ドコモ、格安タブレット販売を発表 9975円 : 新種のガラクタ発売

NTTドコモ、ガジェットならぬ新種のガラクタ新発売ですね。日経新聞はドコモとの関係で宣伝記事を沢山掲載していますが、消費者の目からみれば、『発売前から失敗作』というレベルのガラクタにしか映りません。ドコモらしいといえば、ドコモらしい。次のガラクタはいつ発売なんだろう?

 NTTドコモは22日の春モデルの発表会で、格安タブレット(多機能携帯端末)「dtab(ディータブ)」を3月下旬に発売すると発表した。価格は米グーグルやアマゾン・ドット・コムのタブレットより安い9975円に設定。低価格を武器に普及させ、通販・コンテンツ配信を手掛ける自社の電子商取引(EC)サイト「dマーケット」の利用拡大を促す。

 ディータブは中国華為技術(ファーウェイ)製。10インチの画面と処理装置が4つあるCPU「クアッドコア」を搭載している。インターネットには無線LAN(構内情報通信網)で接続。高速通信サービス「LTE」など携帯電話回線は利用できないため、毎月のデータ通信料金はかからない。

 9975円はドコモの既存のスマートフォン(スマホ)利用者が対象で、9月末までのキャンペーン価格とする。通常は2万5725円で扱う。

 ドコモはディータブを通じてdマーケットの利用促進を狙う。dマーケットでは映画などの動画配信や日用品の通信販売、ソーシャルゲーム(交流ゲーム)を販売している。端末の採算は度外視し、ECサイトの利用増で収益を上げる考えだ。

 グーグルやアマゾンもタブレットをコンテンツ配信やECサイトの販促ツールとするため、価格を1万円台に抑えている。国内のタブレット市場では米アップルの「iPad(アイパッド)」のシェアが大きかったが、調査会社のBCN(東京・千代田)によると昨年12月に初めてグーグルの「ネクサス」がiPadを抜いてシェア首位に立った。ドコモの格安タブレット投入で販売競争が一段と過熱しそうだ。

 春モデルではスマホ9機種、ディータブを除くタブレット1機種などを4月までに順次販売する。スマホでは高いデザイン性が特徴のソニーモバイルコミュニケーションズ製「エクスペリアZ」を販売の目玉とする。

 国内で初めて2画面のタッチパネルを備えたNECカシオモバイルコミュニケーションズ製のスマホ「メディアスW」も注目を集めそうだ。

マイクロソフトがデルに出資 : 大変だ! 警察に通報しよう。スティーブバルマー君がマイクロソフトを殺そうとしているよ

朝からアメリカの役員達のビデオカンファレンスでした。これが毎週あるんですよね。その後は会議に次ぐ会議。まだ、転職してから一ヶ月なんですけど。。。夜は、昨日に続きサンプラザで2,000mスイム。

マイクロソフトがデルコンピュータに出資してデルを未上場にするニュースが出ていましたね。事実上の経営統合を念頭においているのでしょう。Appleがソフトウエアとハードウエア(スマートフォンとタブレット)で成功し、Googleが携帯電話メーカーのモトローラを買って、アマゾンがKindleを開発してタブレットやスマートフォンマーケットに進出しているのに、スティーブバルマー君が単に刺激されたのでしょうが、正直言って負け犬同士の自爆テロにしか見えませんね。スティーブバルマー君の経営者としての資質の低さと間抜けさ加減は驚愕の域に達しましたね。ビルゲイツ時代に溜め込んだキャッシュが綺麗さっぱり無くなるでしょうね。
例えば、ノキアはスティーブバルマー君と彼が送り込んだ社長によってウインドウズフォンにBetして携帯電話マーケットの主要プレーヤーから弱小プレーヤーに、あっという間に転落しましたねぇ。デル マイクロソフト連合は同じ道を辿りそうです。あっぱれ、デストロイヤー、スティーブバルマー!

下記の記事のタイトルがいいですねぇ。『大変だ! 警察に通報しよう。スティーブバルマー君がマイクロソフトを殺そうとしている!』

Call The Cops: Steve Ballmer’s About To Murder Microsoft

NEW YORK (TheStreet) — Okay, this will make it sound like I’ve got a boulder on my shoulder (that’s stolen from Springsteen, by the way, not Manfred Mann or Eminem), but, from time to time, it’s tough not to wonder how initial media reaction to big tech stories can be so brainless.

More on MSFT
Buy, Sell or Hold Apple: Psychology, Sentiment and Your Cost Basis MattersStock Futures Flat Ahead of Debt Ceiling Vote
Microsoft (MSFT_) might pony up $1 to $3 billion to help take Dell (DELL_) private and more than one person (Steve Ballmer) thinks it’s a brilliant strategic move.

Here’s a headline representative of the brainless reaction: Microsoft buying a chunk of Dell would be smart (for Microsoft). This thought process posits (I hate that word!) that Microsoft wants more control over hardware that runs Windows 8. It wants to ensure that these devices jibe with CEO Steve Ballmer’s grand plan (trust him, he has one), so if Microsoft calls the shots or, at the very least, has some influence at Dell, this takes care of that.

See if (MSFT) is in our portfolio

First, Michael Dell will likely retain a large enough stake in his company to keep Ballmer at bay. So, what we’ll have is a case of the blind leading the blind. Even if Ballmer ends up able to make all of the key Microsoft-related decisions at Dell, well, that’s not good. In fact, it might be worse. Like a blind man trying to use a crosswalk where the Walk/Don’t Walk signals don’t talk.

Excitement over the prospects of Microsoft involvement in a bid for Dell starts from a faulty premise. That, beyond Xbox, any even remotely redeeming (or, more so, actionable) qualities exist between at the two companies.

I’m not sure why a company that makes hardware — Microsoft — buying another company that makes (out-of-favor) hardware appears as some sort of magic bullet to a surprising number of people. It’s not like these two companies will get together and bring innovation and wildly popular consumer/enterprise products to market like Apple (AAPL_), Amazon.com (AMZN_) or even Google (GOOG_).

Microsoft isn’t dying because Dell stinks. Microsoft is dying because Microsoft stinks and Steve Ballmer continues to play make believe that he’s the right guy to be CEO of a company in desperate need of wholesale transformation.

Ballmer is killing Microsoft by keeping up the charade that, after five years of stagnation and an abject cluelessness regarding how to integrate and leverage the fantastic Xbox, he not only deserves to keep his job, but that what another company does ultimately holds Microsoft back.