米留学の3割、中国から…日本のピーク時の6倍

IMG_0011.JPG

 昨年から今年にかけて米国の大学や大学院に留学した国・地域別の留学生数では中国が昨年比16・5%増の27万4439人と、首位を保った。

 7年連続の2桁増で、米国への留学生全体の31%に達した。2位はインド(10万2673人)で、韓国、サウジアラビア、カナダ、台湾と続き、日本(1万9334人)は昨年と同じ7位だった。

 調査は米国のNPO法人・国際教育研究所が行った。日本は1994~95年から97~98年にかけて国・地域別でトップだったが、少子化や日本の景気の悪化、帰国後の就職活動への影響懸念などから、97~98年の4万7073人をピークに減少傾向に転じた。

 中国人留学生は日本のピーク時の6倍近く、インドは2倍以上に達した。世界1、2位の人口大国の経済成長が留学生数に反映された形だ。

広告

月曜日 祝日 三井アウトレットパーク 入間

行きは練馬駅まで京王バス🚌
西武池袋線の準急飯能行きで入間市駅下車
帰りはレッドアローで池袋まで

アウトレットではCole Haanで革靴👞👞👞

池袋西武で買い物

池袋MUJI なかなかいいね

IMG_0181.JPG

IMG_0182.JPG
バターチキンカレー キーマカレー グリーンカレー

池袋西武の味咲で抹茶たい焼き

池袋東武のハリエでバームクーヘン

土曜日 晴れ 石神井台 吉祥寺 ルンバしながらセコム

昨晩は友人と代々木の田んぼで食事

今朝はルンバを走らせて、ロイスダールで朝食

尾崎フラワーパークで買い物

IMG_0152.JPG

IMG_0153.JPG

IMG_0151.JPG

IMG_0154.JPG

吉祥寺
佐藤とメンチカツ 10個買い
小笹で最中 10個買い

千駄ヶ谷の東京体育館で2,000m Swim

青葉 中野本店で特製つけ麺

ルンバをかけながら外出中にセコムを作動させていたことが発覚。警報がなって警察もきたようです。すみませんでした。

<スカイマーク>日航と提携交渉 共同運航、国交省は難色

 経営不振に陥っている国内航空3位のスカイマークが日本航空と提携交渉に入ったことが21日、分かった。スカイマークの羽田発着路線の一部を日航と共同運航することが提携の柱となる見込み。スカイマークは日航の顧客の取り込みが期待でき、日航側も搭乗者が多い羽田の発着枠を実質的に増やせるメリットがあると判断したとみられる。ただ、国土交通省は公的支援を受けて再建した日航による支援に難色を示しており、提携交渉は難航も予想される。

【共同運航実現でどうなる?】日航にとってのメリットは?

 スカイマークは同日、「日航に提携の相談をしているのは事実」(広報担当)とコメント。日航関係者も「スカイマークとの共同運航を国交省に相談している」と交渉を認めた。

 共同運航はスカイマークが今年6月に導入した欧州エアバスの中型機「A330」を使う便が対象とみられる。スカイマークはA330を4機保有しており、羽田-福岡、羽田-新千歳で運航。日航との共同運航で搭乗率を高める狙いがある。提携は業務面だけにとどまり、日航から資本は受け入れない見通しだ。

 公的資金を投入されて再建した日航は、2016年度まで新規投資やM&A(企業の合併・買収)などについて国交省への報告が義務づけられるなど、政府の監視下にある。国交省は「公的支援を受けた日航によるスカイマーク支援は公正な競争をゆがめる」として、共同運航の見直しを求めており、交渉は曲折もありそうだ。

 スカイマークは、格安航空会社(LCC)との競争激化や円安による燃料費高騰などで経営が悪化。15年3月期は136億円の最終赤字に転落する見通し。業績悪化に伴い、エアバスの超大型機「A380」の購入延期などを求めているが、約7億ドルの違約金支払いを求められる懸念がある。

 旅行会社、エイチ・アイ・エス(HIS)の澤田秀雄社長(当時)などの出資で1996年に設立された航空会社。機内サービスを簡素化するなどして航空運賃を大手の半額程度に抑え、98年に羽田-福岡線に就航した。

 しかし、規制緩和で登場した格安航空会社(LCC)との競争激化などで業績が悪化。2003年10月、インターネット関連企業「ゼロ」の西久保慎一会長が第三者割当増資(企業が特定の相手に株式を割り当てること)を引き受け、04年1月に社長に就任した。近年は、円安の進行に伴う燃料費高騰などで業績が再び悪化。エアバスと機体購入を巡る交渉が長引いており、14年9月中間決算では事業継続に「重要な疑義」があるとした。

デルタ航空 次の大型機材はA350とA330 neo

またもや安物買いの銭失いの愚かな航空会社が発生。

IMG_0009.JPG

デルタ航空、A350とA330neoを25機ずつ発注 747など後継

 デルタ航空(DAL/DL)は現地時間11月20日、エアバスA350-900型機とA330-900neoを25機ずつ発注したと発表した。ボーイング747-400型機や767-300ER型機の後継機として発注、A350は2017年、A330neoは2019年に受領する予定。

 A350のエンジンはロールス・ロイス社製新型エンジンのトレント7000を搭載。おもに米国とアジアとの太平洋路線に導入する。747-400と比較し、座席あたりの運航コストは20%程度向上する見込み。

 A330neoのエンジンはロールス・ロイス社製トレントXWBを搭載。大西洋路線や米国西海岸とアジアとの太平洋路線の一部に導入する。767-300ERと比較し、座席あたりの運航コストは20%程度向上する見込み。

 A350 XWBシリーズはこれまでに世界の顧客から750機の確定受注を獲得しているが、アジア太平洋地域からの受注は244機で、約3分の1を占める。また、ローンチカスタマーであるカタール航空(QTR/QR)には、年内に初号機の引き渡しを予定している。日本航空(JAL/JL、9201)はエアバスとシリーズ最大56機の契約を締結、運航開始は2019年を予定している。11月19日にはデモ飛行ツアーの一環として羽田に到着。日本初飛来となった。

 A330neoシリーズはA350 XWBと同様のウィングレットを装備し、燃費を向上させる。主翼幅の増加や新型パイロンなど、空力性能を強化するとともに、客室装備も改良する。座席あたりの燃費を14%削減し、航続距離も最大400海里(740.8キロ)延びる見込み。メーカー標準座席数は、A330-800neoが246-252席、A330-900neoが300-310席で、初号機の引き渡しは2017年10月-12月期(第4四半期)を予定している。

IMG_0010.JPG

木曜日

朝はクリーニング屋にセーターとズボンを取りに行って

おもむろに出社

中野駅のベッカーズでサラダブレックファースト

To Do
Swim
花の購入
ColeHaan購入
掃除機がけ
風呂場掃除
植木屋手配

うー