懲りない中国系ブラック企業のアマゾン ジャパン

基本的にはブラックな中国人が社長のアマゾン ジャパンです。日本経済新聞はゴシップ記事しか書けない東京スポーツ並みの新聞社なので、特に驚きはありませんが。

主婦の友社が参加するという記事を日経新聞に書かせたのはアマゾン ジャパンです。陰湿な中国人の社長が自分の都合のいいように既成事実化する為にマスコミを利用しているという悪どさを見逃してはいけません。

尖閣諸島や南沙諸島にしているのと同じです。中国系ブラック企業のアマゾン ジャパン。


主婦の友社、日経報道に「猛烈に抗議」 Amazonの書籍値下げ販売めぐり

アマゾンジャパンが発売後一定期間経った書籍を2割引で販売するキャンペーンをめぐり、これを報じた日本経済新聞の記事に対し主婦の友社が「猛烈に抗議する」というコメントを取引先向けに公表した。記事は出版社が「時限再販契約」を結んで実施すると報じているが、同社は「一切結んでいない」として否定している。

キャンペーンはAmazon.co.jpで26日に始まった「夏の読書推進お買い得キャンペーン」。ベストセラーを含む和書110タイトルを20%引きで販売するもので、和書のベストセラーを期間限定で値下げするのは初という。

日経新聞は、値下げ販売について主婦の友社など6社が参加するとした上で、「アマゾンと出版社の間で『時限再販』と呼ぶ契約をして、対象書籍を一定期間後に再販制度の枠組みから外すことで値引きできるようにする。出版6社にとっては再販によって守られる利点より返品を減らす利点のほうが大きいとの判断」などと報じ、定価販売を続ける一般書店からは反発が起きる可能性がある、と指摘している。

主婦の友社はキャンペーンに参加しているが、時限再販契約については「全く事実と異なる」として、「さも契約をしたかのような記事を掲載されたことに対し、Amazon側、また報道した日本経済新聞社にも猛烈に抗議した」という。アマゾンジャパンからは同契約を結んでいないとの確認を取ったとしている。

アマゾン ジャパン、ブラック企業らしく、法令違反責任を派遣社員に全てなすりつける

酷い会社ですねぇ。こんな会社から物を買ってはいけません。

アマゾン ジャパンが法令違反な物をインターネットで陳列販売していながら、単に梱包出荷作業をしていた派遣社員に全て責任をなすりつけて、警察に差し出す。ブラック企業そのもの

————————————————

アマゾン配送担当を書類送検=児童ポルノ販売ほう助容疑―愛知県警

時事通信 3月19日 11時9分配信

 少女の裸が写った写真集をインターネットの通信販売サイトに出品させたとして、愛知県警が児童買春・ポルノ禁止法違反(販売)ほう助の疑いで、ネット通販大手アマゾンジャパン(東京都目黒区)の関連会社で配送を担当していた40代の派遣社員の男を書類送検したことが19日、県警への取材で分かった。男は児童ポルノと認識していなかったと話しているもようだ。
 送検容疑は昨年10月、18歳未満の少女が裸で写った写真集1冊を、児童ポルノと知りながらアマゾンの通販サイトで購入できる状態にした疑い。送検は17日付。
 県警によると、男は物流センターを運営するアマゾンジャパン・ロジスティクス(千葉県市川市)で商品管理などを行っていた。購入者から「児童ポルノではないか」と返品された写真集を再びサイトに出品しており、悪質と判断した。
 県警は昨年、児童ポルノをアマゾンのサイトに出品した古本販売業者らを相次いで摘発し、今年1月にはアマゾンジャパン本社などを捜索。今回の写真集を出品した関東地方の30代男も17日、同法違反容疑で書類送検した。
 アマゾンジャパン広報本部の話 捜査を真摯(しんし)に受け止め、当局に全面的に協力している。 

アシアナ航空、危うい安全意識 

アシアナ航空とコリアンエア(大韓航空)は恐ろしくて乗れないですね。サンフランシスコで、初歩的な操縦ミスで墜落死傷事故を起こしてから、まだまだ日が浅いのに

——————–

韓国・アシアナ航空機、「別人搭乗」で引き返す・・安全管理に問題か

FOCUS-ASIA.COM 3月18日 8時35分配信

韓国・アシアナ航空機、「別人搭乗」で引き返す・・安全管理に問題か

韓国のテレビ局YTNは電子版で17日、同国の航空会社、アシアナ航空の香港発仁川行きの便で16日午後、予約客とは違う客が乗っていたことが分かり、同便は香港に引き返した。

報道によると、同便は乗客259人を乗せて仁川に向かっていたが、乗客1人が本来は韓国のチェジュ航空の便に乗るはずだった人物で、予約客とは違うことが分かり、香港に引き返した。

