衆議院選挙の投票

晴れ
 
今日も夏日のシアトルでした。朝方はシアトル総領事館まで歩いていき、衆議院選挙の投票をしてきました。私の選挙区は東京7区(中野区・渋谷区)ですのでこの選挙区から候補者名を書き、後は比例の政党を記入して終わりです。領事館のオバサン、オジサンが5-6人も投票所にいて何だかお祭りのような大騒ぎです。投票用紙の申し込み書を配る係り、投票用紙を交付する係り、記入済みの投票用紙を受け取る係り、立会人のサインをする係り、と何だか間抜けな感じです。役所仕事ってこうなってしまうんでしょうか?アメリカの役所もビックリの非合理的な時間のかかりようと複雑化した事務作業でした。その割には領事館内に報知新聞の人を入れていてアンケートと称して出口調査を許しているというチグハグな感じでした。
 
シアトルオフィスに出社して仕事。午後は一度帰宅してまた夕方からシアトルオフィスに出社。

I Love This Company ?

晴れ
 
今日も快晴で現在の気温は摂氏27度。暑いくらいの陽気です。今日は朝は会社に普通に出社し、お昼はプールで1,600メートルスイム。そして午後はシアトルオフィスに立ち寄って帰宅しました。1530には家です。
 
私の現在勤めている会社のオフィスは上の階に社長をはじめとする役員のオフィスがあるのですが、お昼にプールに行く際にエレベータに乗ったら社長と出くわしてしまいました。エレベータ内は2人だけでしたので、「おや、驚きましたよ」なんて2-3言、挨拶を交わしました。私のような一社員が言うのもなんですがオーラがないんですよねぇ全く、残念ながら。ただのオッサン。私も今の会社に随分と長く勤めていますが、なんというか愛社精神というのが入社以来一度として感じたことがありません。私のような感じ方が普通なのかどうかはわかりませんが、今後も会社に対する愛着とかそういうのは全く沸くことはないでしょう。よく、I Love This Company.なんていう人がいますが、私はそんなことを言ったら嘘になるので口が裂けてもいえませんね。
 
話はがらっと変わりますが、私は酒井紀子のファンでも何でもありませんが、酒井紀子事件、本当に小説化や映画化されても十分いけるような内容ですね。逮捕までのメディアの騒がせ方も素晴らしいものがありますが、その逮捕されてからもれ伝わってくる内容がドラマのような筋書きです。あるゴシップ記事によると…
 
酒井容疑者や高相容疑者が社長と呼び、酒井の逃亡バックアップとその後の弁護をしている人物は、「解体工事」や「産業廃棄物収集」の事業を行っている建設会社「TTTT」の取締役・TTTT氏だそうで、本社は酒井容疑者と高相容疑者の担当弁護士が所属する法律事務所の「みやび」の入る東京・虎ノ門「みやび」ビルにあるそうです。 建設会社も法律事務所も“TT一族”が経営しており、このみやびという名前もTT元弁護士の娘さんのお名前からとったそうです。TT元弁護士さんはイトマン事件や麻布建物事件で社長と暴力団とともに資産隠しをおこない、逮捕され弁護士資格剥奪をされた大活躍の有名や方のようでして、バックには元首相の森氏がついておられうそうです。
酒井容疑者のお父様はその筋の方で色々あるようですが、継母の方は新宿の美人喫茶(そんなもんがあったんですねぇ。)で働いていた頃にこの大活躍の元弁護士さんと知り合いそれ以来の家族ぐるみの付き合いだそうですから、サンミュージックの社長さんの付き合いとは比べ物にならない長くそしてディープなものがあるようです。

好天でも月曜日です。

晴れ
 
いい天気に恵まれますシアトルです。朝からバタバタ仕事をしていましたが、夕方にはそそくさと退散しました。
今週前半は上司が夏休みでいないので、気楽に仕事をしています。 結構、こういうの露骨で、上司がいないと会社にこなかったり何処かで雲隠れして時々仕事をしているフリをしていたり、結構モラル低いです、今の会社。
 
 

好天の日曜日

晴れ
 
好天の日曜日です、午後からは少し暑いくらいですが、それでも最高気温は摂氏25度位。
東京の夏に比べると暑いうちにははいりませんが。
 
パイクプレースに行ってLe Panierでパンとケーキを買って、マーケットで花を買って帰宅。花は毎週パイクプレースマーケットで買いますが、スーパーマーケットの花に比べると季節感やみずみずしさを感じることができます。
 
