33社で1064人が不正受験の疑い 薬の登録販売者

西友の会社ぐるみの不正行為、産地偽造や賞味期限偽造もこういう会社はやっていそうです。

 一般用医薬品(大衆薬)の一部を販売できる「登録販売者」の試験で不正があった問題で、厚生労働省は18日、試験が始まった2008年以降、少なくとも33社の延べ1064人が不正受験をした疑いがあるとする中間報告をまとめた。

 試験を受けるには、薬剤師らの指導を受け医薬品の販売に月80時間以上、1年間従事するなどの実務経験が必要。これらを満たしていないのに、勤務先が受験に必要な実務経験証明書を発行するなどの手口が目立った。

 昨年11月、大手スーパー、西友(東京)で不正が発覚したことを受け、厚労省が都道府県を通じて調査していた。

 西友は12年11月までに延べ310人、神奈川県を中心にドラッグストア「フィット・ケア・デポ」を運営するカメガヤ(横浜市)は延べ485人が不正受験したとみられる。それぞれ125人と136人が合格した。

広告

米警察、ボストン爆破容疑者の身柄確保 ボート内に潜伏

下記はボストンで外出禁止令が発効された時の写真です。アメリカのテロ対策は徹底していますね。ケースに応じてこういう風に対応すると決まっているのでしょう。素早い判断に迷いがないですね。東京の警察が同じことできるか?そもそも検討ばかりで時間が過ぎて行くので?

ボストンダウンタウンはロックダウン WSJ

20130419-163029.jpg

 【ボストン=中井大助】ボストン・マラソンを襲ったテロ事件で、警察は19日午後8時45分(日本時間20日午前9時45分)ごろ、逃走を続けていたジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)の身柄を確保した。ボストン郊外のウォータータウンの住宅の庭に止めてあったボートの中に潜んでいた。重傷を負っているが、意識はあるという。
 ジョハル容疑者は兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)=19日に死亡=とともに、15日にあったボストン・マラソンで爆発物をしかけた疑いがあるとして、連邦捜査局(FBI)が行方を追っていた。
 また、18日夜にマサチューセッツ工科大(MIT)で警察官が射殺された事件なども起こした疑いがある。捜査当局はジョハル容疑者を病院に搬送したが、今後逮捕して事件の経緯などを調べるとみられる。テロ事件では3人が死亡し、170人以上がけがを負った。
 FBIは18日夕、両容疑者の画像を公開。19日未明にウォータータウンで両容疑者と警察の間で銃撃戦が起き、タメルラン容疑者が死亡した。ジョハル容疑者は逃走したが、周辺に潜んでいる可能性が高いとして警察が捜索を続けていた。
 警察は19日朝から銃撃戦があった一帯を封鎖。ボストン近郊の市民に自宅から外に出ないように呼びかけ、公共交通機関も全て停止させ、捜索を続けていた。午後7時すぎ、銃撃戦の現場から約1キロ離れた場所の住民が、ボートに血がついていると気づき、中にいた容疑者を発見。警察官が現場にかけつけ、身柄を確保した。確保の時、銃撃もあったが、どのような経緯かは分からない。発見されたジョハル容疑者は全身血まみれで、19日未明の銃撃戦でけがを負ったためとみられる。
 一方、ボストン・グローブ紙など複数の米メディアは、警察がテロ事件に関連して、マサチューセッツ州ニューベッドフォードで3人の身柄を拘束したと伝えた。容疑者であるかどうかは、分からないという。ボストン市警はジョハル容疑者の身柄確保を受けて「これまでの捜査からすると、脅威は去ったと考えていい」としている。
 オバマ大統領は容疑者の確保を受けて19日夜、声明を発表。「まだ、分からないことがたくさんある」として、連邦捜査局(FBI)や司法当局に事件の全容解明を求める考えを示した。事件の背景について、報道が先行していることを批判し、「結論を急ぐべきではない」と述べた。
 両容疑者はロシアのチェチェン共和国周辺の出身で、02年に両親と一緒に渡米。数年前からボストン周辺に住んできた。テロリスト・グループとの関係があるかどうかは、確認されていない。