YTNは、「乗客が違法に違う便に搭乗したものだとしても、もしくは間違えて乗ったものだとしても、アシアナ航空の安全管理に不備があるとの批判は免れない」と指摘した。

恐ろしや…..中国の航空会社の犯罪者も顔負けの社員達

怠慢、遅延、整備放棄、安全無視

乗客罵倒、個人情報拡散、恐喝 恫喝

中国社会を映し出す中国の航空会社

クレジットカード番号も住所も電話番号も拡散

墜落事故も揉み消すかも

中国の航空会社は怖くて乗れない

——————————————————

乗客の正しい指摘に罵倒で返す中国航空会社で起きたモラル失墜

乗客の正しい指摘に罵倒で返す中国航空会社で起きたモラル失墜

 サービスが悪いとよく言われる中国国際航空(CA)は最近、評判がかなり失墜してしまった事件に悩まされている。

 事のいきさつは次の通りだ。

 2月21日、韓国ソウル(仁川)空港から重慶へ中国時間14時55分(現地時間15時55分)出発予定の中国国際航空は、出発時刻に近づいているにもかかわらず、なかなか搭乗を開始しなかった。

 14時29分、中国最大のSNS新浪微博に、@亜歴克斯李李というハンドルネームの乗客が「買い物に出た女性客室乗務員の帰りを待つために、搭乗が開始できなかった」と告発した。その告発には、たくさんの買い物袋を重たそうに持っている女性客室乗務員が搭乗口のチェックポイントを急いで通過しているところを撮った写真が添付されている。彼女の後ろに搭乗開始を待っている乗客の列が見える。

● 告発した乗客に対して、 航空関係者から罵詈雑言

 中国国際航空の乗務員の規律の弛みがもろに露呈したこの事件はこのあと思わぬ方向へ暴走した。

 まず、この路線を担当するのは中国国際航空の重慶支社だが、重慶支社はこの事件をまったく問題にしなかった。同支社の説明は以下の通りだ。

 「搭乗開始は出発時刻より30分前の14時25分となっている。乗務員が全員、揃ったところで予定時間通り搭乗を開始した。現場でのモニター映像を確認したところ、最初に搭乗手続きを済ませた乗客のタイミングは14時24分だった。買い物に出た乗務員はその前に戻っていたため、搭乗開始時間も予定通りだったし、出発時間も到着時間もその影響を受けていなかった」

 重慶支社のこうした態度も問題だが、もっとひどかったのは、中国国際航空など中国の航空会社の一部社員と見られる人たちの反応だった。

 まず、投稿した乗客に対して罵声を浴びせまくった。女性客室乗務員の投稿が多い「空姐網」(スチュワーデス・ネットワークの意)にも、その乗客を罵倒する書き込みがたくさん出ている。その一部をここに再現してみる。

 「二度と飛行機に乗らないでくれ。……どの航空会社もお前を歓迎しない。お前を嫌い、呪うから、二度と飛行機に乗るな。また乗るなら、お前は大馬鹿だ。」(幽藍天堂)

 「今日から、すべての中国国際航空の女性客室乗務員に謝罪するまで、お前をどこまでも追っかけて糾弾する。もし、謝罪しないなら、清明の節句の前に、白血病にかかるのを祈る。通報はウェルカム、この大馬鹿!  間もなくお前の写真と所在位置を知らせてくるから、お前の自宅付近の監視カメラの位置や停電方法を調べだしてやるぞ」(大国復興侠客行)

 「お前はゲイだ。……エイズに罹るのを覚悟しろ。……お前がいなくてもどの航空会社も困らない。空港の清掃労働者一人の収入分もお前の消費では負担できないだろう。むしろ航空会社はお前を安全に家まで送ってやったのだ。すべての航空会社がこいつをブラックリストに載せ、こいつが中国国内ではエアチケットを買えないようにしてくれるのを希望する」(張属贖)

 「私たち民間航空会社のすべての人間がお前を覚えている。そして監視している」(空姐網)

 上記の罵詈のなかには、問題を暴露した乗客の個人情報を入手しようとしていることが読み取れるが、信じられないことに、警察情報ネットワークに記載されているその乗客の戸籍情報(姓名、身分証番号、出生年月日、住所、教育レベル、身長、職業、血液、車両番号)が、本当にLINING的蛮蛮というハンドルネームの人間によって公開された

——————————-

● 私自身も攻撃の標的にされ、 思い出した苦い出来事

 こうした中国国際航空など中国の航空会社の一部社員による、信じられないほどの過激な反応、モラルのなさを見て、人々は唖然とした。

 最初にこの問題を暴露した乗客は、例の女性客室乗務員が買い物を終えて搭乗ゲートに到着したときの写真を続けて公開した。その写真には時間が写されているおり、ちょうど14時24分だったのだ。つまり搭乗開始と同じ時間にその客室乗務員が買い物を抱えて戻ったのである。

 一部終始を見た私は見かねて、微博に例の乗客を支持する発言をしたら、たちまち、私も攻撃のターゲットにされ、私の母親まで罵られた。もちろん、そんなことには動じないが、中国国際航空をはじめ中国の航空会社のサービスが世界並のレベルに達するにはまだまだ長い道のりがあることを改めて痛感した。

