Hanford シアトル近郊の原発、世界最大級の核施設

http://seattletimes.nwsource.com/html/localnews/2014001657_hanford23m.html

Hanfordのことがシアトルタイムスに載っていました。この場所はワシントン州の南東部に位置する場所で、核廃棄物の処理場です。ただし、ただの核廃棄処理場ではなく、世界最大級の核廃棄処理場で米国の三分の二の高濃度核処理を行っています。問題は1940年以降、長崎の原爆、ソ連との冷戦時代の核兵器といった数々の核兵器の製造を行い、その破棄物をこの場所に埋めてきましたが、埋めているタンクが何十年も前に寿命を過ぎてしまい、今では放射線物質を含む廃棄物が土壌やコロンビアリバーに漏れている可能性が高い点です。米国の環境省が新しいタンクを作ってそこに移し変える工事を開始していますが、出来るのが2020年以降、新しいタンクへ移し終わるのが50年後。その間にも老朽化したタンクから汚染物が漏れている可能性があるそうです。また、この移し変えプロジェクトもかなりリスクが高いもので移し変えの最中に核反応がなんらかの理由で起きたり、空中飛散する可能性も指摘されています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Hanford_Site

広告

CEO交代

Googleのエリックシュミッドが降板するそうです。確執ですね。

January 21, 2011

Why Is Eric Schmidt Stepping Down at Google?

Posted by Ken Auletta

googlecar_opt.jpg

Was Eric Schmidt pushed or did he jump? Both. According to close advisors, the Google C.E.O. was upset a year ago when co-founder Larry Page sided with his founding partner, Sergey Brin, to withdraw censored searches from China. Schmidt did not hide his belief that Google should stay in the world’s largest consumer marketplace. It was an indication of the nature of the relationship Schmidt had with the founders that he—as Brian Cashman of the Yankees did this week—acknowledged that the decision was made above his head. He often joked that he provided “adult supervision,” and was never shy about interrupting the founders at meetings to crystallize a point. In the eleven interviews I conducted with him for my book on Google, he freely told anecdotes about the founders, sometimes making gentle fun of them, never seeming to look over his shoulder. Yet he always made clear that they were “geniuses” and he, in effect, was their manager. After a bumpy first couple of years after he joined Google as C.E.O. in 2001, they had developed a remarkable relationship. But also a weird one. How many successful organizations have a troika making decisions? Schmidt, according to associates, lost some energy and focus after losing the China decision. At the same time, Google was becoming defensive. All of their social-network efforts had faltered. Facebook had replaced them as the hot tech company, the place vital engineers wanted to work. Complaints about Google bureaucracy intensified. Governments around the world were lobbing grenades at Google over privacy, copyright, and size issues. The “don’t be evil” brand was getting tarnished, and the founders were restive. Schmidt started to think of departing. Nudged by a board-member friend and an outside advisor that he had to re-energize himself, he decided after Labor Day that he could reboot.

He couldn’t. By the end of the year, he was ready to jump on his own. He is fifty-five, a billionaire, a man comfortable in his own skin. He would stay a year as executive chairman, said an advisor, and then do something else. In the meantime, Larry Page, who read books on business as a young man, who at age twelve read a biography of Nikola Tesla and took away the lesson that it was not enough to be a brilliant scientist if you were not also a good businessman who controlled your inventions, had more aptitude for management than Sergey Brin. It was always assumed that one day Page would be C.E.O. Now that he is about to be, he will have to change. He is a very private man, who often in meetings looks down at his hand-held Android device, who is not a comfortable public speaker, who hates to have a regimented schedule, who thinks it is an inefficient use of his time to invest too much of it in meetings with journalists or analysts or governments. As C.E.O., the private man will have to become more public. And he will have to rid himself of a proclivity most engineers have: they are really bad at things they can’t measure. Like fears about Google’s size, and privacy and copyright and how to deal with governments that are weak at measurement but rife with paranoia.

Schmidt leaves behind an extraordinary company, and one that, despite the fact that Facebook is the flavor of the month or year, is producing annual revenues of close to thirty billion dollars (compared to Facebook’s reported two billion dollars). The knock on Google is that it is, in Steve Ballmer’s words, “a one-trick pony.” But it is no longer true that search is Google’s one trick. Google’s YouTube, which has a forty-per-cent market share of all Web videos, has started generating profits for the first time. Its Android operating system powers more smart phones than Apple’s iPhone, and, just as it took Google three years to monetize search, presumably they will find a way to get a slice of the advertising dollars or to sell the operating system. And Google’s display-advertising revenues have doubled. Many challenges assail Google and its new C.E.O., but Google—and Eric Schmidt—have more reasons to smile.

 

 

会社のロゴマーク

木曜日、あと一日で金曜日。久しぶりに朝方は晴れていました。車で405を南下してレントンまで行ってから、また戻ってきて会社に出社しました。

日本航空が会社のロゴを発表しました。国営航空会社の字体とマークに戻りました。個人的には鶴丸を戻すことには賛成で、いい意味でのデザイン変更だと思います。

一方、スターバックスが先日、ロゴの変更を発表しましたが、こちらは賛成できない変更です。現状のマークで何がいけないんでしょうか?先日、ギャップがロゴを変更して、顧客から大クレームを受けて慌てて撤回した例がありますが、スターバックスは大丈夫なんでしょうか?

