明暗分けた1-3月の受注実績 Boeing vs. Airbus

 ボーイングは現地時間4月3日(日本時間4日)、2015年1-3月期(第1四半期)の民間機の引き渡しが前年同期比23機(14.3%)増の184機、受注は159機(57.8%)減の116機だったと発表した。

 機種別で見ると、引き渡しは737が121機(前年同期は115機)、747が4機(4機)、767が5機(0機)、777が24機(24機)、787が30機(18機)だった。このうち、日本の航空会社への引き渡しは、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が3月に737-800と777-300ERを1機ずつの2機、日本航空(JAL/JL、9201)が787-8を2機の計4機だった。

 787のうち、長胴型の787-9はユナイテッド航空(UAL/UA)へ3機、ヴァージン アトランティック航空(VIR/VS)へ2機、スクート(SCO/TZ)へ2機、オランダの航空機リース会社、エアキャップへ2機、エティハド航空(ETD/EY)へ1機の計10機が引き渡された。

 受注は737が71機(前年同期は269機)、747が3機(1機)、767が0機(0機)、777が7機(4機)、787が35機(1機)だった。日本の航空会社では、ANAホールディングスが1月に737-800を5機、3月に787-10を3機正式発注した。787のうち30機は、匿名顧客による787-9の発注だった。

—————————————–

エアバスの鳴り物入りのA350 A380 は一機も売れず A350はこの程度

エアバスの2015年3月の引き渡しは52機(前年同月58機)、受注は84機(40機)となった。A380はエミレーツ航空(UAE/EK)とルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)に1機ずつ引き渡した。

 引き渡しの内訳は、A320シリーズが42機(前年同月45機)、A330シリーズが7機(9機)、A350シリーズが1機(0機)、A380が2機(4機)だった。A350はカタール航空(QTR/QR)に引き渡した。


—————————

 エアバスの2015年1-3月期(第1四半期)の引き渡しは前年同期比7機(4.96%)減の134機、受注は57機(36.08%)減の101機だった。競合のボーイングは、引き渡しが184機、受注が116機だった

A380はエミレーツ航空など3社に計4機引き渡した=13年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 機種別で見ると、引き渡しはA320シリーズが109機(前年同期111機)、A330シリーズが20機(24機)、A350シリーズが1機(0機)、A380が4機(6機)だった。

 A380はエミレーツ航空(UAE/EK)へ2機、ブリティッシュ・エアウェイズ(BAW/BA)とルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)に1機ずつ引き渡した。A350 XWBは、カタール航空(QTR/QR)へ1機引き渡した。

 受注はA320シリーズが67機(前年同期98機)、A330シリーズが34機(28機)、A350シリーズが0機(12機)、A380が0機(20機)だった。

15年1-3月期 納入と受注(括弧内は前年同期の実績)

納入
A320 109(111)
A330  20(24)
A350   1(0)
A380   4(6)
合計 134(141)

 

受注
A320  67(98)
A330  34(28)
A350   0(12)
A380   0(20)
合計 101(158)


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中