マイクロソフトが組織をリシャッフル

次はポジションクローズとレイオフの嵐でしょうかね。パソコン時代に終止符。

Seattle Timesがこの組織再編をどう思うか?と読者アンケートをしました。3択でどう思いますか?

1. I like it. なかなかいいじゃない。
2. Success will depend on execution うまく行くかどうかはやって見ないとわからないなぁ。
3. Rearranging the chair on the Titanic 所詮、タイタニック号のイスを並べ替えただけ。

結果は明日のブログに。

Microsoft announces sweeping reorganization

In a sweeping reorganization designed to further Microsoft’s transformation into a devices-and-services company, CEO Steve Ballmer today realigned the company according to function, cutting in half the number of product divisions and centralizing other services such as marketing, finance and business development.

The company will now be organized around the functions of: engineering (including supply chain and datacenters), marketing, business development and evangelism, advanced strategy and research, finance, human resources, legal, and COO areas (including field, support, commercial operations and IT).

Within engineering, the four groups are: Operating Systems, Applications and Services, Cloud and Enterprise, Devices and Studios.

Missing from the list of senior leaders in the new world order is Office President Kurt DelBene, who will be retiring, Ballmer said in an email he sent to employees this morning.

A notable addition to the team is Mark Penn, former Clinton advisor who joined Microsoft in 2012 to work on strategic and special projects (such as “Scroogled” ad campaign against Google).

Ballmer said the reorganization will help the company “innovate with greater speed, efficiency and capability” and “will enable us to execute even better on our strategy to deliver a family of devices and services that best empower people for the activities they value most and the enterprise extensions and services that are most valuable to business.”

The changes, which take effect immediately, are also designed to foster more collaboration — something Ballmer emphasized with the subject of his email: “One Microsoft.”

Here’s who’s going to be doing what. (The title of “president” will no longer be used for division heads. Instead, nearly all of the senior leadership team will hold the title of “executive vice president.”)

In the engineering groups:

Julie Larson-Green, formerly corporate vice president of Windows engineering, is now executive vice president of Devices and Studios. This group will handle all of Microsoft’s hardware development and supply chain, from Xbox to Surface to keyboards and mice. Larson-Green will also be charge of all the studio experiences including games, music, video and other entertainment.
Qi Lu, formerly president of Online Services division, is now executive vice president of Applications and Services. This group will handle Office, Lync, SharePoint, Skype, Yammer, Bing and MSN. It is charged with providing apps and services in core technologies in productivity, communication and search.
Terry Myerson, formerly corporate vice president of Windows Phone division, is now executive vice president of Operating Systems. That includes all the operating systems for consoles, mobile devices, PCs and back-end systems including Windows, Windows Phone and Xbox. It also includes the core cloud services for the operating systems.
Satya Nadella, formerly president of Server & Tools business, is now executive vice president of Cloud and Enterprise. This group will lead development of back-end and enterprise IT technologies such as SQL Server, Windows Azure and System Center. It will also lead datacenter development, construction and operation.
In the other groups (what Ballmer refers to as “disciplines”):

Tony Bates, formerly president of Skype, is now executive vice president of business development and evangelism. He will focus on corporate strategy, Microsoft’s key partnerships (including those with Nokia, Yahoo and PC and device manufacturers), and reaching out to developers. His group will also work on business development efforts that were previously the work of the product divisions.
Lisa Brummel, executive vice president, continues to lead human resources.
Amy Hood, executive vice president, continues to be chief financial officer. She will also centralize all product group finance organizations.
Mark Penn, formerly corporate vice president in charge of strategic and special projects, is now executive vice president of advertising and strategy. He will “take a broad view of marketing strategy,” Ballmer said in his email, and, along with Tami Reller, lead the newly centralized advertising and media functions.
Tami Reller, former Windows chief marketing officer and chief financial officer, is now executive vice president of marketing. She will lead all marketing and will co-lead with Penn advertising and media.
Eric Rudder, fomer chief technical strategy officer, is now executive vice president of advanced strategy and research. He will lead Microsoft Research, as well as trustworthy computing.
Brad Smith continues as executive vice president and general counsel.
Kirill Tatarinov, former president of Microsoft Business Solutions, is now executive vice president of Microsoft Business Solutions. This small division has mainly been responsible for Dynamics, Microsoft’s customer relationship management and enterprise resource planning offerings. Tatarinov will continue to run Dynamics as is, and “we will keep Dynamics separate as it continues to need special focus and represents significant opportunity,” Ballmer said in his email, adding that Tatarinov’s product leaders will be dotted line reports to Lu, while his marketing leader will a dotted line report to Reller and his sales leader a dotted line report to the COO group.
Kevin Turner will continue as chief operating officer, focusing on worldwide sales, field marketing, services, support, and stores as well as IT, licensing and commercial operations.
Also, Rich Rashid, current head of Microsoft Research, will move into a new role “driving core OS innovation in our operating systems group,” Ballmer said in the email.

