シアトル 航空会社 ランキング

シアトルに住んでいるといろいろと利便性が東京に住んでいる場合と異なってきます。
マイルの積算やその他をいろいろ考えた場合のシアトル居住者のベスト5航空会社はこんなところですかね。
 
1. アラスカ航空
シアトルを本拠地とするこの航空会社はアラスカ航空というよりも、シアトル航空かワシントン航空、またはウエストコースト航空に改名したほうがいいのではないでしょうか。西海岸を中心に強力なネットワークを持っています。デルタ航空とアメリカン航空の両方をマイレージプログラムに含みいいとこ取りの様相です。将来的には大手航空会社から吸収合併のお誘いがかかった来るでしょう。
1. デルタ航空
南部アトランタをベースとする元々アメリカでは二流の航空会社でした。パンナムの大西洋線を受け継ぎ、ノースウエスト航空を買収しシアトル-東京線も手にしました。多数の東海岸への直行便をもち、西海岸ではアラスカ航空との提携によりネットワークを維持しています。またシアトルからヨーロッパへもKLM、エールフランスとのジョイントベンチャーにより路線網を増大しつつあります。太平洋線だけでなく、大西洋線の極めて高いことになります。かつての南部の二流航空会社が今や世界最大の航空会社になっていまいまいました。最近ではオーストラリア線やアフリカ線も開設し、来年6月からシアトル-大阪線もdailyで飛ばことになりました。
3. アメリカン航空
アメリカを代表とする名門航空航空会社の一つですが、ダラスを本拠地とすることもあり南部色が極めて強い(ナショナリズムの強い)アメリカの田舎の航空会社であることも事実です。ワンワールドが今ひとつ上手くいかないのはアメリカン航空の企業体質にあると言われます。つまり、アメリカのナショナリズムを振りかざす覇権主義が強すぎことです。アメリカでも比較的リベラルな大都市出身者(民主党支持層?)は、そろってアメリカン航空は大嫌いです。あのギラギラした金属にアメリカ国旗のような機体。テキサスのこの航空会社はブッシュ共和党を連想させるのでしょうか。シアトル-東京線から撤退して久しいですが、アラスカ航空との提携により一定の西海岸ネットワークを維持しています。
4. ユナイテッド航空
シカゴを本拠地とする名門航空会社です。シアトル-東京線がありますが、一番のネックは西海岸線が貧弱なことでしょう。サンフランシスコやシカゴに住んでいれば第1位の航空会社になりますが、シアトルではマイルの積算は難しいでしょう。パンナムの太平洋戦を買収してからは破竹の勢いを見せた時期もありますが、2度のChapter 11をファイルし、近年は資金繰りの問題が噂されるなど経営が不安定です。パンナムを夢見てUA001便とUA002便という世界一周路線を開設した時期もありました、あえなく運休。パンナムの花形路線を引き継ぎかつては毎日2便飛ばしていた東京-NY線も撤退。縮小基調です。このシカゴエアラインが長い冬眠から目覚めるのはいつでしょうか。
5. バージンアメリカ航空
西海岸線が充実してきており期待の星です。サウスウエストと類似したビジネスモデルですが、西海岸に特化しています。
広告

シアトル ブランチ ランキング

曇り
 
今朝は近所のWhole Foodsで朝食(目玉焼き、ベーコン、ポテト)を買ってきて家で食べました。
 
シアトル ブランチ ランキング
 
1. Lola (4th & Virginia)
2. Grand Central Bakery (Pioneer Square)
3. Essential Baking Company (Wallingford)
4. Portage Bay Cafe (South Lake Union)
5. Le Parnier (Pike Place)
6. Gilbert’s Main Street Bagel (Old Bellevue)
7. Blu Water (Greenlake)
7. Bagel Oasis (Ravena)

7. Original Pancake House (Kirkland)
10. Cafe Campagne (Pike Place)
10. Le Pichet (1st & Virginia)
 
午後はSeahawks対Detroit Lions戦を見に行ってきました。曇り空でもう寒いですね。第一Qが終わってまさかの2 Touch Downを食らって0-14の点差。最後は32-20で終わりましたが、NFLでもダントツの弱小チームにこの試合運びはやはりかなり不安です、この先。