マイクロソフト 追加レイオフ 7,800人 

One year after announcing a massive round of job cuts impacting 18,000 employees, Microsoft is wielding the axe again.
In a statement released Wednesday, Microsoft said it will slash up to 7,800 additional jobs. Most of the cuts are connected to the company’s phone business.
The company will also take an impairment charge of $7.6 billion related to its acquisition of Nokia’s handset business for more than $7 billion, along with a restructuring charge ranging between $750 million and $850 million.
“We are moving from a strategy to grow a standalone phone business to a strategy to grow and create a vibrant Windows ecosystem including our first-party device family,” said Microsoft CEO Satya Nadella in an email to employees Wednesday. “In the near-term, we’ll run a more effective and focused phone portfolio while retaining capability for long-term reinvention in mobility.”
Shares of Microsoft are up more than 1% at $44.73 in morning trading.
Details of the job cuts were first reported by The New York Times.
The cuts and charges will be complete by the end of Microsoft’s fiscal year, the company said.
The job cuts are tied to Microsoft’s big gamble to become a larger player in the smartphone market. Last year, it completed its acquisition of Nokia’s handset business after partnering on the Lumia line of smartphones running Microsoft’s Windows Phone operating system.
Microsoft’s deal to acquire Nokia’s handset business in 2013 — one of the last acts of outgoing CEO Steve Ballmer — has been a “head-scratcher” from the beginning, says FBR Capital Markets analyst Daniel Ives.
“Nadella inherited this headache,” says Ives. “This is Nadella, after a year and a half, (trying) to cut the cord as much as possible to the Nokia business.”
Mobile remains a core part of Microsoft’s strategy, but Ives notes the company will focus more on “the software piece around mobile rather than dedicating resources and employees toward hardware,” such as its line of Windows phones.
Last year, Microsoft CEO Satya Nadella revealed the company was cutting up to 18,000 jobs as part of a larger plan to streamline the organization. “My promise to you is that we will go through this process in the most thoughtful and transparent way possible,” said Nadella in a memo to employees when the layoffs were announced.
The additional cuts arrive as Microsoft prepares for one of its biggest product launches in recent years: Windows 10. The operating system that will work across PCs and mobile devices launches later this month.
It’s also the latest move by Nadella to shift the company’s focus toward key businesses, including cloud computing, Microsoft’s Office software suite and Windows 10. “They’re going through a major sea change at Microsoft in terms of restructuring and strategic focus,” says Ives.

広告

改革拒む伏魔殿マイクロソフト 次期CEOの「豪腕」頼み

「候補者を5人程度に絞った」「有力なのは2人」――。米マイクロソフトの後継CEO(最高経営責任者)選びが大詰めを迎え、米国では様々な予測が飛び交っている。現在のスティーブ・バルマーCEOが今年8月に「1年以内の退任」を表明し、早ければ年内、遅くとも来春までに後継者が決まる見通しだ。人選は霧の中だが、ひとつ断言できる。誰がCEOになってもいばらの道は続く、ということだ。

 今のマイクロソフトは、変化や改革を拒む抵抗勢力が巣くう「伏魔殿」である。誰がCEOになろうとも同社が抱える問題を解決するのは至難の業だろう。長年の成功体験の影で閉鎖的な文化が社内に染みついているからだ。同社の再浮上には、こうした空気を一掃できる次期CEOの豪腕に頼るしか

■時代の流れが読めないトップは退場に

 「(マイクロソフトの)CEOは38年の歴史上でわずか2人しかいない。スティーブ(バルマー)と私の2人が愛するマイクロソフトにふさわしい人を、ふさわしい時期に選ぶ」――。

 ビル・ゲイツ会長が涙で声を詰まらせた。11月19日にワシントン州レッドモンドの本社で開いた株主総会でのひとこまだ。ゲイツ会長は集まった株主に対し特別委員会で進めている新CEO選びについて説明したが、その姿は晴れ晴れしさとはほど遠く、会社を巡る状況と後継者選定の厳しさを物語っていた。