Craig Mundie, senior advisor to the CEO, will be working on a special project for Ballmer through the end of this year, and in 2014 will work as a consultant until his previously announced retirement at the end of that year.

Ballmer, in his email, also outlined how people in the company are expected to work together in this new structure:

Process wise, each major initiative of the company (product or high-value scenario) will have a team that spans groups to ensure we succeed against our goals. Our strategy will drive what initiatives we agree and commit to at my staff meetings. Most disciplines and product groups will have a core that delivers key technology or services and then a piece that lines up with the initiatives. Each major initiative will have a champion who will be a direct report to me or one of my direct reports. The champion will organize to drive a cross-company team for success, but my whole staff will have commitment to the initiative’s success.

飛ばず泣かずのMSのタブレットサーフェス値下げ…

 米マイクロソフトは13日、今年3月に国内で発売したタブレット型端末「サーフェスRT」の販売価格を、6月14日~7月14日の期間限定で一律1万円引き下げると発表した。

 ボーナス商戦に向けた値下げで、円安を受けて値上げした米アップルの「iPad(アイパッド)」に対抗する。

 主力製品のうち、記録容量が32ギガ・バイトのモデルを4万9800円から3万9800円に、64ギガ・バイトのモデルを5万7800円から4万7800円に値下げする。iPadの同じ記憶容量のモデルと比べると、3000円~2万2000円安くなる。

 マイクロソフトは販売台数を公表していないが、今回の値下げは販売不振が理由とみられる。13日記者会見した日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「タブレット市場では我々は後発だ。値上げしたiPadに、こちらは値下げで対抗していく」と述べた。

誤算のウィンドウズ8 マイクロソフトに迫る落日

米マイクロソフトがもがいている。最新の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の出足は周囲の期待を裏切り、さっそく改良版の投入を迫られた。ハイテク業界はもちろん、パソコンの使い手にも強大な影響力を及ぼした姿は、もはや遠い過去だ。ユーザーのウィンドウズ離れの先には、マイクロソフト自身の落日が迫る。

■「8」の工場で「7」をつくる

 そのパソコン工場の製造ラインでは、最新型のノートパソコンが組み立てられているはずだった。ところが、現場を見た中堅システム開発会社の幹部は、違和感が拭えなかったという。

 「最後のチェック工程でパソコンを起動させているんです。そのとき、画面上に、窓のようなデザインの旗マークがはためいているんですよ。8の画面ではなかった」

 最新型のパソコンなのに、1世代前のOS「ウィンドウズ7」がわざわざインストールされていた。

 8用に設計したパソコンに7を組み込む作業は、「ダウングレード」と呼ばれている。対象のパソコンには、8の使用ライセンスが付与されており、契約違反ではない。マイクロソフトも認めている。

 ダウングレード機は、販売集計上は8として数えられるが、実際に顧客が手にするのは7がインストールされているパソコンだ。ある大手情報機器販売会社の場合、企業向けの販売台数に占める8はわずか5%。実に95%がダウングレードされている。今までもOSが変わるたびに一定数のダウングレードが発生したが、「今回の8は異常に多い」(同社幹部)という。

 マイクロソフトは昨年10月に8を発売して以降、順調な売れ行きをアピールし続けてきた。5月7日には累計販売本数が1億本を超えたと発表。ウィンドウズ部門の最高マーケティング責任者(CMO)で、最高財務責任者(CFO)でもあるタミ・レラーは「発売以来の進捗に満足している」と自賛した。

