.

.

広告

平日は晴れ、週末は雨、曇り

ここのところ、シアトルは平日に仕事をしているときは快晴、そして週末は雨、曇りです。今日も、オフィスの窓の外はまぶしい位のいい天気。全く、嫌になりますねぇ。
最近はエジプトが大変なことになっていますね。夏に2週間、休暇でエジプトに滞在しましたが、この混乱の前に行っておいて良かったです。あの時は平和そのもので、カイロに泊まったホテルはムバラク大統領の公邸の目の前でした。今回の混乱は、例え、ムバラク大統領が退陣したとしても、収拾に時間がかかりそうですからね。

中学高校受験の季節

話は変わりますが、2月1日。今年も、東京は中学受験の日ですね。私も子供の頃は四谷大塚やしどう会に通って勉強したものです。結局は、第3志望の私立中学(明治大学付属明治中学)に入学して一年間通ったあと、地元の中野区立第七中学に転校しました。その後、高校受験をして第2希望の私立高校(開成高校)に進学しました。

世の中100%上手くはいかないもので、なかなか第1志望の学校には入れないものです。それでも、今になって思うのは、結果よりもその過程の方が、人生の肥やしになっているなぁと感じます。塾に通ったり、浪人をして予備校に通って、いい先生や友達に恵まれました。

特に、高校受験では、しどう会(学習指導会)という塾に通いました。当時は、代々木の小さな塾で、主に私立武蔵高校や武蔵中学の受験のための塾でした。塾長の高橋隆介先生という先生がおられて、この方がすばらしい先生で、教え方そして人間的にも尊敬しておりました。なにしろ、人をおだててやる気を引き出すのが上手い。そんな先生にめぐり合えなかったら、明治中学を辞めることもなく、そのまま高校受験もしなかったと思います。私の人生に、大きな影響を与えた先生でした。その後は、九段にありました秀英教育センターという塾に移りました。この塾は、学芸大学付属中学の生徒が、内部選抜試験に合格して付属高校に進学するための塾でした。ここでは、英語の先生に恵まれました。とにかくすばらしい先生でした。私は英語が嫌いで苦手でしたが、この先生に教えてもらって、どういう訳か、とてもやる気がでてよく勉強しました。

いまや、しどう会も秀英もなくなってしまいましたが、今でもこの時のことは忘れられません。

今年の中学、高校受験、一人でも多くの方が、より希望に近い学校に入れるといいですね。