小雨な朝 と アメリカ人のランチ

小雨
 
朝から小雨のシアトルの金曜日です。シアトルらしい天気というのでしょうか。でもこの土曜日曜は天気がいいらしく、まあまあ許しましょう。
 
今日は会社のアメリカ人のランチ事情について、一言。ランチはカフェテリアで取る人が多いですが、自分で作る人、用意する人も結構います。でもどういう訳か、どれも不味そうな代物です。
ダイエットと称しておデブなオバサンは毎日、1.5lb (=700g)位のヨーグルトにナッツやら、片栗粉みたな白い粉を沢山入れてスプーンでぐるぐるかき混ぜて、こねくり回しいて食べています。毎日、これをやっていますが体重が減っている様子は全くありません。
と思えば、キャラメルポップコーンを2日に1回は電子レンジで焼き始める方もいます。オフィスの廊下中がキャラメルの香ばしい匂いで充満です。それもデカイ。これがランチ?といいたくなります。
そうかと思えば、毎日毎日、冷蔵庫から肉と野菜の冷凍の固形宇宙食みたいなもの取り出しては電子レンジで解凍し始める人。なんじゃこれ?ここは宇宙ではないんだけど?と言いたくなります。
シアトルの地域情報HPに下記の様な記事が載っていましたが、まんざら誇張でもない気がしました。
恐るべし、アメリカ人。
 
夜はDowntownのPier70のWaterfront Grillへ。ここで夕日が海に沈むのを眺めながらディナー。カラマリ、グリーンサラダ、ホタテのメインディッシュ、それにデザートはサンデーでした。この店、高級店ですが、なんと行ってもElliott湾を眺めながらのディナーは最高です。
 
 
広告