Saturday Enjoying Bellevue Summer ジョンハウイで爆発

Still Summer

IMG_3544.JPG

IMG_3542.JPG
Brunch @ French Bakery Bellevue

唐辛子 クロワッサン

IMG_3539.JPG

IMG_3538.JPG

Locals
オレンジジュースと言えばColumbia Gorge
アイスクリームは、Ruby Jewel @ Portland OR
(この他にお薦めはLopez Island CreameryのWild Skagit Berry)
ブルーベリーは Skagit Sun @ Skagit Valley WA
(一番はベルビューのMercer Sloghです、勿論。でも、今年は収穫終了。)

IMG_3540.JPG

IMG_3541.JPG

夜は
Johnhowie SteakでFillet Mignon WagyuとTableside Ceaser。

窓側の席に座っていた4人のグループがデザートにBanana Fosterを注文。テーブルサイドで調理します。バナナにブラウンシュガーなどをまぶしたあとに、アルコールを投入、青い炎が上がる演出です。この炎が爆発して、天井にまで到達。一人の女性客のドレスに燃え移る騒ぎがありました。女性客が悲鳴をあげて、椅子から転げ落ち、ウエイターがナプキンなどで覆って消火しようとし、辺りは騒然となりました。

怖いですね。

グランドハイアット東京の前総支配人に逮捕状 客にわいせつ容疑 2014年9月2日21時04分

 高級ホテルのグランドハイアット東京(東京都港区)で、女性客に無理やりキスをしたなどとして、警視庁はホテルの総支配人だったスペイン国籍のアントニオ・アルバレズ容疑者(45)について、強制わいせつの疑いで1日に逮捕状を取った。同庁への取材でわかった。すでに退職し、出国したという。

 麻布署によると、アルバレズ容疑者は5月30日正午ごろ、業務中にホテル1階の多目的トイレ内で、20代の女性客に「君のことが好きだ」などと言ってキスし、自分の下半身を触らせようとした疑いがある。女性をトイレに案内した後、自らも中に入ったという。2人に面識はなかった。

 女性の知人が110番通報し発覚した。アルバレズ容疑者は任意の事情聴取に、「トイレに案内したが、何もしていない」と容疑を否認したという。ホテルの運営会社によると、アルバレズ容疑者は事件後、自宅待機していたが8月7日付で退職。運営会社は「お騒がせしたことをおわびしたい」としている。

【マレーシア機不明】 謎だらけ「なぜ西に?」 異変通報も故障の証拠もなく…ささやかれる機長自殺

 マレーシア航空機が行方不明となり27日で20日目。マレーシア当局は人工衛星情報などからインド洋南部に墜落したとの見方を示したものの、同海域での捜索は悪天候で難航、墜落を裏付ける証拠はまだ見つかっていない。なぜ同機は航路を西に変えたのか。なぜ救難信号を発信しなかったのか。乗客らが“異変”を携帯電話で知らせることができなかった理由は何か。謎は深まるばかりだ。

 クアラルンプールから北京に向かっていたマレーシア航空機370便(乗員・乗客239人)は現地時間の8日午前1時19分、マレーシアの管制へ「おやすみ」と交信した直後、位置情報などを交信する装置のひとつを何者かが遮断。突然、西へ旋回した。

 航空関係者によると、突然の航路変更は、火災や故障などの突発事案が起き、緊急着陸に迫られた際などに行われる。だが、不思議なのは同機が何の救難信号も発していない点だ。

 このため、ハイジャック説などが流れているが、ただ、ハイジャックされた場合でも、現代の航空機においては機長や副操縦士らがSOSを発信することは不可能ではないとされる 2001年の米中枢同時テロでは、ハイジャックされた航空機の乗客が異変を察知し、携帯電話で地上と連絡をとった。未明とはいえ、マレーシア機も低空でマレー半島上空を横切ったとみられている。乗客が通信を試みることも可能だったと推測されるが、マレーシア政府は、そうした情報はないとしている。

 英BBC放送は、同機が旋回後、高度4万5千フィートに急上昇した後、2万3千フィートに急降下した点を指摘。「機内に酸欠を起こして乗客を意識不明や死亡に至らせることは可能」との見方を紹介している。

 その場合、誰がそのような「曲芸飛行」を行ったのか。各国による身辺調査では、機長と副操縦士を除く乗員・乗客にパイロット経験者は見つかっていない。

 ロイター通信によると、ザハリエ機長(52)のクアラルンプール郊外の自宅からは、あらゆる特殊操縦が再現できる最新型のフライト・シミュレーターが見つかり、マレーシア当局が「捜査のカギ」とみている。消去されたパソコン内データの復元とともに、米連邦捜査局(FBI)も捜査に協力しているという。
 米紙「USA TODAY」(電子版)も26日、ザハリエ機長が「意図的に」航路を変更したとの見方をマレーシア司法当局高官が示したと報道。同高官は、故障やハイジャックを示す証拠がなく、操縦の経験が浅い副操縦士には意図的な航路変更が難しいことを根拠に挙げているという。

