三越がショッピングバッグを57年ぶりデザイン刷新 友禅をイメージ 紙袋

20140227-192126.jpg

 三越紙袋

三越伊勢丹ホールディングスは27日、三越のショッピングバッグを4月から新デザインに切り替えると発表した。白地に赤・青・紺の3色の四角い模様を用いた現在のバッグは1957年から使用しており、57年ぶりの変更となる。新デザインは、1904年に日本初の「デパートメントストア宣言」を実施して110周年になることでリニューアルする。

 人間国宝である友禅作家、森口邦彦氏による着物向けデザイン「白地位相割付文 実り」を採用した。たわわに実るリンゴを幾何学模様で表現しているという。大中小のバッグのほか、ワイン用、弁当用などで4月からは7種類を用意する。白地に赤の包装紙「華ひらく」はそのまま使用する。

 三越伊勢丹では昨年10月には伊勢丹のタータン柄のショッピングバッグもリニューアルしている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中