■「IT景気のけん引役」だったが……

 販売ペースは過去最速のペースで売れた7とほぼ同じ勢いともいう。しかし、別の数字は、違う現実を物語る。

 ついに過去最大の減少率に陥った――。米調査会社IDCが4月にまとめた今年1~3月のパソコン世界出荷台数は前年同期比13.9%減の7629万4000台。IDCのプログラムバイスプレジデントのボブ・オドンネルは、「8はパソコン市場の活性化に失敗した。むしろ、足を引っ張っている」と嘆く。

 いったい8は好調なのか。不振なのか。「ダウングレードの広がりなどは日本特有の動きではない」(外資系IT企業幹部)。マイクロソフトがまとめた数字自体は好調に見えたとしても、企業ユーザーも個人ユーザーも、今までのようにおとなしく最新OSへ更新していないようだ。

 それは、マイクロソフトにとって異常事態にほかならない。

20130606-074622.jpg

 1995年に大ヒットした「ウィンドウズ95」以来、新型OSを出すたび、パソコン市場は大きく成長してきた。その波に、パソコンメーカーから部品メーカーまで多くの企業が乗った。マイクロソフトが「IT(情報技術)景気のけん引役」とまで言われたゆえんだ。
 トラブルが多く、不評だった「ウィンドウズ・ビスタ」ですら、パソコン需要を押し上げた。しかし、8のスタートは、雑音混じりの立ち上がりだった。

 「彼は次の最高経営責任者(CEO)の有力候補だった。なぜ辞めたんだ」。昨年11月12日、マイクロソフトの1人の幹部が退職すると、米国メディアは騒ぎ立てた。

■巻き返しに誤算

 退職した幹部は、スティーブン・シノフスキー。ウィンドウズ部門のプレジデントで、8では事業全体の責任者を務めていた。業務ソフトの「オフィス」部門で活躍、7を成功に導いた実績もある。それなのに、8の発売から間もなく、マイクロソフトを去った。

 「そもそも他部門との不協和音があったのではないか」「8がうまくいっておらず、不振の責任をとった」……。電撃辞任は様々な臆測を呼んだ。

 そもそも、8の発売前からマイクロソフトは苦しかった。

 当時のマイクロソフトはスマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)で大きく出遅れていた。タッチパネルで操作できる8は、先行する米アップルや米グーグルへの巻き返しの第一歩だった。

 ユーザーが触れる画面も従来のデザインを一新、「タイル状」のアイコンを使うように変えた。急増するタブレットユーザーを意識した設計だったが、発売から日がたつにつれ、むしろ誤算が目立つようになった。

 「我々はタッチパネルを必要としていない」

 「ウィンドウズにはパソコンらしさを求めている」

 「今までのシステムと7は親和性が高い。わざわざ8に切り替える必要はない」

 個人ユーザーだけではなく、ウィンドウズのお得意様だった法人顧客の「8は不要」という声がいたるところから聞こえてきたのだった。

20130606-074757.jpg
 全日本空輸8900台、東日本旅客鉄道7000台、みずほ銀行4400台、三菱東京UFJ銀行2300台――。大口ユーザーの間では、アップルの「iPad」や韓国サムスン電子の「ギャラクシータブ」を大量導入する動きが続く。マイクロソフトと親密な企業も例外ではない。

 「きょうは営業で遅くなった。ここから報告をして直帰だ!」。システム販売大手、大塚商会の営業マンのAさんは、外出先からiPadで社内システムにアクセスし、1日の仕事を終えた。

 大塚商会はマイクロソフトのビジネスに最も貢献した企業に贈られる「カントリー・パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたこともある会社だ。それなのに、選んだのはiPad。営業マンを中心に2600人が外出先でiPadを使っている。

 個人でも法人でも歯止めがかからないパソコン離れ、それは、マイクロソフト離れとも言える。このまま指をくわえてみているのだろうか。

20130606-074847.jpg
 5月14日、ボストン。ウィンドウズ部門のレラーは、投資家向け説明会で、8の改良版「8.1」を年末商戦より前に無償で配布すると明らかにした。

■ブルーで「昔」に逆戻り?