20130419-203050.jpg
20130419-203101.jpg
確保現場へ向かう警察官
20130419-210553.jpg
容疑者確保された住宅
20130419-210539.jpg

ボストン近郊の某住宅が包囲、銃口が向けられているようです。もう一人の犯人も射殺間際か

20130419-074213.jpg
WSJ 上記の写真はボストン近郊の某住宅を包囲している模様です。テレビもこの状況は放送していませんので、報道規制が引かれているのでしょう。このリアルタイムの映像を見る限り、時間の問題ですね。もう一人の犯人も射殺される可能性が高いですね。事件の真相は闇に。

この記事がWSJのFBに掲載された途端、余りにリアルタイムなので捜査関係者を危険にさらすという非難投稿が殺到して、現在は削除されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボストン周辺の交通機関全面運休、外出控えるよう住民に呼び掛け AFP=時事 4月19日(金)20時1分配信
【AFP=時事】米ボストン(Boston)近郊でボストン・マラソン(Boston Marathon)爆破事件の容疑者1人が逃走を続けていることを受け、マサチューセッツ(Massachusetts)州のデバル・パトリック(Deval Patrick)知事は19日、ボストンと周辺地域一帯の公共交通機関を全面運休とすることを決めた。

ボストン・マラソン爆発事件、容疑者1人死亡 1人逃走中

 市当局の発表によると、運休になるのはボストン市内に出入りするバス、電車など全ての公共交通機関。また、市内と周辺6地区の住民には外出を控えて自宅にとどまり、相手が警察だと確信できない場合は決して玄関のドアを開けないよう呼び掛けている。

 ボストンの警察当局は18日夜から大規模な追跡作戦を行い、19日未明にボストン近郊ウォータータウン(Watertown)で容疑者1人の身柄を拘束した。現在、警察の特殊部隊や警官9000人が2人目の容疑者を追っており、ウォータータウンの周囲3.8キロメートル四方の住宅をしらみつぶしに捜索している。

 拘束された容疑者は病院で死亡が確認された。【翻訳編集】 AFPBB News
20130419-073723.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
容疑者1人死亡、1人逃走=チェチェン出身の兄弟―警察と銃撃戦・ボストン爆弾テロ
時事通信 4月19日(金)20時21分配信
 【ニューヨーク時事】米マサチューセッツ州ボストンで15日起きたボストン・マラソン爆弾テロ事件で、警察当局は19日未明(日本時間同日午後)、ボストン郊外で銃撃戦を伴う追跡の末、容疑者2人のうち1人を拘束したことを明らかにした。拘束された容疑者は銃撃戦で負傷し、搬送先の病院で死亡。警察は残る1人の行方を追っている。170人以上が死傷したテロ事件は、発生から5日目に重大局面を迎えた。
 捜査当局によると容疑者2人は兄弟で、ロシア・チェチェン出身。死亡したのはタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)で、ジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)が逃走中。米紙ニューヨーク・タイムズによると、米国には2002年に家族で移住してきたという。
 CNNテレビが治安当局者の話として報じたところでは、タメルラン容疑者は爆発物を身に着けていた。ジョハル容疑者も爆発物を所持している可能性があり、当局は周辺住民に外出を控えるよう要請。また、ボストン圏のすべての公共交通機関は運行が停止された。
 警察は逃亡中の容疑者の確保に向け、ボストン近郊で大規模な捜索を行っている。
 捜査当局は18日、容疑者2人の写真と映像を公表し、市民に2人の身元特定などで情報提供を求めていた。
 こうした中、ボストンに隣接するケンブリッジにある名門大学マサチューセッツ工科大(MIT)付近で18日深夜、警官が何者かに撃たれ、死亡した。撃ったのは容疑者2人か、そのどちらかとみられている。2人はその後、付近で通りがかりの車を奪い、ボストン西方のウォータータウンに向けて逃走。駆け付けた警察がこれを追跡した。追跡中、警察と容疑者側との間で銃撃戦が発生、容疑者は車から爆発物を投げ付けたとの情報もある。この際、警官1人が撃たれ、重傷を負った。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<ボストン爆破テロ>死亡の容疑者 「圧力鍋」爆弾投げ抵抗
毎日新聞 4月19日(金)21時6分配信

