ジェットスター・ジャパン鈴木社長が米シスコ日本法人へ-関係者

この社長、余りに最悪な経営者で、破綻しそうなのでさっさと転職活動して逃げたんでしょう。シスコもこんなのを社長にするとは。

—————————————————

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンの社長、鈴木みゆき氏が退任し、米シスコ・システムズの日本法人を率いる。事情に詳しい関係者が明らかにした。 

ジェットスター・ジャパンの種房徳広報部長によると、鈴木氏は「新しい分野に挑戦する」として3月31日付で社長と最高経営責任者(CEO)を辞任した。新CEOには豪ジェットスター航空のオペレーション本部長、ジェリー・ターナー氏が4月1日付で就任し、後任社長は置かない。種房氏は鈴木氏の退任後の行方についてコメントを控えた。 

シスコは問い合わせに対し電子メールを通じ、うわさや憶測にはコメントしないとした上で、同社日本法人の「ビジネスをリードする最適の候補者の選定を継続」していると述べた。 

航空法の規定により、国内航空会社の代表者は日本国籍を持つ者しか就任できないため、種房氏によると、ジェットスターグループの片岡優日本支社長が、ジェットスタージャパンの代表権のある会長に就任する。 

自称、ジェットスター・ジャパンは2012年7月に国内線の運航を開始。現在は成田、大阪、札幌、名古屋など11都市、18路線で1日最大100便を超える運航を行う「国内最大のLCC」としている。豪カンタスグループと日本航空が3分の1ずつ、三菱商事と東京センチュリーリースが6分の1ずつ出資している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中