2012 US Tax Return グリーンカードホルダーは全世界所得が課税対象

US Tax Return 作業2日目。沢山、追徴課税濃厚です。
1040と外国税額控除の1116に仮計算の数字を入れました。Schedule DのCapital Lossがかなりあるのですが、3,000ドルを超える部分のロスは翌年以降にCarry Overだって。

朝から晩まで会社。サンプラザで2000mスイムwああ

——————————
Microsoftが旧バージョンのWindows XPのサポートを一方的に打ち切って、無理やり失敗作のWindows 8を買わせようとしていますが、この詐欺商法に乗ってはいけません。そのまま使えばいいだけです。もしパソコンを買い換えるのでしたら、Mac Book AirかMac Book Proがいいですよ。または、この際、タブレットのiPadか流行りのKindleなんていう手もあります。間違ってもーWindows 8を買っては駄目です。

WinXPサポート、1年後に終了 2589万台稼働中
 マイクロソフト(MS)の基本ソフト「ウィンドウズXP」に対するセキュリティー対策などのサポートが、1年後の2014年4月9日に打ち切られる。日本MSは最新の「ウィンドウズ8」への更新を勧めているが、昨年11月時点でなお2589万台のパソコンで使われているという。

確定申告

今年もアメリカ国税局IRSへの確定申告の締め切りが近づいてきました。毎年、3月には出そうとは思っているのですが、ぎりぎりになってしまいます。今年は追加で税金を払わなければならないので痛いです。

私の場合、グリーンカードを持っていますので、将来、東京に戻ったとしても、毎年、毎年、日本とアメリカの両方の国税局に確定申告をしなければなりません。ファイリングは自分でエクセルで計算してやっているんですが、まあ、何とかなるでしょう。確定申告を自分でするためにUSCPA取ったみたいなものですから。

アメリカの所得税

曇り
 
朝は、車でイーストレイクのグランド セントラル ベーカリーへ。ブレックファーストサンドウィッチとコーヒーの朝食。
そのまま、ワシントン大学へ行き、45分間で1600メートルゆっくり泳ぎました。その後はグリーンレイクへ行き、一周を焼く45分。
帰りに宇和島屋によって買い物をしてビデオの返却。家に到着です。
 
家に着いてからは、WBCの日本対アメリカ戦を見ながら、成田空港のFedex機の着陸失敗のニュースを見ていました。この事故、大変なことになりました。成田空港はA滑走路という長距離用のと B滑走路という短距離用のがあるのですが、飛行機が事故を起こし横転したのはこともあろうに、Aでした。これで長距離線は全便欠航ですね。航空会社の損害は一日で数億円から数十億円です。
横風の影響?それともMD-11の何かなんでしょうか?MD-11はコンピュータ制御の草分け的な航空機で、一時はJALやアメリカン、デルタなど大手航空会社がこぞって導入しました。ところが、原因不明の制御機能不調が問題となり、いろいろなトラブルをおこしました。エアバス機のコンユータ制御機もそんなのがありましたけど。それを嫌がって航空各社はFedexにみな売り払って、777に取り換えたんですね。今回、事故を起こしたのはデルタ航空から買い取ったMD11機でした。
 
WBCは乱打戦の末に日本が9-4でアメリカに勝ちましたね。決勝は因縁の韓国戦。どうなるんでしょうね?岩隈でしょうか、先発は?
 
昨日、アメリカの税金は簡単だ!なんて言いましたが、私のような外国人がアメリカと日本を行き来した場合は結構複雑です。居住者、非居住者、Dual Statusなど、いろいろでてきます。それから標準控除、項目別控除、ファイリングステータス、3年時効、固定資産税、ローン金利の控除、学費の控除制限、代替ミニマム税、人的控除の所得制限などなど。項目を一個一個見ていくと結構奥が深いんですねぇ。いろいろ研究をしていくうちに、大まかな自分のケースの戦略が立ちました。
 
下記のリンクは日本人の方が書かれているアメリカ所得税のホームページですが、大変役に立ちます。