手間は足し算、味は引き算

プロフェッショナル仕事の流儀に出演されていた、岐阜の中華料理人の言葉です。

『手間は足し算、味は引き算』

余りに深みがありすぎる言葉で感動しました。私が思うに、料理人の世界で、手間暇をかけてつくる料理ほど心がこもった料理でありますが、味がお客様にとって複雑すぎてはいけない、その分、出来るだけ厳選されたより少ない最高の素材だけで勝負しなさい、という風に解釈しています。

これは、私の今の仕事にも当てはまることなので、『うーむ、その通りと共感と、その的を得た少ない言葉に感動してしまいまいした。』

東日本地震の後遺症 i Pad 2が出荷されない? トヨタ車 GM車

東日本地震の後遺症で、i Pad 2の生産計画に狂いが生じそうです。日本製の一部部品調達ができない可能性があるということで、米国外の発売分について供給ができない可能性もあります。(日本での発売は既に無期延期。)

トヨタやジェネラルモーターズも日本製部品の調達ができなくて、生産を縮小しています。今後、航空機やその他の製品も品不足になるかもしれません。

小学生が経営する企業 東京電力、みずほ銀行、東京都庁、政府、日本航空、JR東日本

日本にはどう見ても、小学生が経営しているのではないか、と思える企業があります。

東京電力 : 独占(Monopoly)企業で競争なんてしたことが無いのでしょう。都合の悪いことは隠蔽、知らない、聞いていない、存じ上げない、現場に聞かないと分からない。先行きを見通す力なし。リスクは一切取らない。電気、ガス、水道は一度設備を作ってしまえば、毎日毎日、チャリーン、チャリーンてお金が入ってくるので、ずっと昼寝でもしていたのでしょう。今回のような災害が起きると、寝起きなので頭が回らず、ろれつの回らない記者会見をします。

みずほ銀行:2002年の3行統合の時も、システム障害で給料振込みなど全ての口座間取引がストップし、長期にわたって社会を混乱させました。前田とかいう頭取が謝罪していましたが、そのまま居座っていました。基本的には、前回の教訓を、反省しているといいながら、実は反省など全くしていない。今回のシステムトラブルが、小学生以下の経営品質を物語っています。『オレオレ詐欺』もみずほ銀行を安心して利用できませんね。(^^)