ジェットスター・ジャパンの6月単独決算は最終赤字111億円

この数字をみて、2年以内の黒字化が可能と嘘をいう経営者。日本航空とカンタスも増資した金額を半年で食い潰されたのではたまらないですね。債務超過、倒産。

———————————————
成田空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)が10日の官報で発表した平成26年6月期決算(単体)は、最終損益が111億円の赤字となり、赤字幅が前期の88億円から拡大した。営業損益は107億円の赤字(前期は90億円の赤字)だった。

 他のLCCなどとの競合激化に加え、関西空港を第2の拠点空港とする計画や国際線への進出計画が遅れたことで、手持ちの機材を十分に活用できなかったためと説明している。売上高にあたる営業収入は前期比約2・3倍の290億円。

 ただ、関空の第2拠点化が6月に始まったとして、「機材の稼働率は今後高まり、損益の改善も進むとみている。燃油や為替などに大きな変化がなければ、おおむね2年以内に黒字化の達成が可能」としている。

 同社は業績低迷による財務内容の悪化から、昨年10月に大株主の日本航空と豪航空大手カンタス・グループから110億円の追加出資を受けており、経営立て直しが急務となっている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中