 8.1はそもそも、「ウィンドウズ・ブルー」の開発コードで呼ばれていたOSのことだ。ユーザーの要望を受け、8でなくした「スタート」ボタンを復活させる見方が浮上。これに対し、「昔に逆戻りするのか」などといぶかる声も広がったこともある。

 マイクロソフトは結局、8.1で「スタート」に似たボタンを復活させ、使い勝手も見直そうとしている。しかし、パソコン離れは8のデビュー時より一段と進んでいる。8.1投入が起死回生の一策になる保証はない。

 マイクロソフト自身、まったく違う分野に活路を求めているフシもある。

ウィンドウズはマイクロソフトの強さの象徴であり続けた(1993年、写真は共同創業者のビル・ゲイツ氏)
 それから1週間後の5月21日。マイクロソフトはワシントン州レッドモンド市の本社で、家庭用ゲーム機「Xbox」の新型機をお披露目した。ゲームで遊びながら、ニュースや映画などを楽しむため、OSを3種類も搭載した。

 あるマイクロソフト幹部社員は「かつてはOSが大切だったが、ネットでつながるクラウド時代に大切なのは、お客さんがストレスなく使えるプラットホームだ」と言い切る。そこには「マイクロソフトはもはや、ウィンドウズの会社ではない」というニュアンスも込められている。

 実際、決算をみると、ウィンドウズ部門はすでに稼ぎ頭ではない。それでも、今まではウィンドウズが更新されると、売上高が必ず伸びた。ところが、今回の8では、発売後にウィンドウズ部門の売上高がわずかながら実質的に減少したこともある。

 マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーも異変に気づき、最近は「ソフト会社から、デバイス(機器)とサービスの会社に変わる」と繰り返している。例えば、表計算やワープロなどの業務ソフト「オフィス」。今年1月から、定額料金で使えるクラウドサービスで提供する。手慣れたパッケージソフト単品売り切りから脱却し、オフィスで長く安定的に稼ぐビジネスモデルをつくろうとしている。

■命運は12カ月で決まる

 足元の業績は堅調だ。2013年1~3月期は売上高が前年同期比18%増の204億ドル(約2兆円)、純利益も19%増の60億ドルだった。だが、オフィスなどで稼げるうちに、ウィンドウズをテコ入れできるのだろうか。バルマーに残された時間は想像以上に少ないかもしれない。

 「生死は12カ月後にどれだけアプリ開発者をひき付けられているかにかかっている」。IDCチーフアナリストのフランク・ジェンスは、こんな過激な宣告をウィンドウズに下している。マイクロソフトが今後1年以内に、8ビジネスの「エコシステム(生態系)」をつくることを再生の条件に挙げたわけだが、それは一朝一夕にできる話ではない。

 前途の険しさを示すような統計がある。

 IDCが世界中のアプリ開発者に「興味があるプラットホーム」を聞いたところ、スマホの「iPhone」やiPadが使うアップルの「iOS」向けは80%を超え、グーグルの「アンドロイド」向けも70%前後。それらに対し、8は30%にとどまる。
 マイクロソフトはアップルやグーグルに対抗しようとアプリを充実させようとしているが、先行2社のアプリの数はケタ違いだ。開発者の支持を集める作業に一発逆転はなく、後発のマイクロソフトは苦しい立場が続いている。

パソコン各社とマイクロソフトの「一枚岩」はぐらついている(2012年、8の発売記念セレモニーで)
 二人三脚でウィンドウズを育ててきたパソコン大手とも「一枚岩」ではなくなりつつある。きっかけは、8の普及にはずみをつけるために発売したマイクロソフトの自社製端末「サーフェス」だった。

 「端末も自分たちでやりたい」。マイクロソフトと20年以上付き合ってきた国内パソコン大手幹部によると、マイクロソフトはサーフェス発表前、事前通告してきたという。

 結果的に当初は日本投入を見送ったため、「OSがマイクロソフト、ハードはパソコンメーカー」という役割分担を崩すことにマイクロソフトが配慮したようにも思えた。しかし、この幹部はマイクロソフトの変心を感じ取っていた。「彼らは甘くないよ。必ずやる」

■「ウィンドウズ」の世界へカンフル剤

 そんな悪い予感は1年もたたないうちに的中した。

 マイクロソフトは、2013年3月に8の簡易版といえるOS「ウィンドウズRT」を搭載した機種を日本でも発売。そして、5月29日には「8プロ」を載せた上位機種「サーフェス・プロ」を6月7日に発売すると発表した。

 「狭い視点に立てば、(パートナーだったメーカーが)シェアを奪われる、といった考え方も出てくるかもしれない。ただし、『ウィンドウズ・ワールド』全体を盛り上げるためのカンフル剤にしたいんです」

