マウイ バケーション その3

3月21日 ハナ
ハナの休日です。何だかすべてがゆっくり。時間が止まったみたいですね。この街にはホテルはここ一軒、簡易宿泊所みたいのは数件ありますが、それだけです。地の果てですね、ここは。ハナ ハイウエイが開通するまでは船が唯一のアクセス手段だったそうで、今でもハナ ハイウエイを使うと2-3時間はかかります。
朝は、ハナベイにある小屋のような売店でブレックファーストサンドウィッチとコーヒーでした。ハナはマウイの北東に位置し、天気が常に悪いです。北東からの風が雨を降らせて、この緑豊かな景観を生み出しています。一般にハワイのリゾート地が南西にあるのは、北東からの風が山を越えると乾燥して、天気がいいからです。
 
朝食後はホテルの北にあるHamoa Beachに行ってみました。ここはホテルの宿泊客はビーチタオルやチェアを借りることができます。波が荒かったのです、ポケーと眺めて過ごしました。その後は車でハナの南に行ってみました。車線も双方向で一車線の崖道ですが、鬱蒼としていてハナらしいくねくね道でした。夜はハナ ランチのレストランでロコモコでした。
 
3月22日 ハナから、ノース カアアナパリへ。
朝食をホテルのレストランで取り、しばらくホテル内を散歩してのんびりし、チェックアウトしました。ハナハイウエイを戻り、ノース カアアナパリーのHonua Kaiにチェックイン。ここはビーチ沿いのコンドです。まだ、新築物件で私がチェックインした部屋も西海岸の高級コンドのようなインテリアで、ハイエンドな家具や電化製品、そしてお風呂、洗面台と、私のシアトルの家のコンドに戻ったようなそっくりなインテリアでした。ハワイらしいインテリアは一切ないのが、賛否両論で、人によっては西海岸をハワイに持ってきてしまったようだ、という人もいます。ともあれ、快適なコンドで目の前は珊瑚の砂のビーチが続きます。1階には、これもまたハイエンドな商品を置く小さな高級デリカッセン兼コンビニエンスストア、そしてちょっと粋なビーチレストラン。
早速、ホテル前の砂浜を裸足で歩きながらシェラトンホテルの方まで歩いて行ってみました。結局、途中からカアアナパリ循環バスにのってしまし、ホエラービレッジのCane & Taroというレストランで夕食。料理を間違って持ってきたにも関わらず、外国人だというのでチェックに18%のチップが含まれていたので「こんなチップ払うっていってないよ」といってチップを除いてもらいました。マウイでこんな失礼なレストランに出会ったのは最初で最後でした。Whaler VillageのCane & Taro、行っては行けません。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中