メモリアルデー ウイークエンド 土曜日

快晴
 
雲ひとつない真っ青な青空。気温もぐんぐん上がりました。朝はパイオニアスクエアのGrand Central Bakeryでコーヒーとブレックファーストサンドウィッチ。日本のテレビ番組のビデオの返却と借り替えをして一旦帰宅です。
午後からはエリオット湾にヨットでsailingに行ってきました。一時間半、シアトルのピアからベインブリッジアイランドまでの往復でしたが、気持ちのいい潮風と太陽。堪能しました。 
 
夕方は、まずはクラブポットでwait listに載せてもらって、パイクプレースまで散歩でいってピロシキー・ピロシキでピロシキをつまみました。今回はハムチーズと野菜のピロシキを食べましたが、やはりビーフオニオンが一番旨いです。クラブポットではキングクラブレッグスでした。
 
広告

Jazz in the city

快晴
 
今日は昼間は淡々と仕事をして昼はジムで1700メートル泳ぎ、夕方には帰宅しました。
久しぶりにKoji Osaka屋で刺身ディナーを食べて、ベノヤ・ホールへ。
今日はJazz in the cityというジャズのコンサートが20時からありました。
最初の1時間半はCandy Dulfer。
そして後半の1時間半は、Norman Brown、Eric Darius。Wayman Tisdaleは出演予定でしたが先週の金曜日に骨髄ガンの為に急死。追悼コンサートを兼ねる形になりました。
 
 
コンサートが終了したのは23時半過ぎ。3時間にわたるいいコンサートでした。
 
Mariah Carey "HERO" 
古い曲ですが、私の大好きな曲の一つです。残念ですが今勤めている会社にはオーラが出ている人は社長も含めて皆無ですが、彼女にはオーラが出ています。Jazzのアーティストには結構、オーラが出ている人がいます。オーラは地位や役職が高いから出てくるのではないと思います。自分のプロ(職人)としての技術や実力に確信を感じている人から出てくるような気がします。私がライブで見た人の中では、シカゴブルスのマイケル・ジョーダンのオーラは半端なものではなかったですね。アメリカの大統領よりもオーラが出ていましたからね。日本人でもジャズピアニストのKeiko Matsuiやシアトルマリナーズのイチローにはオーラが出ていました。確信があるんですよね。

仕事でしたぁ

快晴
 
朝からいい天気でした。オフィスに一日いました。私のオフィスの部屋は西向きが大きな窓で、午後から眩しいくらいに明るくなります。今日も柔らかい日差しの中、仕事をしていました。(私は窓際族です。)こうして家に帰ってきても日差しの中、オリンピック山脈や海、レイクユニオン、スペースニードルを眺めながらblogをこうして書いているんで実は贅沢なことですよね。(毎日毎日なので完全にマヒしていますけど。)
 
今日は午後から3つの国と地域と来年度の予算の打ち合わせ会議だったのでプールにも行けませんでした。でも明日は金曜日、Jazzのコンサートもあるし、その後はメモリアルデーウイークエンド。半年振りの祝日です。ちょっと何処かに車か船で旅行でもしようかとホテルのレートを見ているのですが、アメリカ人の同僚に教えてもらったある旅行サイトがいいですねぇ。そのサイトでホテルを検索するとその条件でTravelocity、Expedia、からすべての主要旅行サイトのすべて探してくれて、各サイトの料金を安い順に全部出してくれるんです。まさにバーゲンファインダー。

快晴でも仕事

晴れ
 
暖かくいい天気の一日でした。朝から晩まで仕事でしたけど。この間、私が役員向けに作った、「会社の売り上げと景気回復について」の分析がかなり受けていて、ヨーロッパ中東アジア地区の役員会でも使用された他、今日はさらに本社上層部の役員向けへの報告資料にも採用されることになりました。
 