 日本マイクロソフト社長の樋口泰行は29日の発表会の席上、サーフェス投入の背景をこう説明した。もはやウィンドウズへの危機感を隠すこともない。

 継続か、撤退か。日本勢はパソコン事業のあり方を問われ続けている。デルやヒューレット・パッカード(HP)など米国勢もウィンドウズの停滞と軌を一にして業績が低迷。デルの創業者であるマイケル・デルは、マイクロソフトに資金面で手助けしてもらって再生を進めるシナリオを温めている。

 収益力で見て優良企業である「マイクロソフト」という会社が残ったとしても、ウィンドウズそのものの力は、このまま衰えていくのだろうか。その強さにすがってきたIT企業は、さらなる経営改革や事業再編を迫られるのだろうか。ウィンドウズの世界は、ブルー(憂鬱)に染まりつつある。

大失敗作 買ってはいけない マイクロソフトのSurface Pro = クイックルワイパー か 文鎮か

マイクロソフトはSurface RTという使えない文鎮に続きSurface Proという高額な文鎮を日本でも発売するようです。よく詐欺で壺を高額で売りつける輩がいますが、Windows 8という大失敗作を売りつける為にあの手この手の詐欺まがいの方法を取る点では同じです。
決して買っていけないもの、それはSurface PCとWindows 8 PC。

私もアメリカでSurface RTを買いました。実体験に基づいて申し上げています。安っぽいプラスチックのSurfaceは埃にまみれてます。Surface RTのキーボードの裏側にクイックルワイパーをつけて時々床掃除に使っています。Surfaceってそういう意味ではピッタリですね。床=Surfaceデスから。

我が家のメインPCはMacBook Pro😄

Surface RTは半年間で全世界の出荷が100万台、Proに至っては50万台未満。iPadは発売直後の3日間で300万台売っていますから、この高額なクイックルワイパーの売り上げがどんなものかわかります。因みに、この数の中には会社が社内で社員に配った10万台、社員が家族や友人に身銭を切って買った10万台の合計20万台の身内買いが含まれています。
マイクロソフトは初回で300万台生産したらしいですから、150万台が余剰在庫として売れ残っています。PCは野菜と一緒で直ぐに陳腐化しますので最近の全世界での月間売り上げを10万台とすると向こう15ヶ月分の余剰在庫を抱えていることになります。
全世界で売れ残った余剰在庫を日本で売りさばくという魂胆はいかに?社長以下、社員身内で15台ずつ買えばいいのでしょうか?

解任されるべきCEO-マイクロソフトのバルマー氏

解任されるべきCEO-マイクロソフトのバルマー氏
ウォール・ストリート・ジャーナル 5月13日 17時7分配信
 マイクロソフトのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は、昨年10月の新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の発表にあたって「社運を賭けるとき」だと語った。

 バルマー氏が破った規則その1「社運を賭けてはならない」。破った規則その2「社運を賭けるのならば、負けてはならない」。

 ウィンドウズ8はパソコン販売を回復させ、アップルに負けを喫したモバイル端末市場での争いにマイクロソフトが再び参戦できるようにするはずだった。だがマイクロソフトの役員は先週、ウィンドウズ8と関連機器の販売が期待外れの状況であることをそれとなく認めた。

 マイクロソフトは欠点を修正した更改版の配信を約束したが、30年前の「ニュー・コーク」以来最大の失敗に終わった新製品の発売と一部でやゆされるほどの結果については謝罪しなかった。調査会社IDCによると、ウィンドウズ8の不振により世界のパソコン販売台数は今年14%減少した。

 フォーブス誌の寄稿者の1人は昨年、「既に解任されているべきCEOトップ5」の1位にバルマー氏をランクした。マイクロソフトの株価はバルマー氏がCEOに就任した2000年に1株約60ドルでピークを付けたが、現時点では33ドルを下回っている。

 「バルマー氏は間違いなく今日の大手米上場企業の中で最悪のCEOだ」とフォーブス誌の記事は断じ、さらに次のように続けている。「彼は独力でマイクロソフトを最も実入りのいいテクノロジー市場の一部(携帯端末向け音楽、携帯端末、タブレット型端末)から脱落させるのみならず、デルやヒューレット・パッカード、ノキアといった企業の成長と利益も犠牲にした」

