに計5916匹を回収したと発表した。

 死骸が見つかった流域には飲料水の取水口があり、市当局が監視を強化している。死骸が浮かび始めたのは今月上旬。一部は上流域にある浙江省嘉興市で飼育されていたことが判明した。一部は豚の伝染病に感染していたが、上海市当局は「人には感染せず、水質に影響もない」と強調している。(2013年3月13日09時48分 読売新聞)