四半期業績と株式相場

 
今週から来週にかけてはアメリカや中国の主要企業が四半期業績を順次発表しています。業績の良し悪しで特定のセクターの株価が上がったり下がったり。DowもNasdaqも色々な思惑が交錯しているのが見えます。Intel, Google, Apple、Chase銀行, Wells Fargoなどが好業績を発表し、その一方でBank Of AmericaがConsumer MortgageやCredit Cardの引き当てなどで900億円の赤字決算で金融株が冷え込みました。Citiは黒字を確保したものの、引き当てや税金還付の数字のからくりですので、マーケットはNeutralでした。GSは引き続きTransactionの増加で増収増益。
航空会社は全般に底打ちを感じさせるようなところですので、全般的には回復基調のようです。IBMやAmazon辺りが市場の期待を下回ったようです。
 
全般的にまさに一喜一憂状況で、人間の欲と感情がむき出しになっているのが今週のマーケットです。

引き続き労働

霧のち晴れ
 
朝方は濃霧で我が家から隣のビルすら見えない程でしたが、徐々に晴れ間が見えました。昨日は昼休みにプールにいけましたが、今日は何だかんだで行けませんでした。