日光 高さ30メートル「氷の神殿」 日光の雲竜渓谷で見ごろ

20130127-052946.jpg

20130127-053009.jpg

 【金川雄策】栃木県日光市の雲竜渓谷に、高さ30メートルにも達する巨大な氷柱(つらら)が姿を現した。厳冬期の数週間だけ見ることのできる「氷の神殿」。市山岳遭難防止対策協議会の大久保勝会長(73)は「朝の逆光に輝く氷柱群は絶景だが、気温が上がると落氷の危険がある。ヘルメットとアイゼンは必携です」と話す。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中