Washington Wine

米国の人気情報誌『フード&ワイン』で醸造家のトップに選出されたチャールズスミスの一本。年間数百ダースのみの生産なので、なかなか手に入りにくい。タンニンが強めのシラー種だが、最後にオレンジのような香りが立ち上がる、芳潤な香りを持ち味とするワシントン産らしい一本。日本販売価格、5250円。
家族経営のワイナリーが造る良質なワイン。83年創業の若いワイナリーだが、01年、02年には『ワインスペクテータ』誌のトップ100に選出された、カシスやベリーの風味に、土っぽさ、スパイシーな香りが加わる典型的なカベルネ種の特徴を持つ。フルボディーの辛く口。日本販売価格4830円。
 
今日は朝方は床屋に散髪に行ってきました。チップ込みで16ドル。香港人のおばさんがやっている零細床屋美容院です。床屋の待ち時間にパイオニアスクエアのグランドセントラルベーカリーでベーコンエッグボロの朝食サンドウィッチ。その後はUWに車で行って帰ってきました。夕方にはUWに水泳に行ってきました。1550メートルスイム。空いていました。帰りにはUNIVERSITY VILLAGEのQFCで買い物して帰宅。
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中