箱根-某所

週末

曇りのち晴れ
 
週末は穏やかな天候に恵まれています。ブランチは近所のPortage Bay Cage @ South Lake Union。
トーストにサニーサイドアップ、ソーセージにコーヒーでした。
 
夕方は来るまでワシントン大学のプールに泳ぎに行き1,600メートルスイム。帰りは宇和島屋で買い物をして帰宅です。
 
部屋の窓から夕日がオリンピック山脈にゆっくりと落ちていき、プジョーサウンドの海がオレンジ色に光っていています。
シアトルのいい夏の一日です。
 
 

週末です。

曇りのち晴れ
 
肌寒いシアトルです。朝から会社に行って、昼は会社のチームランチで車でイタリアンレストランへ行きました。17ドルのパスタでしたが、シーザーサラダつきでした。
spazzo : ダニエルブロイラーのグループが経営するイタリアンレストランらしいです。本業のステーキレストランはlake unionやleschiにある店は知っています。とくにleschiのレストランは景色が素晴らしくステーキも美味しいです。spazzoは正直言って、別にという感じですね。まあ、イーストサイドに住んでいる人はここにくるのかも知れませんが、シアトルにはもっと美味しいイタリアンレストランが山ほどありますから、それと比べてしまうとかなり雰囲気も味も劣ります。まあ、日本でいうファミリーレストラン クラスですね。
 
夕方はそそくさと帰ってきて昼寝。夜は家で冷やし中華でした。
 
夜は近所のWhole Foodsに散歩がてら行き、Molly Moon’s Ice Creamを買ってきました。Wallingfordに行かなくてもベーシックな味のバルサミコストロベリーやジャスミングリーンティー、バニラなどはここで買えます。

マクドナルドも真っ青のスターバックスの酷い接客

曇り、雨、晴れ間
 
ぱっとしない天候が続くシアトルです。昼間は曇り、夕方帰宅時には雨、そして今は晴れ間が少しののぞいています。
 
 
朝から、社内の別部門から慌てふためいたメールが2通きています。なんだか、ヨーロッパとアメリカ地区の事業所と話をしていたら何だか問題が発生して助けを求めているようです。午前中、どうしてやれるかを話し合って午後にこの部門とconcall。何とか蓋をしました。こんなもんです。調整につぐ調整。でも、会社にはろくに仕事をしないのもいます。今回の件もあるイギリス人のオバサンは当事者の一人にも関わらず、議事録だけ書いて終わり、議事録書くだけで何のcontributionもないので給料貰っているのかよ、という気持ちです。(まあ、このオバサンは毎度こんな感じなので何も期待していないのですが。)
 
今日は帰りにダウンタウンのスターバックスに雨宿りもかねて行きました。ノードストリームの目の前の店舗ですが、無表情の店員が店の器具の掃除をしながら接客をするという酷い接客態度でした。パシフィックプレースの店舗は毎回、これまた無表情どころか客の注文を忘れるという酷いもので何でこういうことになるのか信じがたいです。最近は、不景気のよる税収減でアメリカの政府機関でもスターバックスよりもましな態度の職員が多いと思います。1995年から1998年のスターバックスは輝いていましたが、今のスターバックスはマクドナルドの店員も真っ青の酷い状況です。マクドナルドは昔から柄の悪い黒人やヒスパニック系の店員がふてくされた雰囲気(こんな鼻くそみたいな時給でやってられるかよ、みたいな)で客に対応していますが、これも慣れればそんなもんか、客単価も安いしと思わなくもありません。スターバックスは単価が比較的高く、また店員は白人が多いですが、特にシアトルダウンタウンやカークランドあたりの店員の連中の態度といったら時給1ドルにも値しないものだと思います。夕方6時以降に行こうものなら店内の清掃で忙しく、客の注文も掃除の合間にめんどくさそうにとります。挙句の果ては客が飲食をしている横でバキュームクリーナを動かして床のほこりを巻き上げる有様です。ありえないです。
 
スターバックスの新ブランド 15th Avenue Coffe & Tea
キャピタルヒルの15th Avenue沿いに出来ました。
 
先日の新聞で、「スターバックスの業績悪化に歯止めがかかった。トヨタのカンバン方式を取り入れて。」なんて記事がありましたが、要するにトヨタ自動車の工場での効率重視のやり方を取り入れてコスト削減効果がでました、ということです。まあ客の飲食している横で掃除機を回してホコリを巻き上げたり、掃除をしている手を止めてその手でコーヒーを客に出すのがその効率なのでしょうか。馬や牛に餌を配る商売と勘違いしているように感じます。