 米メディアは、航路変更が、同機のコンピューターに事前にプログラムされていた可能性が高いとも報じている。自動操縦であれば、たとえ操縦士不在でも燃料が尽きるまで航行を続けられる。このため、機長の「自殺説」も根強い。

 米航空安全財団が運営する航空安全ネットワークによると、乗員・乗客全217人が犠牲となった1999年のエジプト航空機の大西洋墜落など、操縦士の自殺が原因とみられる航空機事故は76年以降8件発生しているという。

 一方、中国人150人以上が不明機に乗っていた中国ではマレーシア側が発表する情報が少ないうえ、二転三転することにいら立ちを募らせている。乗客の家族らの怒りに後押しされる形で、中国当局はオーストラリアに支援を要請するなど独自に捜索する動きを見せており、軍艦など12隻、飛行機8機を南インド洋などに派遣しているという。

20140327-181220.jpg

デルタ航空、飛行中に翼の大型部品を吹っ飛ばして落下

20140317-215527.jpg

(CNN) — A Delta Air Lines plane lost a panel on one of its wings during a flight from Orlando to Atlanta on Sunday. It landed safely.
“Crew members aboard Flight 2412 reported an access panel had come off the plane’s wing while in flight,” said Delta spokesman Anthony Black.
Flight 2412, with 179 passengers and six crew members, landed without incident at Atlanta’s Hartsfield-Jackson International Airport.
Black called the incident “highly unusual” and said, “the problems with the wing did not affect the plane’s ability to fly or operable change in flight.”
Officials are inspecting the aircraft to determine a cause.
The plane was a Boeing 757, but Black did not know how old it was.

土曜日 晴れ マレーシア航空 B777-200消息断つ

20140308-111406.jpg
サンプラザで2000メートルスイム

マレーシア航空の777-200 クアラルンプール発北京行きが南シナ海で消息をたったとか?まだ情報が無いので想像ですが、(1) 経営不振のマレーシア航空機の整備不良、(2) エールフランスのA330型機がブラジルの大西洋で墜落したようの乱気流と雷などの予期せぬ気象条件。(3) 領土問題に起因すり中国戦闘機による撃墜。

マレーシア航空 巨額赤字 輸送力強化めざすべきか

 マレーシア航空がまたしても巨額赤字に陥った。今必要なのはリセットし再起を目指すことだ。

 マレーシア航空は11億7千万リンギ(約365億円)の純損失を発表して市場を驚かせた。2011年に記録した25億リンギには及ばないが、投資会社は同社の株を「売り」に格下げし、光が差すと期待していた投資家も投げ売りに転じた。

 アフマド・ジャウハリ最高経営責任者(CEO)が打ち出した輸送力増強と大幅なコスト削減という単純な戦略は、業績改善に十分な効果を生まなかった。

 昨年は乗客が前年比28.2%増えた。ただ最も重要な指標である有償で搭乗した顧客を運んだ距離を示す「有償旅客キロ」は13%下落。地域の競合各社の5~7%より下落幅が大きかった。

 同社の最大の問題は高コスト構造にある。その原因は燃料をがぶのみする大量の旧型機、生産性の低い社員、公正さを欠く調達契約などだ。

 ジャウハリ氏の就任当初の再建計画では、15年までに黒字化するはずだった。今では業績が好転する時期の見通しさえ立たず、いつ退任に追い込まれても不思議ではない状況だ。ただCEOの任務は道半ばだ。同氏はがた落ちした信頼を回復するために収益管理から販売まで幅広い専門家の「ドリームチーム」を結成した。

 今年の目標は単位コストの10%削減だ。即効性があるのは食事サービスの契約見直しや人員削減だが、これは難しい。旧式のボーイング737―400型機の一部を引退させ、燃料効率の良い同737―800型機に切り替える方針。同777型機のリース契約返上も模索している。

 同氏は航空機の有効利用で輸送力をさらに強化する意向だ。しかしオーストラリア路線など一部では増強した輸送力を消化しきれず、米国路線は実質的にシンガポール航空に譲渡している。国内外で競争が激化するなか、輸送力増強が本当に目指すべき道なのかは疑わしい。

20140308-215428.jpg

なんでしょうかね。小説みたいですが

死亡の内閣府職員、私的理由で帰国試みたか
日本テレビ系(NNN) 2月5日(水)22時17分配信
 福岡・北九州市の沖で遺体で見つかった内閣府職員について、複数の政府関係者は、職員のメールなどを調べた結果、この職員には公にできないプライベートな理由で帰国する必要があったのではないかとみていることがわかった。

 内閣府職員はアメリカに留学中で、通常のパスポートとは異なる「公用旅券」を使用しており、帰国するには許可が必要だった。このため、出入国審査でチェックされないよう、ボートを使って韓国から日本に戻ろうとした可能性があるものとみている。