飛ばず泣かずのMSのタブレットサーフェス値下げ…

 米マイクロソフトは13日、今年3月に国内で発売したタブレット型端末「サーフェスRT」の販売価格を、6月14日~7月14日の期間限定で一律1万円引き下げると発表した。

 ボーナス商戦に向けた値下げで、円安を受けて値上げした米アップルの「iPad(アイパッド)」に対抗する。

 主力製品のうち、記録容量が32ギガ・バイトのモデルを4万9800円から3万9800円に、64ギガ・バイトのモデルを5万7800円から4万7800円に値下げする。iPadの同じ記憶容量のモデルと比べると、3000円~2万2000円安くなる。

 マイクロソフトは販売台数を公表していないが、今回の値下げは販売不振が理由とみられる。13日記者会見した日本マイクロソフトの樋口泰行社長は「タブレット市場では我々は後発だ。値上げしたiPadに、こちらは値下げで対抗していく」と述べた。