 元マイクロソフト幹部、ヨアキム・ケンピン氏は昨秋、ウィンドウズ8の発売に合わせて自著「Resolve and Fortitude: Microsoft’s Secret Power Broker Breaks His Silence.」を刊行した。その中でケンピン氏も、バルマー氏は解任されるべきだと主張している。

 ケンピン氏は電話による取材で、「彼はテクノロジーに関して何も分かっていない」と述べ、「彼の回りにいるスタッフは彼の言いなりだ。さもなければ解雇されてしまう」と語った。

 ケンピン氏はマイクロソフトのOSをパソコンメーカーに販売する部門の責任者を務めていた。1980年に入社し、バルマー氏が失敗続きの経営に乗り出したあとの02年に退社した。「戦略的に彼らは日々負けている」とケンピン氏は述べ、「その戦略はアップルの模倣だ」と指摘した。

 だが、マイクロソフトはケンピン氏を意に介していない。「ヨアキムが退社した11年前以降マイクロソフトもテクノロジー業界も劇的に変化した」とマイクロソフトの広報責任者フランク・ショー氏は述べた。

 「2014年に墓石を発注するつもりだ」とケンピン氏は冗談めかして話し、「あと4-6四半期もすればこの結末が分かるだろう」と述べた。

 バルマー氏は経営の失態にもかかわらずビル・ゲイツ氏とは今も友人だ。そしてゲイツ氏は「モノポリスト(独占主義者)」から「フィランソロピスト(慈善家)」に転じた、とケンピン氏は指摘した。ゲイツ氏はもはや「テクノロジスト(技術者)」ではない。

 取締役会の大半のメンバーもまた、テクノロジストではない。取締役会にいるのは大学の学長や、 JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、BMWの元幹部だ。「彼らが専ら関心を持っているのは数字だ」とケンピン氏は述べた。

 バルマー氏の経営の下、売上高は01年の約250億ドル(約2兆5470億円)から12年には750億ドル近くにまで増加した。マイクロソフトは、一般消費者向け技術革命のほとんどについてはチャンスを逃す一方で、法人向けサーバー用ソフトウエアの開発やクラウドコンピューティング(ネットを介したソフトウエアやサービスの提供)事業への拡大に奔走してきた。利益は拡大し、同社によると、配当や株式買い戻しを通じて株主に1800億ドル超を還元してきたという。

 マイクロソフトはウィンドウズ8の失敗をその他の事業の強みによって乗り越えるだろう。同社は法人向けコンピューター用ソフトウエアの開発で満足しているのかもしれないが、イノベーション(技術革新)をライバルに譲り渡すことはバルマー氏にとって終わりを意味することになるだろう、とケンピン氏は話す。

 そうなったときケンピン氏はバルマー氏の墓石に次のように刻むつもりだ。「スティーブ・バルマー今ここに慈善家となる」

関連記事
マイクロソフトのセットトップボックス、市場投入は不透明
春のノート型PC購入手引き-可能なら秋まで待つべし
マイクロソフト、5月21日に新型Xbox発表
アンドロイド、iOSに続く第3の携帯OSをめぐる攻防
サムスンとアップルの特許訴訟合戦、その価値はあるのか
最終更新: 5月13日 17時7分

ウォール・ストリート・ジャーナル

Microsoft tops profit forecasts despite slump in PC market

今度はCFOが退社を発表。マイクロソフトは相当病んだ会社ですね。病原菌のスティーブバルマーとケビンターナーは居直るようですが。

Confirmation that Microsoft is working on smaller Windows touch devices and an announcement that the chief financial officer is leaving livened up the company’s latest quarterly results, in which it delivered solid earnings amid a sharply declining PC market.

In its fiscal third quarter, which ended March 31, Redmond-based Microsoft exceeded analysts’ predicted estimates for profit, though the company fell just slightly short of revenue forecasts.

Buoyed largely by its traditional stronghold of business customers, Microsoft posted a profit of $6.06 billion, or 72 cents a share, on revenue of $20.49 billion.
20130419-071832.jpg
That’s a 19 percent increase in profit and 18 percent increase in revenue from the same quarter last year. The figures are also records for third-quarter revenue and third-quarter earnings per share.

Analysts’ consensus estimate for Microsoft’s third quarter was earnings per share of 68 cents on revenue of $20.66 billion.