米ボストン爆破テロ事件の犯人追跡で、銃撃戦となった郊外の現場を警戒する警官ら=2013年4月19日、AP

 【ウォータータウン(米マサチューセッツ州)小坂大】閑静な住宅街の上空をヘリコプターが旋回し、銃声と爆発音が交錯した--。ボストン・マラソン連続爆破テロ事件は19日未明(日本時間19日午後)、ボストン郊外のウォータータウンで容疑者の男2人と捜査当局による銃撃戦へと急展開した。容疑者1人は死亡が確認されたが、もう1人は武装したまま車で逃走し、住民たちを恐怖に陥れている。

【公開された容疑者の写真、警戒する警官ら 緊迫の写真特集】容疑者の足取りも地図で

 「2人の男は警官隊と約60メートル離れて撃ち合い、爆弾のようなものも投げた」「自宅の窓から目撃した」とニューヨーク・タイムズ紙に証言した男性住民らによると、容疑者の一人は「圧力鍋のような爆弾」を警官に向かって投げたが、20メートルも飛ばずに爆発したという。男は警官に向かって走り出したが、銃撃を受けて倒れた。その隙(すき)に別の男は車に乗り込んで警戒線を突破し、逃走したという。容疑者の死因は銃弾と爆発物の両方によるものだとみられている。

 米メディアによると、事件が急展開したのは現地時間18日午後10時ごろ。米連邦捜査局(FBI)が爆弾テロの容疑者2人の写真を公開してまもなく、ボストン市内の名門、マサチューセッツ工科大学(MIT)付近のコンビニ店で強盗事件が起き、直後に大学構内で警官1人が射殺された。射殺した容疑者は近くで車を奪って西に十数キロ離れたウォータータウンに逃走し、通報を受けて追跡を始めた警察と銃撃戦となった模様だ。

 銃や爆発物で武装しているとみられる容疑者が逃走したことで、地元警察はウォータータウンを事実上封鎖した。「極めて危険なテロリストが逃走している。外出せず、自宅にとどまってほしい」。現地で記者会見した警察幹部は、厳しい口調で住民に呼びかけた。ボストン市内の地下鉄など公共交通機関も運行を止めている。

 ウォータータウン周辺では、19日未明から大量に投入された警官が住宅や路地をしらみつぶしに調べ始めた。住宅を訪問する際には背後に小銃を構えた複数の警官を配置し、容疑者の反撃に備えた。

 一方、駆けつけた100人を超す全米や世界各国の記者たちは町内のショッピングセンター駐車場に集められた。ここでも金属探知犬が投入され、メディア関係者の所持品を一つ一つ調べるなど、物々しい雰囲気に包まれている。

Microsoft tops profit forecasts despite slump in PC market

今度はCFOが退社を発表。マイクロソフトは相当病んだ会社ですね。病原菌のスティーブバルマーとケビンターナーは居直るようですが。

Confirmation that Microsoft is working on smaller Windows touch devices and an announcement that the chief financial officer is leaving livened up the company’s latest quarterly results, in which it delivered solid earnings amid a sharply declining PC market.

In its fiscal third quarter, which ended March 31, Redmond-based Microsoft exceeded analysts’ predicted estimates for profit, though the company fell just slightly short of revenue forecasts.

Buoyed largely by its traditional stronghold of business customers, Microsoft posted a profit of $6.06 billion, or 72 cents a share, on revenue of $20.49 billion.
20130419-071832.jpg
That’s a 19 percent increase in profit and 18 percent increase in revenue from the same quarter last year. The figures are also records for third-quarter revenue and third-quarter earnings per share.

Analysts’ consensus estimate for Microsoft’s third quarter was earnings per share of 68 cents on revenue of $20.66 billion.

“Our results reflect our diversified portfolio, as well as the investments we’ve made in key strategic areas,” Chief Financial Officer Peter Klein said during a conference call with analysts Thursday.