昼はスポーツクラブで1600メートルスイム。夕方7時過ぎに会社をでて帰宅です。8時過ぎまで明るくて、家の窓からエリオット湾の水面が夕日でキラキラ光っていてとても綺麗でした。これからのシアトルはいい季節を迎えます。

Keiko Matsui

Keiko Matsuiのコンサートに行ってきました。初めて、そしてやっと、彼女のコンサートを見られと本当に楽しみにしていました。
2130開演でしたが、20時過ぎから待って、中央の最前列を確保しました。数々の名曲を目の前で見られうという至福のひと時でした。日本人らしくアメリカ人の演奏家とは違い、とても控えめで時々照れながら演奏するのですが、そのピアノやキーボードの演奏はまさに完璧です。エモーションを込めながらもこうした完璧なジャズを毎回毎回披露しているやはりその場数なのでしょうか。デビュー以来23枚のアルバムCDをアメリカを中心に世に送り、こうして今なおこの人気。驚きとしかいいようがありません。
 
私のシカゴ時代に深夜勉強していると、毎晩のようにラジオから流れてくる曲は今でも忘れられません。
 
余りに素晴らしく、期待を大きく上回るコンサートでした。日本人で唯一、アメリカいや世界のジャズシーンで通用するスーパースター。それが、Keiko Matsuiです。
 
Keiko Matsui – Safari

天気のいい土曜日です!

晴れ
 
すっかりいい天気の土曜日です。
 
先週、Wallingfordの石庵に行ったお話をしましたが、その隣にアイスクリーム屋さんがあるんです。これが、行列が常に20-30人いる状況。アイスクリームフリークとしては、食べたい気持ちで一杯だったのですが、さすがに20-30人の待ち行列では。
 
 
Molly Moon’s Homemade Ice Cream。シアトルで、今最も"Chill"なアイスクリーム屋さんだったんですね。
今週末は一度行ってみます。This is Chill.
 
Lily was here – Candy Dulfer / Dave Stewart 
大傑作。まさにこれぞプロです。でも天性の親譲りの才能でもありますね。
 

今日も朝から晩まで

晴れ
 
今日も朝から晩まで仕事でした。今の会社での社歴が長くなってきて、大学卒業後に働いていた前の会社を超えてしましました。社歴の長いことは自分でさっさと仕事をこなす上ではいいのですが、弊害として周囲や他部門の作業がノロイとイライラしてしまうことです。今日も某製品部門が昨日までに出してくるといってたレポートが今日になっても出てこず、先ほど誠意のないemailがきたので、その担当のアメリカ人に「(ちょっと強い感じで)昨日まで出てくるといったレポート、未だに受け取ってないんだけど、どうなったんだ?」と上司をいれて返事してやりました。「月曜日までに送る、とかなんと」返事がきましたが、正直言って全く信用していないので、常に自分でやってしまってバックアップを用意してありますのでいいんですけど。本気でやれば半日でできることが、何で一週間もかかるんかが意味がわからないという気持ちです。まあ、よく考えてみれば自分の社歴が長くなっている分、自分では1時間でできることが(社歴の短い)相手には4-5時間かかることもあり、それを許す気持ちも大事なんでしょね。
 
一応、一段落して夕方には帰宅。金曜日で天気もいいのでフリーウエイは大渋滞でした。マリナーズの試合もありますしね。帰宅後は、車でディスカバリー・パークへ行きました。いい季節で日没が20時台ですのです明るいです。プジョーサウンドにヨットが浮かび、遠くオリンピック山脈。いいです、この公園は雄大な景色が堪能できて。公園のベンチで景色を眺めながら夕食を楽しんでいる人もちらほら。
 
帰りは車で通りかかった、マグノリアのイタリアンレストランに寄りました。モンデロ。とても美味しかったです。思わぬ発見でした。サラダのほかに魚貝のトマトソースベースのパスタを頼みました。また来ようかな、そう思いたくなるいい店でした。
 
Foever Forever Keiko Matsui