お仕事です…

晴れ
 
フランスから帰ってきて先週半ばに会社に出社する予定でしたが、シアトルの気候が寒くて体調を崩してしまいしばらく休んでいました。
今日もシアトルオフィスに出社してチョロ仕事。私、結構飽きっぽいので仕事も似たような仕事ですとアンマリ気合が入りません。何か新しい仕事をしてみるかなぁなんて最近思っています。
 
フランスからアメリカに帰ってきて思ったのですが、アメリカって国は豊かであるようで豊かでない国だなってことです。物は広く浅くはあるのですが、実は浅いんです。例えば、ニースのスーパーマーケットにいくと、ヨーグルトだけで10メートルはあろう冷蔵の棚一列を占領、チーズでまた一列。驚きです。100種類以上ヨーグルトがあるってことでしょうか?アメリカのスーパーではせいぜい30-40種類が限界です。こだわりが甘いんですね。フランスパンもフランスのフランスパン バケットと同じものはシアトルでは手に入らないです。スーパーで売っているものはサワーが入っているし、Le Panierのだって柔らかすぎです。クロワッサンやバケットのあのしっとり感と味はなかなか難しいですね。
 
あとブドウ。ニースのホテルの近所のお店でブドウを買ってきては海を眺めながらベランダでかじりました。さすがはフランス、ワシントン州もブドウ(ワイン)の産地ですが、フランスのブドウに完敗ですねぇ。
 
この街のこだわりといえば食パンでしょうか?マルタイ グレイン ブレッド、ホワイト、ウィーット色々です。それからベリー類には異常なこだわり(私も含めて)がありますね。ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーなどは安いと思います。ブラックベリーなんてニースのマーケットでは存在すらしませんでした。(季節が終わったのかしれませんが。)
広告