スカイマーク A330 運航停止 エアバス機はダメだ エアバスに追い込まれて全て破綻

民事再生法の適用を申請したスカイマーク(SKY/BC、9204)は1月29日、都内の本社で会見を開いた。会見冒頭、井手隆司会長と有森正和社長は経営破綻について謝罪した。

 冒頭の謝罪後、有森社長は「運航には支障ない。これまで同様の利用をお願いしたい」と訴えた。29日時点で28路線を運航しているが、2月1日から3月28日まで札幌-仙台線など12路線で減便。現在の1日152便を、水曜日は126便、水曜以外は128便に減便する。

 那覇-宮古線と那覇-石垣線は、3月29日から運休。宮古と石垣は撤退する意向を示した。

 また、ロードファクター(座席利用率、L/F)の低迷が続くエアバスA330-300型機(271席)6機については、井手会長は「2月1日から運休する」と述べた。2月からはボーイング737-800型機(177席)27機に機材統一し、運航コストを抑えることで再建を図

 一方、井手会長と有森社長はリストラについては否定。雇用を維持するとして、A330のパイロットは、737へ資格移行する。A330は客室乗務員がキャンペーン用のミニスカート制服を着用したことで話題を呼び、2014年6月から羽田−福岡線と札幌線に就航している。

 井手会長は、「羽田の発着枠は36枠持っている。これを維持しないと既存航空会社の寡占になる」として、大手2社とは一定の距離を置く再建を進める考えを示した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中