明暗分けた1-3月の受注実績 Boeing vs. Airbus

 ボーイングは現地時間4月3日(日本時間4日)、2015年1-3月期(第1四半期)の民間機の引き渡しが前年同期比23機(14.3%)増の184機、受注は159機(57.8%)減の116機だったと発表した。

 機種別で見ると、引き渡しは737が121機(前年同期は115機)、747が4機(4機)、767が5機(0機)、777が24機(24機)、787が30機(18機)だった。このうち、日本の航空会社への引き渡しは、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が3月に737-800と777-300ERを1機ずつの2機、日本航空(JAL/JL、9201)が787-8を2機の計4機だった。

 787のうち、長胴型の787-9はユナイテッド航空(UAL/UA)へ3機、ヴァージン アトランティック航空(VIR/VS)へ2機、スクート(SCO/TZ)へ2機、オランダの航空機リース会社、エアキャップへ2機、エティハド航空(ETD/EY)へ1機の計10機が引き渡された。

 受注は737が71機(前年同期は269機)、747が3機(1機)、767が0機(0機)、777が7機(4機)、787が35機(1機)だった。日本の航空会社では、ANAホールディングスが1月に737-800を5機、3月に787-10を3機正式発注した。787のうち30機は、匿名顧客による787-9の発注だった。

—————————————–

エアバスの鳴り物入りのA350 A380 は一機も売れず A350はこの程度

エアバスの2015年3月の引き渡しは52機(前年同月58機)、受注は84機(40機)となった。A380はエミレーツ航空(UAE/EK)とルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)に1機ずつ引き渡した。

 引き渡しの内訳は、A320シリーズが42機(前年同月45機)、A330シリーズが7機(9機)、A350シリーズが1機(0機)、A380が2機(4機)だった。A350はカタール航空(QTR/QR)に引き渡した。


—————————

 エアバスの2015年1-3月期(第1四半期)の引き渡しは前年同期比7機(4.96%)減の134機、受注は57機(36.08%)減の101機だった。競合のボーイングは、引き渡しが184機、受注が116機だった

A380はエミレーツ航空など3社に計4機引き渡した=13年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 機種別で見ると、引き渡しはA320シリーズが109機(前年同期111機)、A330シリーズが20機(24機)、A350シリーズが1機(0機)、A380が4機(6機)だった。

 A380はエミレーツ航空(UAE/EK)へ2機、ブリティッシュ・エアウェイズ(BAW/BA)とルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)に1機ずつ引き渡した。A350 XWBは、カタール航空(QTR/QR)へ1機引き渡した。

 受注はA320シリーズが67機(前年同期98機)、A330シリーズが34機(28機)、A350シリーズが0機(12機)、A380が0機(20機)だった。

15年1-3月期 納入と受注(括弧内は前年同期の実績)

納入
A320 109(111)
A330  20(24)
A350   1(0)
A380   4(6)
合計 134(141)

 

受注
A320  67(98)
A330  34(28)
A350   0(12)
A380   0(20)
合計 101(158)


Friday Bellevue WA, Lunch @ Flo, Tax Filing, Apple Watch

Sushi lunch @ Flo Japanese Restaurant 

   

       

ヘルビュー郵便局までいって税金申告書を郵送。

ベンツが郵便局の植え込みに突っ込んでバンパーの破片が激しく散乱。けいさつが来ていました。

ベルビュスクエアのアップルストアでアップルWatchを試着

Paradiso @ Kirkland