 2013年は米国を代表する企業のトップ交代が相次いだ。11月25日には米ウォルマート・ストアーズが国際部門トップだったダグ・マクミロン氏を新CEOに指名。10日には米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が次期CEOにメアリー・バーラ上席副社長を選んだばかりだ。

 トップの交代が続くのは偶然ではない。急激に進むIT(情報技術)化がすべての業種に地殻変動をもたらしている。新しい技術・市場のトレンドに乗り遅れた企業は、歴史の長短にかかわらず容赦なく大波にのみ込まれ、流れについていけないCEOは市場から退場を迫られている。

 「ウィンテル」と呼ばれた米インテルとマイクロソフトの2社もその不名誉な代表格だ。モバイルへの対応が遅れたことで存在感が急速に低下。インテルは5月にポール・オッテリーニCEOが退き、ブライアン・クルザニッチ氏に交代。マイクロソフトのバルマー氏退任も、この流れに続くものだ。

 米国の株式相場はバルマー氏の退任を好材料と受け止め、低迷を続けていたマイクロソフトの株価は発表後に大幅に上昇した。ウィンドウズとオフィスのソフトウエア・ライセンスという90年代に作られた一昔前のビジネスモデルから脱却できない原因が、バルマー氏の経営手法にあると見ていた投資家が多いためだ。

 しかし、CEOひとりが交代して流れが大きく変わるかというと、事はそう簡単ではない。市場独占にも近い成功を治めた企業に共通する宿痾(しゅくあ)をマイクロソフトも抱えている。

■見えてこない新ビジネスモデル

 第1の問題は新しいビジネスを発掘する力を失ってしまったことだ。次期CEOが取り組むべき最大のテーマは、スマートフォンやタブレットなどモバイル・デバイスが台頭しパソコン市場が縮小傾向にあるなか、新たな収益源を見いだすことだ。しかも、ソフトウエアライセンスに匹敵する規模に短期間で育てなければ、投資家や株式市場の信任は得られない。

 インターネット検索では米グーグルにまったく太刀打ちできず赤字を垂れ流している。モバイル分野に関しても、完成度の高いソフトウエアとハードウエアの組み合わせで利益率の高い市場を独占する米アップルと、Androidを無料で提供するグーグルに挟まれ迷走している。

マイクロソフトのCTO職を5年で離れたレイ・オジー氏
 起死回生の一手として、フィンランドのノキアからスマートフォン部隊を買収することで合意した。しかし、モバイル市場での存在感を維持するための苦肉の策であり、業界関係者の多くは「とき既に遅し」と考えている。そもそもアップルと真っ向から対抗する戦略がマイクロソフトにとって最適解とは考えにくい。

 唯一好調なのは、シェアポイントやオフィス365といった企業向けのクラウド・サービスだ。だが、このビジネスがソフトウエアライセンスをしのぐビジネスに成長するには、少なくともまだ数年はかかる。

■「外様」に強い拒否感

 第2の課題は、この十数年間にマイクロソフト内部で網の目のように張り巡らされた排他的で保守的な社員のネットワークを壊すことだ。

 あえて日本語にすれば「派閥」や「社内政治」となろうか。社外からは見えにくいが、これは非常に根が深く厄介な問題だ。あまりにも密接な人間関係が、外から来た新しいリーダーに拒絶反応を示し、既存のビジネスルールを変えるうえでの抵抗勢力として機能してきた。

 もちろん日本でいう「大ボス」をみこしで担ぎ上げるような派閥とは異なる。マイクロソフトには伝統的に技術面で優れたエンジニアが尊敬を集める風土がある。そこで新しい製品・サービスを作り上げ、ビジネスとして成功させた人が評価され昇進していく。

 能力と努力の相乗効果でプロモーションしていく社内システムは、米国企業の中では非常に優れた仕組みであろう。だた、同じ部門内で働く人々の間では極めて強い信頼関係が出来上がっているため、結果として「社内で成功して高い地位に昇った人が絶対的存在」「部門トップには誰も意見をいえない」という硬直的な文化を作ってしまった。

