シアトルのバストンネルでの暴力事件

2週間前にシアトルダウンタウンのバストンネルの中心駅、ウエストレイク駅で、ショーラインの黒人の女子高校生が若い黒人の集団に殴ったり蹴られたりして物を取られたという事件がありました。第一報が新聞などで報じられた時は、なんて酷いことがシアトルで起きるものだと思われました。発生した時間も平日の午後7時過ぎと、まだまだ通勤客も多い時間帯。記者会見でこの女子高生が泣き崩れている映像が流されて、またニューヨークタイムズ紙まで報じており、とてもショッキングなものでした。
 
シアトルのトンネル内には民間のセキュリティーガードも各駅に常駐しており、現場ではその民間のセキュリティーが立ち会っていましたが、その暴力行為をとめなかったと問題になりました。セキュリティーは契約上、介入してはいけないとなっており、警察に通報する義務しかないそうです。この事件以降、トンネル内には警察官の巡回も行われるようになりました。
 
このニュースを聞いた時に、シアトルダウンタウンに住んでおりトンネル駅を日常的的に使用している私には奇異に感じました。トンネル駅を夜間も普通に利用していますが、こういう事には遭遇したこともないです。むしろ、セキュリティーも常駐で安全に感じていました。
 
その後、どうもこの事件、怨恨らしいことがほぼ確実になってきました。どうやら、この女子高生はデパートのメーシーズ内でこの集団と遭遇しており、この集団のメンバーとは顔見知りであったそうです。また、集団の中の別の女子生徒2人を過去に何度も殴っており、その恨みがこの事件のきっかけになったそうです。その為に、この集団がメーシーズからこの被害者女子高生につきまとい、トンネル内で事件に発展したということです。
 
そして、さらに、今日のシアトルタイムスの報道によれば、昨年、この被害者の女子高生は、少なくとも2人の他人に対して暴力窃盗事件をおこしており、その事件で告訴されています。一人は51歳の会計士で、もう一人はセキュリティーガード。
 
当初は被害者と思われていたこの黒人女子高生、筋金入りの悪党であったようです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中