霧のシアトルから雪吹雪の東京 成田空港へ

日曜日のフライトでも東京に帰ってきました。フライト搭乗前にシータック空港内のレストランで、シーフォークス対アトランタファルコンズのプレイオフが生中継。私も大騒ぎで食い入るようにみています。1st Halfが終わって、0-20もう駄目かと思い、ゲートへ。機内にはいると何と4Q残り30秒でで28-27の大逆転。機内は大騒ぎでした。機長も興奮して実況中継。しかし、残り5秒でアトランタの怒涛の攻撃、Field Goalが奇跡的に決まってしまい、終わってみれば、28-30で敗退です。チームがまだ若いので来年以降に大きな期待を残しました。2Hで4回のタッチダウン、素晴らしいです。
20130114-063542.jpg
成田空港に近づくと、機内アナウンス。『成田空港は雪吹雪の為に滑走路が閉鎖されています。したがいまして、40分ほど上空を旋回して待機します。』40分間、旋回後、『雪吹雪ですが着陸を試してみます。しかし、滑走路の状況によっては着陸を中止することもあります。あらかじめご了承ください。』視界ゼロの雪吹雪の中を降下して行きます。下りても下りても、雪吹雪、視界ゼロ。乗客も皆、不安げです。残り1分で突然に真っ白な地面が見えてそのまま真っ白な滑走路に着陸。ホッとしました。ランディング自体はスムーズでかなり上手いのではないのでしょうか。
20130114-061102.jpg
空港内の入国税関を通ってみるとガラガラ。この猛吹雪の中を着陸したのは私のデルタ航空155便だけで、他のフライトは着陸を躊躇していて前にも後にも誰も着陸機はありません。この時間の到着便は私の便だけ。
20130114-061207.jpg
JR線は運転見合わせ、リムジンバスも運転見合わせ、京成線だけが大幅遅延で運転中。日暮里まででて山手線で帰宅しました。

家に到着してからは2時間、ずっと雪かきをしていました。腰に堪える。

広告