Steve Jobs氏、休職 スターバックスのでかいコーヒー?

アップルのスティーブジョブス社長が休職することが発表されました。膵臓がんの摘出そして肝臓移植と過去に2度、病気と治療で長期に休職していますが、現在のアップルは彼の存在なしには語れません。マイクロソフトにウインドウズに90年代に壊滅的にやられて、瀕死の会社に追いやられました。それから、苦節、15年、今や、マイクロソフトを抜き去り、時価総額世界一のIT企業です。早く、病気を治して戻ってきてほしいものです、今の時代には数少ないカリスマ経営者です。

スターバックスといえば、ショート、トール、グランデ、ヴェンティ、ですが、さらにその上のTrentaというサイズが発売されることになるそうです。約、一リットルサイズらしいですが、マクドナルドやバーキーのデカイコークのようで、何か下品ですね。ブランドイメージがますます壊れていきます。アップルとは正反対です。

今、シカゴのインターネットラジオ局を聞いています。すばらしくいい曲が流れてきました。また、彼のコンサートに行かなくては。

The Child In Me (Marion Meadows)

 

KWJZ Seattle

曇り

朝6時前に用事があって車で405を南下してレントンに行ってから、またベルビューに戻ってきて会社に出社しました。さすがにこの時間はフリーウエイもガラガラでスイスイでした。

年末、私が好きだったジャズのラジオ局KWJZが放送を終了してしまい、一般的な音楽を流すラジオ局に変わってしまいました。私も含めてショックから立ち直るのに時間がかかったシアトル地区の住人は多いのではないでしょうか。ダイアナローズさんをはじめ非常にいいDJが、次々にいい曲を紹介していき、我が家も私の車もこのラジオ曲以外は聞きませんでした。なんだか生活に穴が開いてしまったようで寂しい限りです。

以前、シカゴに住んでいたころ聞いていたジャズのラジオ局WNUAも数年前のある日、突然、放送を中止しまい、ラテンミュージックのラジオ局になってしまったときも大きなショックでした。深夜勉強しながら聞いていると「WNUA Chicago」と低い声で年配の女性がDJがささやくと、次々にいい曲を紹介していきます。時々、鳥肌が立つほどのいい曲が流れてきて、感動のあまりしばらく余韻に浸ったりしたものです。

 

 

雨の週末 シーホークス敗退

今週末はシアトルらしく雨まみれな天候でした。

土曜日 朝は曇り、WallingfordのEssentail Baking Companyでブランチ。チーズハムエッグのサンドウィッチでした。その後、車でグリーンレイクへ行きました。湖を2週、役10km散歩しました。その後は車でI5を北上してアウトレットモールへ買い物です。ブルックスブラザーがアウトレット価格から60%オフとセールでウールのセーターなどを買い込んでしまいました。夜はBellevueの銀座で寿司デラックス。

日曜日、今日は朝10時から、シカゴベアーズ対シアトルシーフォークスのプレイオフ第2戦です。先週の土曜はシーフォークスのプレイオフの第1戦の試合(対ニューオーリンズ セインツ)の試合をQwest Fieldに見にいってきました。ニューオーリンズは昨年のスーパーボールチャンピオン。レギュラーシーズン負け越しで辛うじてプレーオフに進出したシーフォークス負けを予想していました。結果は劇的な逆転勝利。今日の試合も期待が高まります。私はシカゴの近郊のエバンズトンに大学院留学時代に2年間住んでいましたので、シカゴベアーズの大ファンでもあるので、複雑な心境でした。残念ながら雪が降り、気温はマイナス6度の環境下、シーフォークスは敗退。これでシーズン終了です。しかし、私の大好きなシカゴベアーズが来週は同じ中西部地区のグリーンベイパッカーズとNFCの優勝をかけて来週試合です。シカゴに勝ってほしいですが、グリーンベイも同じ中西部地区の強豪。いかに。

夕方は車でレントンに行って、その後はシアトルのコスコと宇和島屋で買い物をして帰宅しました。

シアトルに戻ってきました。

1月1日(土)にシアトルに戻ってきました。羽田-関西-シアトルという飛行機で戻る予定でしたが、成田-シアトルのビジネスクラスに空席ができましたので、当日変更してもらい、直行便で帰ってきました。晴れていますが、気温は相変わらず低いです。

1月2日(日)はシーフォークスの今期最終の公式戦を見にいってきました。相手はセントルイスラムズ。負け越し同士ですが、この試合に勝った方が西地区の優勝チームでプレーオフへ行きます。16-6でかろうじて勝ち、来週はプレーオフです。

1月3日(月)用事があってレントンに車で行きました。ボーイングフィールドを回って宇和島屋で買い物をして帰宅しました。アメリカにも振り替え休日があるんですね。