Backlog 11月から4月

11月

連休を利用してベルビューで2度すごしました。すっかり寒くなってしまいました。シアトルは11月12月が寒いですね。

12月

ほとんど東京で過ごしました。後半は箱根のハイアットに行き、温泉、そして夜は寿司を頂きました。最高の気分です。それから一泊2日で新幹線で京都に行ってきました。本当に記憶がないくらい久しぶりの京都。京都駅のグランビアに宿泊して、金閣寺や嵐山などを散策しました。四条の裏道にある素敵な日本食料理店でおいしい夕食を頂きました。思い出すだけでよだれがでそうです。ちょっと遊びすぎで大晦日は初詣には行かれませんでした。有楽町叙々苑、代々木田んぼ、神田きくかわ、西落合そば遊、新井薬師そば松扇

1月

下旬で休暇でベルビューで過ごしました。

2月

中旬に仕事でシアトル。金曜日の夜はBrian Culbertsonを見にJazz Alleyに行ってきました。本当に楽しかったです。

3月

祝日を利用してシアトルに3泊4日で行ってきました。千駄ヶ谷の東京体育館のプールが4月1日より1年間閉鎖になるそうです。ので、かなり集中して泳ぎました。日本の所得税の確定申告。痛い出費でした。

4月

アメリカの確定申告。グリーンカードホルダーは日本とアメリカの両方で確定申告です。新車が一台買えるくらいの税金を取られました。痛すぎる。

広告

さえない天気が続きます。

曇り、時々小雪または小雨
 
さえない天気が昨日から続きます。曇りで小雪または小雨が続きます。
 
株式相場もさえなくて、政府の銀行救済策が本日発表されることになり、昨日辺りまで銀行株が底値近くから急騰していました。
ところが、財務長官が、救済策の発表を行った東海岸時間11時を境に失望売りで大暴落、先行きがまたわからなくなってきました。
 
さすがに政府もこのまま終わったのでは面目丸つぶれでしょうけど、どうするんですかねぇ。恐らく、政府としても株価が上がると思って
発表した救済策なだけに、ダウが400ドル以上も暴落する事態は想定していなかったでしょうから。
 
今日はさすがに寒かったのでワシントン大学のプールには行かずに、宇和島屋経由で帰宅しました。ドラマの相棒とビートたけしのニュース7daysを見ながら、Uwajiで買ってきたギンダラやら、天ぷら、それにメンチカツなどの総菜で夕食。ちょっとカロリー取り過ぎでした。

グリーンカード

一日曇り
 
昨日は久しぶりの快晴でしたが、今日はシアトルらしい曇天です。
年末に東京に帰った時に、Enjoyした暖かく晴天の日々が既に懐かしくすら感じます。今回もビジネスクラスで往復しましたが、NWの食事が変わり映えしなく、また贅沢になったのでしょうか、椅子も硬くてあまりRelaxできませんでした。
 
今年の年末は、恒例によりまた箱根に二度も温泉に行って参りました。その時に宿泊した宿が予約が難しいと評判の有名な温泉宿。
箱根吟遊。素晴らしい宿でした。また、いつか帰国した時には宿泊してみたいと思いました。
 
今日、米国移民局のホームページで自分の申請書類の進行状況をチェックしていましたら、グリーンカードを作成中とのこと。
会社が6月の末日に申請を移民局に提出して、7か月ほどでグリーンカードが発行されるというスピード処理で驚いています。
まあ、会社が勝手にやっているだけのことで、私自身の生活に何の変化もありませんかけど。
強いていえば、以下のような変更があるということでしょうか。
1. 5年住めば米国国籍をとれる。(私は日本国籍で結構なので、そんなの関係ねえ。
2.米国入国時の、immigrationでI94(日本人旅行者は緑色のI94W、グリーンカード取得前の私の様に非移民ビザを持っている人は白色のカードを記入してパスポート一緒に入国審査官に出すやつですねぇ。)を書く必要がない。また、入国審査ブースで外国人用のブースではなく、アメリカ市民のブースに並ぶ。
3.米国内で転職が自由にできる。(うーん、まあ給料がっぽり上げてくれるんでしたらねぇ、悪い話ではないですね。
4. 日本に帰国時に、JRパスを購入できる。JRの全国乗り放題パスで格安だそうです。日本人は購入できないのですが、JRはグリーンカード保持者を外国人に分類しているらしく、買えます。でも、箱根に行くのはJRでなくロマンスカーだから、そんなの関係ねえ。
 
それはそうと、すっかりご無沙汰で何を書こうかな。そうそう去年の夏は、モンタナ州にあるグレーシャー国立公園でゆったり1週間過ごしました。シアトルからは寝台列車で一晩で着きます。(寝台列車は豪華とは言えませんが朝ご飯晩御飯つきで、シャワーまであって悪くはなかったです。)それから、ハワイのカウアイ島のPrinceville Resortというところで一週間でした。
 
まあ、この辺りの話はまた、次回書きます。今年は10月位から大恐慌になっており、飛行機代やホテル代が暴落していますので、会社を首になっていなければ、今度の夏はいいホテルに安く泊まれる絶好のチャンスかもしれませんね。