Starbucks 35周年

 
Starbucks 35
Starbucks Coffeeが創業35年を迎えました。今日から一斉に店内のディスプレーが変わりました。35年 Anniversary Blendの他、シアトルのPike Place1号店でしか買えなかったPike Place Blendがグリーンレイク店にも登場していました。マグやタンブラーも35年記念デザインのものが発売されていました。ちなみにドリップを入れてくれたペーパーカップのロゴは今日から、いつものグリーンのロゴから創業当時の茶色の古いロゴに変わりました。(期間限定です、勿論。)
私が初めてスターバックスに遭遇したのは1993年頃、シカゴの店舗でした。斬新な店舗デザインと美味しいコーヒー、非常に印象深く、大ファンになってしまいました。それまでのアメリカのコーヒーといえば茶色い色のお湯でしたので、大革命でした。そして1995年、やはりシカゴを訪れる機会があり、そこでフラプチーノにめぐり会いました。今でこそポピュラーなフラペ。でも1995年は全米で新発売されたばかりだったのです。当時のフラペはまだ、出来損ないのうようで、カキ氷にコーヒーをぶっかけたような代物でしたので、コーヒーだけストローで吸ってしまい、巨大なカキ氷が入れ物の中に残ってしまうという大きな欠点がありました。(要するに、今のようなブレンドが上手くされていない。)また、タンブラーやマグも年に何回も各種のものが新発売されましたので、ついつい、私のようなものがコレクションしてしまいました。(今の2倍以上の頻度でデザインが変更されていました。)今では、こうしたタンブラーも東京の家の倉庫に保存されていますが、何ともいえない懐かしい感じがします。
 
Craig Chaquico/Russ
Samba Del Luna
 
Billy Joel
Just The Way You Are
 
Najee
2nd 2 None
 
広告

秋冬のシアトルとAnnual Review

曇りのち雨
 
今日は気温ががくんとおちて曇り空。冬のシアトルに戻ったような気候でした。半そででは肌寒い感じです。
今日は朝から仕事が結構色々あり、忙しいです。お昼はカフェテリアのロール寿司を食べて済ませました。(あまり美味しくないです。)
お昼はフランス人上司との1年間の個人の業績査定面談でした。結果はいいスコアをつけていただきました。(ありがたいことです。)これで、昨日かった家具代も十分払えるな、なんて思いました。
 
今日は外は一日暗い感じです。昨日までは連日の夏日だったのが嘘のようで、いきなり冬が来てしまったようなシアトルです。夕方グリーンレイクへ散歩に。スターバックスで温かいドリップを飲んでいたら、途中で大雨が降ってきて慌てて車に戻り帰宅。
 
Luther Vandross
Love Won’t Let Me Wait
 
Bob James / David Sanborn
Maputo
 
Bona Fide
Midnight Train
 

月曜日

晴れ
 
今日も快晴。朝から会社です。適当に仕事をして午後は後半休。
用事があってMontlake Terraceへ、I5を飛ばしました。一度帰宅。家で少し休憩。
夕方はグリーンレイクへWalking。いい汗かきました。Highway99を北上して途中のスターバックスでお腹がとても空いたために卵のサンドウイッチを食べてしましました。こちらのパンのウンチクはまた別の機会に譲るとしまして、シアトルのパン、アメリカの他地域よりも美味しいです。以前、私はシカゴ近郊に住んでいましたが、パンについてはシアトル>シカゴです。スターバックスのサンドウイッチはいわゆるグレインブレッドというやつで、パン生地のなかに穀物の粒が沢山入っています。こういう穀物パン、東京にも真似たものはありますが、何せ入っている穀物の量がシアトルの方が圧倒的に多いです。私は大好きです。
Montlake Terraceに再度行き、帰りはI5を南下、SR520に移り、Bellevueへ。Crate & Barrelで家具を結構な量、購入してしましました。
夜は自宅でHalibutとワイン、それに納豆ご飯。