 ロータス・ノーツの生みの親である伝説のエンジニア、レイ・オジー氏もそうした独特のカルチャーにはじかれた1人だ。

 2005年、バルマー氏はオジー氏をマイクロソフトのCEO後継候補として迎え入れた。同氏はクラウドサービスの「ウィンドウズ・アジュール」の立ち上げなどを任されたが、社内の拒絶反応に遭い、全くリーダーシップを発揮することなく2010年10月に会社を去った。

 バルマー氏はオジー氏に、技術のトップである最高技術責任者(CTO)の肩書を与えた。だが、所詮は「外様」であり、社内で長年活躍してきたエンジニアたちの尊敬や信頼を勝ち取ることはできなかったのだ。

 閉鎖的な文化の代表格としてあえて名指しをするならば、ウィンドウズ7とウィンドウズ8の開発責任者を務めたスティーブン・シノフスキー氏だろう。

 そんなシノフスキー氏も、昨年のウィンドウズ8完成直後に、バルマー氏に追い出されている。皮肉なことに、バルマー氏自身も会社の閉鎖性を体現する1人と言ってもいい。

 こうした「文化」を引き継ぐ歴代の名エンジニアたちが、同社の中枢に数百人規模で居続けており、今も重要な役割を果たしている。CEOひとりが変わったくらいでは、まったく風通しがよくならないことは容易に想像できる。これこそが、マイクロソフト再生への最大の障害なのだ。

 IBMのように官僚的で政治力がモノをいう会社になってしまったのか――。ゲイツ氏がCEOの座を離れた際、彼の父親が一番に懸念したのは、歴代の優良企業が踏んだ轍(てつ)をなぞろうとしていることだった。それが今、現実になっている。

■社外から選ぶのが妥当だが……

 もちろんバルマー氏も手をこまぬいているわけではない。

米マイクロソフトの2013年7~9月期の製品部門別売上高と損益。( )内は前年同期。単位:億ドル
売上高 損益
ウィンドウズ部門 45.81(44.11) 22.42(28.18)
サーバー&ツール部門 50.52(45.53) 20.26(17.39)
オンライン・サービス部門 8.72(6.97) △3.21(△3.64)
ビジネス・アプリケーション部門 59.91(56.90)38.59(38.39)
エンターテインメント&デバイス部門 20.70(19.47) △0.15(0.21)

 退任発表の直前に、それまでの製品別の縦割りから、OS・デバイス・アプリケーション・クラウドという4分野のエンジニアリング部門と、これらの製品やサービスを横断するマーケティング部門や事業開発部門などで構成する形に大幅に組織を再編した。

 各部門内に個別に置いていたCFO(最高財務責任者)やCMO(最高マーケティング責任者)といった役職も廃止して独立採算制をやめ、製品別の収支を越えて最適な戦略が取れる体制に変えた。

 この新体制を指揮するCEOの候補としては、各新部門のトップの中から選ぶ内部昇格に加え、米フォード・モーターのCEOアラン・ムラーリー氏のような「再建請負人」を社外から招くことも検討しているようだ。

 教科書的にいえば、企業文化を根本から変えるには「バルマー氏の後継者は外部から連れて来るべきだ」というのが正解だろう。

 だが、外部から招いたCEOがマイクロソフト内部に根深く巣くう派閥の殻を打ち破るのは容易ではない。かといって、内部昇格でCEOを選んでは何も変わらない。まさに内憂外患の状況が人選を難しくしている。

 どんな企業であれ、ビジネスモデルと文化を根本から180度転換するのは簡単ではない。成果を得るまでには時間もかかるし、大きな痛みも伴う。次期CEOに求められる資質は幾つもあるだろうが、あえて一つをあげるならば、重責に耐え、改革をなし遂げられる「比類なき豪腕」だろう。取締役・株主も一定の形が見えてくるまでその人物を信頼し続ける忍耐力を持つしかない。

 パソコンを世界に普及させ、政府と独占禁止法を巡り激しく対立したほどの権勢を誇ったマイクロソフト。一時代を築いた会社を「ぶち壊す」のはそれほど大変な仕事なのだ。

アメリカのIT企業株価は過去一年どうだったか? 注目株

アメリカのIT企業の決算が続き、一喜一憂していますが一年前に株を買っていたらどうなっていたのでしょうか?
ナスダックの株価の上昇より良かったのか?下回っていたのか?

