火曜日は曇り

s寒いねぇ

花粉症が酷くて聖母病院

ランチはドピオコンパーナと海老とコールスローサンドウイッチ



広告

日本の航空会社の倒産確率ランキング

  1. スカイマーク 
  2. ジェットスター ジャパン
  3. エアアジア 楽天
  4. エア ドゥ
  5. スターフライヤー
  6. ヴァニラエア
  7. ピーチアビエーション
  8. 日本トランスオーシャン航空
  9. 全日空
  10. 日本航空

こんな感じでしょうか。

スカイマークについては、会社更生法ではなく民事再生法という中途半端なものですので債務が残ってしまいエアバスの1,000億円と言われる違約金債務も残ったままです。最後には解体切り売りもあり得るでしょう。

ジェットスターは損失額が売り上げ額を上回るなど事業として成立していない状況です。ど素人の社長とそのお友達役員達が、大塚家具もびっくりの経営ゴッコをしております。こんな経営陣を雇ったカンタスグループの自業自得ですが、運航停止は時間の問題ですね。

エアアジア 楽天はジェットスターと同じ運命で、早々と運航停止、倒産。

エアドゥ、スターフライヤーからピーチアビエーションは、全日空との共同運航や財務支援などで生かされているだけで、全日空の経営状況が芳しく無くなればあっという間に切られるでしょうね。

全日空は、日本航空が会社更生法で転けて事業縮小したことと、自民党との癒着が功を奏して路線規模こそ最大になりましたが、政治癒着に頼り過ぎたために、不採算路線も多く抱えている為に時価総額では日本航空を大きく下回っています。