デルタ 羽田シアトル線を廃止要求 ハワイアン 羽田コナ線を申請 アメリカン 羽田LA線を申請

 ハワイアン航空(HAL/HA)は現地時間1月5日、羽田-コナ線の運航を米国運輸省(DOT)に申請したと発表した。デルタ航空(DAL/DL)の羽田-シアトル線の便数削減で、DOTは羽田発着枠の見直しを決定。HALは発着枠の再配分を求めていた。日本とハワイ島のコナを結ぶ路線は、2010年に日本航空(JAL/JL、9201)が撤退して以来、約5年ぶりとなる。

羽田-コナ線の運航を申請したハワイアン航空=13年5月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire
 運航開始は6月1日ごろの予定で、1日1往復のデイリーで運航する。機材はエアバスA330-200型機(ビジネス18席、エコノミー276席、計294席)。

 運航スケジュールは季節により異なる。5月から10月までのHA842便は羽田を午後11時55分に出発、午後0時50分にコナに到着する。HA841便は午後6時10分にコナを出発、羽田着は翌日午後10時。

 ハワイ島西部に位置するコナは、日本人にとってもなじみのあるエリア。1996年から2010年までJALの直行便が乗り入れていた。デービッド・ユタカ・イゲ米ハワイ州知事は、コナ空港の再国際化を公約に掲げている。

 HALは2013年10月、羽田-コナ線をDOTに申請。同年12月1日で運休したアメリカン航空(AAL/AA)の羽田-ニューヨーク線が使用していた発着枠を利用する予定だった。

運航スケジュール
5月から10月
HA842 羽田(23:55)→コナ(12:50)
HA841 コナ(18:10)→羽田(翌日10:00)

11月から4月
HA842 羽田(23:55)→コナ(12:15)
HA841 コナ(17:05)→羽田(翌日10:00)

———————–//-//——–

 アメリカン航空(AAL/AA)は、羽田-ロサンゼルス線の運航を米国運輸省(DOT)に申請したと現地時間1月5日に発表した。デルタ航空(DAL/DL)の羽田-シアトル線の便数削減で、DOTは羽田発着枠の見直しを決定。AALは発着枠の再配分を求めている。

羽田への再就航を申請したアメリカン航空=13年6月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire
 米系航空会社に割り当てられた羽田空港の発着枠は、深夜早朝時間帯(午後11時から午前6時)の4枠。現在はDALがシアトル線とロサンゼルス線、ユナイテッド航空(UAL/UA)がサンフランシスコ線、ハワイアン航空(HAL/HA)がホノルル線で発着枠を使用している。

 羽田からのロサンゼルス線はDALのほか、全日本空輸(ANA/NH)が運航。UALとコードシェアを実施している。AALは同路線の開設が決定した場合、ボーイング777-200ERを投入する意向を示している。

 AALは2013年12月1日、羽田-ニューヨーク線を運休。ハワイアン航空(HAL/HA)が同年10月に羽田-コナ線で発着枠の利用を申請していた。その後、UALが同枠を活用し、2014年10月からサンフランシスコ線で羽田に参入した。

 HALも、DALのシアトル便の羽田発着枠についてはDOTに対して見直しを求めており、羽田-コナ線を申請している。

 一方、DALは「シアトル線は引き続き運航する」との立場を示しており、両社の配分見直しを求める動きをけん制した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中