ナスダック Nasdaq
まずはマーケット全体は30%上昇しています。アメリカ経済そして景気回復は堅調です。

アマゾン AMZN
アマゾンは約60%株価が上がりました。利回り60%いいですね

アップル AAPL
-18% 値下がり銘柄です。短期的な高騰の調整局面でしょうか

Facebook FB
+125%値上がり。言わずとも勝ち組企業の代表格。IPOの後はしばらくもたつきましたが、Mobile Adに対応して一気に戻りました。将来が楽しみですね。

グーグル GOOG
グーグルは約50%の値上がりでした。底堅い成長はマーケットを凌ぐでしょう。Google GlassでInventoryを拡大、起きてる時間は広告見ろってか?

IBM
古典的な恐竜企業は-8%の値下がり。

リンクド イン LNKD
+125% Wow 次の一手が興味深い。

マイクロソフト MSFT
+25%値上がり 株の買い戻しをこんなにやってもマーケット(Nasdaqの値上がり)を下回るという。タイタニック号は破滅への道。時代の流れに乗り遅れた古典的な企業。

MS 新 CEO、Ford の CEO が最有力?

Microsoft 社の新 CEO 候補として Ford 社のアラン・ムラリー CEO が有力視されていると “内部事情に詳しい情報筋” が語ったと、All Things D が報じている。ムラリー氏は Ford の CEO に就任する前に Boeing 社商用機部門の社長兼 CEO を務めていた人物で、現在もシアトル地域に自宅を所有している。また、Microsoft 社の “Sync” が Ford 車に使われているという縁もある。苦境にあった Ford を立て直した手腕が高く評価されていることもあり、近年不調が取りざたされる Microsoft の復活にはうってつけの人材との見方もある。同氏は今月、Ford を離れることはないと明言していたが、情報筋によれば、ここ数週間で態度に変化が見られるという。All Things D によると、ほかにも Nokia 社のスティーブン・イーロップ CEO や、Microsoft 幹部のトニー・ベイツ氏らが有力候補だという。

マイクロソフト、ノキア買収の愚

(2013年9月4日 Forbes.com)

 スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)が12カ月以内に退任すると発表したおよそ1週間後、米マイクロソフトは72億ドル(約7190億円)を投じてフィンランドのノキアの携帯電話とタブレット(多機能携帯端末)事業を買収すると発表した。CEO交代でマイクロソフトが大きく変わるのでは、と期待した人々にとり、これは大きく膨らんだ風船に針を刺すようなニュースだった。
 パソコン販売が世界的に10%近い落ち込みを見せるなか、マイクロソフトの将来が危うくなっているのは誰の目にも明らかだ。途上国市場ではパソコンから携帯機器への移行が、米国以上の速度で進んでいる。しかもマイクロソフトは携帯市場ではひたすら負け続けてきた。市場参入が遅く、しかも製品には市場を一変させる力がなく、米国でのシェアはわずか3%にとどまっている。
■ウィンドウズ8で市場を変えようともがく

 厳しい現実にもかかわらず、マイクロソフトはノキア買収によって基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」を軸とする基本戦略に“倍賭け”し、社運を賭け続けることになった。