Klein, who has been CFO for nearly four years and at Microsoft for 11, announced that he will be leaving Microsoft at the end of the fiscal year at the end of June. The company said it will name a successor from its internal ranks in the next several weeks.

In an email he sent to colleagues, Klein said he had no specific plans for now other than to work with his successor on a smooth transition, and then to spend more time with his family and to travel.

CEO Steve Ballmer, in a memo to employees, said Klein was “a key part of my leadership team and a strong adviser.”

“He helped drive the successful Skype and Yammer acquisitions, has had a profound impact on the finance profession overall, and exhibited good oversight on cost controls as CFO,” Ballmer said.

During the conference call with analysts, Klein confirmed a recent rumor that Microsoft is working with manufacturers on smaller touch devices running Windows. Such devices presumably would compete with smaller tablets such as the Google Nexus 7, Kindle Fire and iPad Mini.

Klein said those devices will arrive in the coming months and will have lower price tags.

Klein also acknowledged the challenging PC market, saying “Windows revenue has been impacted” — it was essentially flat this quarter — and that “there is no doubt the device market is evolving.”

Microsoft’s big bet in addressing that evolving market is Windows 8, introduced last year. Though Microsoft has touted in the past that sales of Windows 8 licenses were on par with sales of Windows 7 at this point in their respective life cycles, the company did not release updated figures Thursday. Nor did it say how sales of its own branded Surface computers were doing.

Klein touted the company’s new, accelerated pace for Windows updates and innovations, and confirmed the upcoming release of Windows Blue — code name for the follow-up to Windows 8.

Microsoft is responding to a changing market in which the sales of mobile devices are rapidly overtaking those for traditional desktop and laptop PCs.

Research firms IDC and Gartner had reported earlier this month that PC sales saw their steepest drop in years, plunging 11 to 14 percent in the first three months of 2013, compared with the same quarter last year.

In light of those reports, “to see what Microsoft reported was somewhat comforting,” said Sid Parakh, analyst with investment firm McAdams Wright Ragen. “On the PC front — where most of the focus has been — clearly, there are still challenges. But you can see the enterprise piece of their business is certainly doing well.”

Microsoft’s third-quarter figures reflect a recognition of deferred revenue related to upgrade offers for Windows and Office and a video-game deferral.

Those figures were partially offset by a $733 million fine from the European Commission for not carrying through on a commitment to provide a browser choice screen in some PCs sold in the European Union.

Without those adjustments, in the third quarter, Microsoft posted earnings per share of 65 cents on revenue of $18.83 billion.

Here’s how Microsoft’s divisions did:

Windows and Windows Live: $5.70 billion revenue, a 23 percent increase from last year. But those figures include recognition of revenue related to a Windows upgrade offer. Adjusting for that recognition, revenue was essentially flat at $4.62 billion, compared with $4.63 billion for the third quarter last fiscal year.

Business (includes Office, Lync, SharePoint, Exchange, Dynamics) $6.32 billion revenue, an 8 percent increase. But those figures include recognition of revenue related to an Office upgrade offer and pre-sales. Adjusting for the recognition, the division posted revenue of $6.13 billion, a 5 percent increase.

Office 365, Microsoft’s subscription-service version of its traditional productivity suite, is on pace to become a $1 billion business by the end of the fiscal year, Klein said.

Server and Tools (includes Windows Server, SQL Server, Windows Azure, Visual Studio, System Center, Windows Embedded): $5.04 billion revenue, an 11 percent increase.

Most of that increase was driven by multiyear licensing revenue, which was up 20 percent, according to Lisa Nelson, a Microsoft director of investor relations.

Entertainment and Devices (includes Xbox, Windows Phone, Skype): $2.53 billion revenue, an increase of 56 percent. Those figures include recognition of revenue from a video-game deferral related to upgrades or enhancements to “Halo 4” that the company hadn’t yet delivered in the second quarter. Adjusting for that recognition, revenue was $2.15 billion, up 33 percent.

Online Services (includes Bing, MSN): $832 million revenue, an 18 percent increase. The loss for the quarter was $262 million, narrowed from a $480 million loss a year ago.

Microsoft shares were trading after hours at $29.56 after ending the regular trading day at $28.79, down 3 cents.