“Our results reflect our diversified portfolio, as well as the investments we’ve made in key strategic areas,” Chief Financial Officer Peter Klein said during a conference call with analysts Thursday.

Klein, who has been CFO for nearly four years and at Microsoft for 11, announced that he will be leaving Microsoft at the end of the fiscal year at the end of June. The company said it will name a successor from its internal ranks in the next several weeks.

In an email he sent to colleagues, Klein said he had no specific plans for now other than to work with his successor on a smooth transition, and then to spend more time with his family and to travel.

CEO Steve Ballmer, in a memo to employees, said Klein was “a key part of my leadership team and a strong adviser.”

“He helped drive the successful Skype and Yammer acquisitions, has had a profound impact on the finance profession overall, and exhibited good oversight on cost controls as CFO,” Ballmer said.

During the conference call with analysts, Klein confirmed a recent rumor that Microsoft is working with manufacturers on smaller touch devices running Windows. Such devices presumably would compete with smaller tablets such as the Google Nexus 7, Kindle Fire and iPad Mini.

Klein said those devices will arrive in the coming months and will have lower price tags.

Klein also acknowledged the challenging PC market, saying “Windows revenue has been impacted” — it was essentially flat this quarter — and that “there is no doubt the device market is evolving.”

Microsoft’s big bet in addressing that evolving market is Windows 8, introduced last year. Though Microsoft has touted in the past that sales of Windows 8 licenses were on par with sales of Windows 7 at this point in their respective life cycles, the company did not release updated figures Thursday. Nor did it say how sales of its own branded Surface computers were doing.

Klein touted the company’s new, accelerated pace for Windows updates and innovations, and confirmed the upcoming release of Windows Blue — code name for the follow-up to Windows 8.

Microsoft is responding to a changing market in which the sales of mobile devices are rapidly overtaking those for traditional desktop and laptop PCs.

Research firms IDC and Gartner had reported earlier this month that PC sales saw their steepest drop in years, plunging 11 to 14 percent in the first three months of 2013, compared with the same quarter last year.

In light of those reports, “to see what Microsoft reported was somewhat comforting,” said Sid Parakh, analyst with investment firm McAdams Wright Ragen. “On the PC front — where most of the focus has been — clearly, there are still challenges. But you can see the enterprise piece of their business is certainly doing well.”

Microsoft’s third-quarter figures reflect a recognition of deferred revenue related to upgrade offers for Windows and Office and a video-game deferral.

Those figures were partially offset by a $733 million fine from the European Commission for not carrying through on a commitment to provide a browser choice screen in some PCs sold in the European Union.

Without those adjustments, in the third quarter, Microsoft posted earnings per share of 65 cents on revenue of $18.83 billion.

Here’s how Microsoft’s divisions did:

Windows and Windows Live: $5.70 billion revenue, a 23 percent increase from last year. But those figures include recognition of revenue related to a Windows upgrade offer. Adjusting for that recognition, revenue was essentially flat at $4.62 billion, compared with $4.63 billion for the third quarter last fiscal year.

Business (includes Office, Lync, SharePoint, Exchange, Dynamics) $6.32 billion revenue, an 8 percent increase. But those figures include recognition of revenue related to an Office upgrade offer and pre-sales. Adjusting for the recognition, the division posted revenue of $6.13 billion, a 5 percent increase.

Office 365, Microsoft’s subscription-service version of its traditional productivity suite, is on pace to become a $1 billion business by the end of the fiscal year, Klein said.

Server and Tools (includes Windows Server, SQL Server, Windows Azure, Visual Studio, System Center, Windows Embedded): $5.04 billion revenue, an 11 percent increase.

Most of that increase was driven by multiyear licensing revenue, which was up 20 percent, according to Lisa Nelson, a Microsoft director of investor relations.

Entertainment and Devices (includes Xbox, Windows Phone, Skype): $2.53 billion revenue, an increase of 56 percent. Those figures include recognition of revenue from a video-game deferral related to upgrades or enhancements to “Halo 4” that the company hadn’t yet delivered in the second quarter. Adjusting for that recognition, revenue was $2.15 billion, up 33 percent.

Online Services (includes Bing, MSN): $832 million revenue, an 18 percent increase. The loss for the quarter was $262 million, narrowed from a $480 million loss a year ago.

Microsoft shares were trading after hours at $29.56 after ending the regular trading day at $28.79, down 3 cents.