 そこで思わず11年前の2004年に私が体験したある出来事を思い出したさずにはいられなかった。

 四川省を訪問するために、日本から同省の省都・成都に飛ぶ中国国際航空の直行便に乗った。しかし、直行便といっても、北京経由となっているのだ。ところが、北京空港に着いたら、一度おろされ、入国手続きをさせられたのだ。もちろん事前の説明は一切なかった。

 北京に到着してからいきなり「入国手続きをする。棚に手荷物を残すと没収される」と中国語と英語で脅かされた。アナウンスの言葉がわからず事情をのみ込めない日本人が機内をうろうろしていた。見かねた私は機内で臨時通訳を自ら買って周りにいた日本人乗客に事情を説明した。

 のちに、朝日新聞で書いていた私のコラムでこの問題を取り上げ、「成田空港で、北京での手続きを説明する紙でも渡せばいい」と提案し、「中国国際航空のサービスの悪さが四川までの心理的な距離を長くしている」と批判した。

 しかし、そこでも信じられないことが起きた。このコラムを新聞で読んだ中国国際航空東京支店の支店長から苦情の電話がかかってきた。「著名人のあなたが日本の大手新聞に批判記事を書いては困る」と。

————————-

 8年半の長きにわたったコラム連載だったが、私が受けたただ一つの苦情だった。しかも、中国国際航空からのものだった。

 11年間の歳月が流れ去っていった。どうも中国国際航空の、あの殿様商売体質はまだ改善されていないばかりではなく、一部の社員にまでその体質が色濃く染み込んでいる。

 中国国際航空の女性客室乗務員の買い物と、その後の中国の航空会社の一部社員たちの蛮行に対して、SNSをはじめ中国のメディアが批判を浴びせている。中国国際航空が人々を納得させることのできる説明もできていないし、関連措置も取っていない。

 大きな話題になったこの事件から多少とも教訓たるものを汲んでほしい、と中国国際航空にアドバイスしたいが、果たして聞く耳をもっているかは私の知るところではない。

 最後に、公平のためにも、サービスが悪いと言われている中国国際航空やその他の中国の航空会社でも、一生懸命、働いている乗務員がはるかに多いことを強調したい。その仕事ぶりと笑顔には、私も多くの乗客もいつも心から謝意を表している。彼女たち、彼らがいるから、私もその他の多くの乗客も中国国際航空やその他の中国の航空会社をいまでも利用しているのだ。



アマゾン ブラック企業 <アマゾン>愛知県警が家宅捜索 児童ポルノ写真集出品放置

 アマゾンを家宅捜索 児童ポルノ販売知りつつ放置の疑い
2015年1月24日11時32分

◇日本法人など 児童ポルノ禁止法違反のほう助容疑で

 インターネット通販世界大手「アマゾン」が、自社の商品サイトへの児童ポルノ写真集出品を放置し、販売を手助けした疑いがあるとして、愛知県警が23日に同社日本法人「アマゾンジャパン」(東京都目黒区)や、千葉県市川市にある関連会社の物流センターを、児童ポルノ禁止法違反(提供)のほう助容疑で家宅捜索したことが、捜査関係者への取材で分かった。

 県警少年課などは昨年、サイバーパトロールで、アマゾンに出品された複数の児童ポルノ写真集を発見。同9月以降、出品した東京都中央区の古書店を家宅捜索し、同法違反容疑で経営者の男ら2人を現行犯逮捕するなど、全国で複数の業者を摘発した。出品された写真集の中にはプレミアが付き、マニアの間で数万円で取引されるものもあった。

 また同11月には、関連会社「アマゾンジャパン・ロジスティクス」が運営する神奈川県内の物流センターを家宅捜索していた。

 アマゾンは個人や商店が出品した商品を販売している世界最大の通販サイトで、書籍から日用品まで手広く扱っている。同社は出品規約で「サイト上で販売のために掲載される商品は、児童買春・児童ポルノ禁止法等、日本の法令を順守しているものでなければならない」と定めている。

 県警は押収した資料の分析を進めるなどして、立件の可否を慎重に検討する。

相変わらず的外れなアマゾンジャパン 売り上げは減少の一方 社長もクビか

アマゾン注文、ローソン店頭で可能に…来春以降

コンビニエンスストア大手のローソンは、米ネット通販大手アマゾンの商品を、2015年春以降に店頭の専用端末で注文できるようにする。

 スマートフォンやパソコンなどを持たない人やネット通販に抵抗感がある人の利用を想定する。

 4日に記者会見した玉塚元一社長は、「(社会が)高齢化する中で店舗での注文ニーズがある」と述べた。5日から、静岡県内の199店舗で実験的にサービスを始め、順次拡大する。

 アマゾンの商品はすでに、ローソンやファミリーマートで受け取れる。アマゾンは、全国に1万店以上を持つコンビニ大手と手を組んで利用者の拡大を図る考えだ。現時点でセブン―イレブンは対象になっていない。