ジェットスター・ジャパン、初年度は48億円近くの赤字か

この会社は、おそらくずーっと赤字でしょうね。この小さな規模でこの大赤字。航空機は全部リース機なので固定費部分はほとんどないでしょう。ということは規模の経済は働かず、飛ばせば飛ばすほど赤字幅拡大。

経営者とその取り巻きが素人しかいないので無理です。債務超過になっても引き受け手がいないで親会社のカンタスが支援するのでしょうが、そのカンタスが経営不振。資金繰りがつかず、ある日突然、運行停止もあり得そうですね。

ジェットスター・ジャパンが初年度の赤字額が約48億円近くにのぼると、マッコーリー銀行の分析としてNAAが報道しています。2012年に日本で本格的に運航を開始した格安航空会社(LCC)ですが、エアアジア・ジャパンも苦戦が伝えられ、成田空港を拠点とした2社の苦戦と、関西国際空港を拠点としたピーチの好調さとで分かれた格好です。

ジェットスター・ジャパンは成田を拠点に6月11日に就航する松山線を含めると、新千歳、中部、関西、福岡、那覇、大分、鹿児島と8路線、名古屋発着は新千歳、福岡、鹿児島の3路線、関西発着は新千歳、福岡、那覇の3路線と14路線を展開。このうち、成田/名古屋線は7月17日までの運航。

機材数は5月末現在で12機導入済みと、LCC3社では最も多い機数を保有しています。このため、今後の路線増などLCCらしい規模拡大での巻き返しが進むかが焦点になりそうです。

火曜日は14時間も労働

付き合い残業的でもありましたが、早朝から深夜まで。ふぅー明日も早朝出勤。
ワールドカップ最終予選?そんなのどうでもいいかな。私はアメフトの方が好きです。サッカーのあのダラダラ感が嫌です。