Northwest DC-10-30 1:200 Final Livery

Inflight200
N240NW
ノースウェスト航空のDC-10 デルタ航空に合併する前の最後の塗装です。この機材は主にアメリカ国内線の幹線で使われていました。成田空港でも見かけましたが、グアムサイパン路線に投入されていました。
現在はデルタ航空がグアム路線を引き継ぎましたが、757で運航しています。

https://tokyostreetcar.wordpress.com

IMG_0371.JPG

IMG_0370.JPG

IMG_0372.JPG

IMG_0373.JPG

IMG_0374.JPG

IMG_0375.JPG

広告

Cathay Pacific L1011 1:200

BBox 200
bBox101101
VR-HOA

ロッキード社の旅客機の最後の機材がL-1011。独特の3発エンジンの形状でDC-10と激しい売り上げ合戦でしたが、DC-10の圧勝でしたが。

https://tokyostreetcar.wordpress.com

IMG_0364.JPG

IMG_0366.JPG

IMG_0363.JPG

IMG_0365.JPG

IMG_0368.JPG

IMG_0369.JPG

IMG_0367.JPG

Delta A330-300 1:200

Gemini 200
G2DAL305
N801NW

レジ番号からもノースウエスト航空の機材です。ノースウエスト航空は2000年初頭までアジア西海岸線は747-200を飛ばしていましたがreplacementとしてA330-200/300を導入しました。大幅値引きで一世代前の機材を導入する会社ですので。A330は1990年にデリバリーされたまのですので、ノースウエストが導入した時は既に10年以上たった旧世代になっていました。

成田シアトル線、成田ロサンゼルス線などに夏場を除いて使用しています。夏場は、キャパが足りないので、それぞれ777-200, 747-400を入れてます。

https://tokyostreetcar.wordpress.com

IMG_0349.JPG

IMG_0350.JPG

IMG_0348.JPG

IMG_0351.JPG

IMG_0352.JPG

IMG_0353.JPG

IMG_0354.JPG

【大韓航空】ナッツで激怒の副社長、乗務員をひざまづかせ冊子投げつける

ひどい会社ですね。こんな経営者一族の会社はごめんですね。でも、これが韓国企業ではよくある実態ですね。パワハラ、セクハラ、収賄、隠蔽、何でもあり。結局、会長の娘なので副社長で居座り続けることになったようですね。

大韓航空を運営する韓進グループ会長の娘で、大韓航空の副社長だった趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏が、機内でナッツを勧めた客室乗務員に激しく怒り、飛行機を引き返させてチーフパーサーを飛行機から降ろした問題は、当時の詳しい状況が乗客の証言から明らかになってきた。

趙顕娥(チョ・ヒョナ)・前大韓航空副社長がニューヨーク発のKE086航空便で、キャビンアテンダント(CA)とチーフパーサーをひざまずかせ、大声でののしる場面を見たという目撃者が現れた。当時、飛行機のエコノミークラスの前方に座っていたこの乗客は、趙前副社長がひざまずいた客室乗務員にファイルか冊子のようなものを投げつけ「探してみろと言ってるんだ」と叱責していたと話した。マニュアルとみられるこの冊子はCAの胸に当たり、床に落ちた。

問題が起きた飛行機はエアバスA380機で、エコノミークラスとファーストクラスが隣接していて、エコノミーの前方に座った乗客はファーストクラスの状況を見ることができる。エコノミーの前方に座っていたというこの乗客は「ファーストクラスでうるさい声が聞こえたので、何事かと思って状況を見た」と話した。

乗客の証言によると、最初は女性の客室乗務員一人でひざまずいていたが、後に男性のチーフパーサーがその横に一緒にひざまずいた。乗務員が叱られているように見えたという。趙前副社長の声は最初から最後まで怒鳴り声ではなかったが、声が相当甲高くなることがあった。この乗客は、趙前副社長がののしる声は聞かなかったが、乗務員に向けて冊子を投げつけ、「探してみろと言ってるんだ」と叫んだことははっきり覚えていた。この乗客は「あるCAが、ファーストクラスに座っている女性らしき乗客に、理解を求めていた」と話した。

エコノミークラス前方の乗客が騒がしくなると、CAたちが集まって通路をふさいだ。この乗客は、ファーストクラスのCAやチーフパーサーがタブレットPCを持っている姿は見えなかったと言い「その様子を見た乗客がなぜ黙っているのか分からない」と話した。

「ハンギョレ」は、大韓航空操縦士労組を通じ、その日の機内の状況を確認した。パイロットは趙前副社長が搭乗したことは知っていたが、操縦席から出ていないため、客室での状況は知らなかったとした。0時50分の出発に合わせ、0時47分に飛行機の扉を閉め、53分にトーイングカー(滑走路に誘導するための作業者)に載せる途中で停止したという。インターホンを通じ、チーフパーサーが降りることは操縦士も知っていた。飛行機は離陸まで13分程度かかった。操縦士労組は「操縦士は安全とセキュリティー、定時運航を守らなければならないため、この障害となる状況でなければ飛行機を離陸させなければならない。チーフパーサーが荷物を持って降り、操縦士は離陸後に客室での出来事を知った。口にするのも恥ずかしい状況だった」と明らかにした。