 マイクロソフト幹部からノキアCEOに転じたスティーブン・エロップ氏が、ウィンドウズ8支持の姿勢を明確にして以来、ノキアのシェアは40%から15%に縮小した。米HP、台湾の宏碁(エイサー)、米デルなどマイクロソフトのエコシステムを採用した企業でウィンドウズ8搭載機器の発売が遅れるなか、ノキアは「ウィンドウズフォン」というちっぽけな市場で90%のシェアを握る。このため今回の買収により、マイクロソフトは既に衰退しつつあるOS事業を守り、拡大していくために多額の投資をする責務を抱え込むことになる。

 バルマー氏率いるマイクロソフトが最もやりそうなことは、米アップルの「iOS」と米グーグルの「アンドロイド」というマーケットリーダーとの勝ち目のない戦いに、さらに多くの経営資源を注ぎ込むことだと私は今年1月の記事で予測した。スカイプへ85億ドル(約8489億円)、電子書籍端末「NOOK(ヌック)」へ4億ドル(約399億円)の投資に続き、今度は赤字のノキアに72億ドルを投じるという。3万2000人のノキア従業員が加われば、マイクロソフトの損失は確実に膨らみ続けるだろう。マイクロソフトは膨大な現金を抱えているとはいえ、このようなペースで使い続ければ、長くはもたないだろう。

■ノキア買収でもアップルになれない
 今回の買収により、マイクロソフトはアップルのようになるという見方もある。iPhone(アイフォーン)を擁するアップルのように、ハードウエアとソフトウエアを併せ持つことになるからだ。そこには近い将来、売上高も利益率もアップル並みに――という期待がある。

 だが残念ながら、何カ月も前に米モトローラを買収したグーグルの例からも、ハードウエア会社を買収さえすれば売上高と利益をアップルのように伸ばせるといった単純な話ではないことがわかっている。しかもアンドロイドフォンは、ウィンドウズフォンよりはるかに人気があるにもかかわらず、である。単にマイクロソフトとノキアを統合しても、ウィンドウズフォンの登場はあまりに遅く、しかもそれほど魅力がないという事実は変わらない。

■エロップ氏を次期CEOにするのは間違い
 ノキアを買収するのは、エロップ氏をバルマー氏の後釜に据えることで、マイクロソフトの後継者問題を解決するためであるという説もある。たしかにその可能性は高そうだが、そうだとすればスカウト費用としてあまりに割に合わない。エロップ氏をマイクロソフトCEOにする唯一の理由は経営手腕ではなく、過去にマイクロソフトに在籍していた経歴だけだ。だが経歴を見れば、エロップ氏をマイクロソフトCEOにするのは誤りであるという事実は明白である。
 2010年10月にエロップ氏がノキアCEOに就任した際、私はこの人事は失敗だと指摘した。エロップ氏はマイクロソフト寄りの戦略を採り、ノキアを「マイクロソフトの販売店化」するなど、めちゃくちゃにしてしまうだろう、と。それ以降、ノキアの売上高は落ち込み、利益は消えうせ、株主は反旗を翻すなど散々で、唯一の好ましいニュースがこの死にゆく会社をマイクロソフトに売却するという話題だけだった。これはCEOの実績として、すばらしいとは言い難い。

 現在のエロップ氏の職務は、ウィンドウズを搭載した携帯機器の販売を増やすことだ。マイクロソフトCEOになっても、それを自分の主な責務だと思い続ける可能性が高い。バルマー氏がまさにそうだ。

 両CEOともに市場が既に変化し、(アップル、グーグルの)マーケットリーダー2社はブランドイメージ、製品、クラウドサービス、アプリ、デベロッパー、パートナー、流通、市場シェア、売上高と利益など、あらゆる面ではるか先へ行ってしまったという事実を認識する能力が欠如しているようだ。いまやマイクロソフトが2社に追いつくのは不可能である。

■投資家らは戦略転換の必要性を認識

 買収が発表された直後、短期トレーダーがマイクロソフトの株価を押し下げたのは当然だ。バルマーCEOとマイクロソフトの取締役会が、まだ負け戦を続けようとしているのは明白だ。いまだに「ウィンドウズ」とワープロや表計算に使う「オフィス」事業で、過去の栄光を取り戻そうと懸命なのだ。市場アナリストの多くは今回の買収を、ウィンドウズ8に社運を賭けようとするバルマーCEOの最後の大勝負と見ている。だがこの勝負は、月を追うごとに旗色が悪くなっている。

