月曜日 建前社会 アメリカ

晴れ曇り
 
建前社会アメリカ 
月曜日はここアメリカでもサラリーマンにはため息の出る日です。今日はバスで会社に行きましたが、月曜日の話題になると「月曜日だよぉー長い一週間だな」みたいな会話がちらほら。これが上司の前になると「私は毎日会社にくるのがわくわくしています。(very excitedです。)」なんて心にも無いことをいうのがアメリカ人ですね。日本を大きく上回る建前社会、それがアメリカです。たとえば、毎朝毎朝、「Good Morning. How are you?」なんていいますけど、そんなの誰も本気で相手のご機嫌や体調なんで気にしていません。病気で体調が余り良くないなんて言おうもんなら、「What’s up?」tと建前では聞きますけど、心の中では「何だよ、誰も本当のことなんか聞いていないんだから、I am good.とか言ってくれればいいんだあよ。」と思っています。
 
今日は朝8時半から会議。昼にはプールで1600メートルスイム。なんだかんだで夜8時過ぎに帰宅でした。今週は金曜日に役員に今月の業績報告会がありますのでそこそこです。
 
GMチャプター11と株価
そういえば、今朝はChapter 11をファイルしたGM株が29セントをつけたらしいですね。今朝買って終値(70-80セント)で売れば2.5倍でしたねぇ。神のみぞが知るですけど。1万ドル買っとけば、一夜にして2万5千ドル。いやー痺れますね。そんな勇気ないですけどね。
 
某宗教法人と和食レストランの関係
アメリカに住んでいると気がついてきますが、アメリカにある和食レストランの一部は某宗教法人(韓国を本拠とする例のです。)と結びついていることを見聞きします。なんとなく、私はそういう宗教の息がかかった店が好きになれないので、なるべく避けています。この辺りではKirklandにあるレストランがそうらしくて私は決して行きません。シカゴの近郊にも小規模な日本食のスーパーがあってその宗教法人の経営でした。お店の方は親切でいい方なのですが、洗脳されて無報酬で働いているらしくてどこか魂を抜かれてしまっているように感じました。
 
エールフランスA330大西洋上で消息絶つ
ブラジルからパリ シャルルドゴール空港行きのエールフランスのA330旅客機が大西洋上で雷にヒットされて消息を絶ったそうです。恐らく、絶望的な状況ですが、大西洋ではバミューダ海域など古くからこういった大型旅客機が消息を絶つ事故が多いように思います。太平洋上では殆ど聞きません。もっとも飛行機は雷にヒットされるのを想定されて設計されていますので、雷に当たったくらいで墜落するのは考えにくいのですが、どうなんでしょうか?ブラジル軍が捜索をかけていますが、発見されていません。広い大西洋、極めて捜索は困難でしょうが、確か飛行機が墜落すると信号を発信すると思ったのですけど、それを受信はできないんでしょうかね。
広告