 マイクロソフトは死んではいない。再生する能力がないわけでもない。だが取締役会が会社の方向性を抜本的に変え、ウィンドウズ8(およびその関連機器)への投資を増やすのではなく減らし、2020年にマイクロソフトが顧客にとってきわめて重要な会社になるためのビジョンを作らないかぎり、再生は見込めない。これまでのところ、打つ手はすべて間違っている。

Moving forward Aug. 23, 2013 マイクロソフト社内メール スティーブ バルマー 退任

Moving forward
Aug. 23, 2013
Text of an internal email from Microsoft chief executive officer Steve Ballmer to employees regarding his plan to retire.

I am writing to let you know that I will retire as CEO of Microsoft within the next 12 months, after a successor is chosen. There is never a perfect time for this type of transition, but now is the right time. My original thoughts on timing would have had my retirement happen in the middle of our transformation to a devices and services company focused on empowering customers in the activities they value most. We need a CEO who will be here longer term for this new direction. You can read the press release on Microsoft News Center.

This is a time of important transformation for Microsoft. Our new Senior Leadership team is amazing. The strategy we have generated is first class. Our new organization, which is centered on functions and engineering areas, is right for the opportunities and challenges ahead.

Microsoft is an amazing place. I love this company. I love the way we helped invent and popularize computing and the PC. I love the bigness and boldness of our bets. I love our people and their talent and our willingness to accept and embrace their range of capabilities, including their quirks. I love the way we embrace and work with other companies to change the world and succeed together. I love the breadth and diversity of our customers, from consumer to enterprise, across industries, countries, and people of all backgrounds and age groups.

I am proud of what we have achieved. We have grown from $7.5 million to nearly $78 billion since I joined Microsoft, and we have grown from employing just over 30 people to almost 100,000. I feel good about playing a role in that success and having committed 100 percent emotionally all the way. We have more than 1 billion users and earn a great profit for our shareholders. We have delivered more profit and cash return to shareholders than virtually any other company in history.

I am excited by our mission of empowering the world and believe in our future success. I cherish my Microsoft ownership, and look forward to continuing as one of Microsoft’s largest owners.

This is an emotional and difficult thing for me to do. I take this step in the best interests of the company I love; it is the thing outside of my family and closest friends that matters to me most.

Microsoft has all its best days ahead. Know you are part of the best team in the industry and have the right technology assets. We cannot and will not miss a beat in these transitions. I am focused and driving hard and know I can count on all of you to do the same. Let’s do ourselves proud.

Steve

金曜日. Microsoft CEO Ballmer to retire within 12 months

ようやく休み。

20130823-202439.jpg

マイクロソフトの株主はこのニュースに大喜び。内部には目ぼしい候補者は皆無です。いちかばちかの外部起用をすべきでしょうね。内部昇格をすれば、また衰退の10年を続けるでしょう。

もっとも手遅れであるのは揺るがぬ事実ですね。すでに会社はタイタニック号の末期を迎えています。

NEW YORK (Reuters) – Microsoft Corp said on Friday that Chief Executive Officer Steve Ballmer would retire within the next 12 months, once it has selected a successor, sending its shares up almost 9 percent.
Ballmer said in a statement that he would have timed his retirement in the middle of Microsoft’s announced transformation to a devices and services company. But he said: “We need a CEO who will be here longer term for this new direction.”
The software company said its board had appointed a special committee to direct the process of appointing a new CEO.
The committee is chaired by John Thompson, the board’s lead independent director, and includes Microsoft founder and Chairman Bill Gates, as well as other board members Chuck Noski and Steve Luczo.
It will consider both external and internal candidates and is working with executive recruiting firm Heidrick & Struggles International Inc, according to the company.
Microsoft shares rose 8.9 percent to $35.27 in premarket trading.